[日々]ジャガイモを掘ってみました。

6月8日(木) 春に植えておいたジャガイモの地上部が枯れてきまので、今朝、試しに掘ってみました。
アンデス赤とキタアカリです。
地上部が枯れてくると、雑草がものすごい勢いで生えてきます。草取りをしているのか、ジャガイモを収穫しているのか、わかりません。(涙)

20170608--0003.jpg 20170608--0004.jpg


今日の午後には東京の義妹向けに送ります。無農薬・有機栽培です。
ついでに庭にあるビワも送ることにしました。
今年はどこもビワがなり年のようです。うちのビワもたくさんの実をつけていますが、摘花も袋掛けもしていないので、実は小さいです。
でも、甘みは結構強いのです。

20170608--0001.jpg 20170608--0002.jpg

[日々]孫の運動会に行ってきました。(5)

5月30日(火) 今日は終日うちの奥様と別行動です。
奥様はどこかこじゃれた街に行って、お土産を探すのでしょう。
お土産、いくら買ってもいいですが、手荷物になるのはいやですから、宅配便で送ってもらうようにお願いしました。(笑)
私は上京した時の定番、上野の国立科学博物館→秋葉原電気街→神保町古書街コースへ。

国立科学博物館で特別展として大英自然史博物館展が開催されています。
入場料は1600円。これで常設館(地球館、日本館)も入れます。
常設館だけの入場であれば65才以上は無料ですので、私無料で入場できるのですが。
特別展の割引はありません。(笑)

20170530-0027.jpg 20170530-0028.jpg


特別展、意外に年配者の入場者が多いのです。また、不思議な事に中国人のカップルが目立ちます。
展示物の写真はフラッシュ撮影をしない限り自由に撮っていいそうです。

「二名法」を考えたリンネの本「自然の体系」、初版本なのかな。

20170530-0003.jpg 20170530-0004.jpg


ダーウィンの業績を紹介するコーナー。
ガラパゴス島のゾウガメやフィンチの剥製がありました。

20170530-0005.jpg 20170530-0006.jpg


おお、始祖鳥の化石がある。本物なのか、レプリカなのか説明がありません。

20170530-0010.jpg 20170530-0009.jpg


人類の進化研究上の汚点であるピルトダウン人の展示もしっかりとしてありました。
そのほか、植物や鳥類、魚類、昆虫類などの図鑑類、ウォーレスがダーウィンに出した手紙などの貴重な文献をたくさん目にすることができました。

20170530-0011.jpg 20170530-0012.jpg


さあ、次は常設館へ。ここ何度来ても飽きません。

20170530-0014.jpg 20170530-0016.jpg


ノーベル賞を受賞した利根川進博士の論文です。

20170530-0019.jpg 20170530-0018.jpg


常設館に来たときはいつも楽しみにしている人類の進化の関する展示。
ここ最近、人類の進化研究上次々と新しいことが発見されていますので展示も大変でしょう。

20170530-0020.jpg 20170530-0021.jpg


私、昨年夏から人類の進化の勉強を改めてやりました。(夏までは素粒子の勉強を) はい、ボケ防止のためです。
今まで持っていた本を読み直し、最近のものも買い集めました。
その中で次の2冊は非常に面白かったです。特に「ゲノム革命ーヒト起源の真実ー」は昨年読んだ本の中では最高の一冊と思っています。

21070530-0037.jpg 20170530-0036.jpg


地球館で「卵からはじまる形づくりー発生生物学への誘い」という企画展があっていました。ラッキーです。
ここで企画展のパンフレットをいただきました。これがしばらいしい内容なのです。しかも無料!
小中高生もたくさん来館しています。都会の子供たちはいいなあ。こういう場所にすぐに来られるのです。
よし、次回上京のときはNa子を連れてここにも来よう。

20170530-0022.jpg 20170530-0023.jpg


国立科学博物館の中にはレストランもあります。満席でしたので屋上に行ってみました。屋上は初めてです。
あれ、屋上の写真撮っていません。(涙)

さあ、次は秋葉原です。
秋葉原の電気街、ここ日本でしょうか。
大通りを避けて、路地へ。このあたりは昔(何十年前か!)の雰囲気がまだ残っています。
ちょっと買いたいものもあったのですが、今日に限ってリュックできていません。諦めることに。
あ、メイド服を着て呼び込みをしている若い娘さんがまだいます。
1時間程いて退散。人が多過ぎます。

続いて神保町の古書街に。

20170530-0029.jpg 20170530-0030.jpg


街でこんなお店をみつけました。案内所で古書店MAPをいただきました。係の方は親切に対応してくれます。
ここで本の検索も自由にできます。
韓国の本を紹介をしてくれるというお店の看板は見つけたのですが、いくら探しても入り口が見つかりません。(涙)
孫のNa子がこのとことろ「宇宙のサバイバル」とか「エネルギーのサバイバル」などのサバイバルシリーズに凝っているのです。
このシリーズはもともと韓国で出版されたもの。原本が欲しいと思っていたのですが、、。
また、児童書の専門店も見つけました。この2店は次回の楽しみに残しておきます。

20170530-0032.jpg 20170530-0031.jpg


まだ時間があります。古書街をうろうろ。探している本を数冊購入。
こうしてまた本が増えていくのです。退職してからずいぶん本を処分したのですが、、、、。
また同じことの繰り返しです。(涙)

たまたま岩波ホールのあるビルの前にきたところ、こんな映画の看板が。
「草原の河」というチベット人監督による作品です。
これは見ないとと思ったのですが、時間が、、、。
今でも心残りです。奥様に帰りが遅くなると言って、見ておけばよかった。

20170530-0033.jpg 20170530-0034.jpg


いろいろ楽しいことが多かった孫の運動と東京放浪?ですが、明日午前の便で田舎に帰ります。
今度Na子に会えるのは、夏休みで帰省する時でしょう。
みんなありがとうね。

[日々]孫の運動会に行ってきました。(4)

5月29日(月)

朝からいい天気です。
今日Na子は運動会の振替休日。お母さんは年休を取っています。
Na子のお父さんとじいじはお仕事に。田舎から出てきている私たちは毎日が日曜日です。(笑)

5人で東京ドームシティへ遊びに行くことにします。ここ、前にもNa子ときたことがあります。
ところが、東京ドームシティの入口には長蛇の列が。月曜日なのになぜこんなに人(子供たち)が多いのでしょう。
そうか、Na子と同じように都内の多くの小学校が振替休日になっているのです。
しかたがないので近くの別の施設に行くことにします。

Na子と私(おじいちゃん)は宇宙ミュージアムTENQを希望。
ところが他の3人からは「そんなところは、別の日に2人だけで行って」と拒絶され、東京ボウリングセンターに5人で行くことに。

おかあさんは何かかんか理由をつけてNa子の応援役に。
Na子はボウリングは初めてです。
うまくいまないようなので、ばあばの指導が、、、。
小さい子はすぐに要領をつかむようです。
おばあちゃんとばあばは結構うまい。

20170529-0001.jpg 20170529-0002.jpg


悲惨なのは私おじいちゃん。ガーター連発。
私、前回いつボウリングをしたことさえも記憶にありません。もう何十年も前のことと思います。
プロ女子ボウラー中山律子さんの名前は覚えていますが。

どうも投げる時の腕の振り方に問題があるらしいのです。外側に振っているのです。
この様子を笑いこけながらみていた娘1(Na子のお母さん)は娘2(妹)にメールを。
すぐに返事が届きました。
「お姉ちゃん、うちのお父さんに運動能力を求めてもそれは無理!」と。
娘たち、自分の父親のことはよく理解できています。

20170529-0004.jpg 20170529-0005.jpg


楽しい時間はあっという間に過ぎます。
お昼過ぎにはNa子たちは家に帰らねばなりません。
お休みの宿題をしなくてはならないし、お母さんもちょっと会社に顔を出す必要があるらしいのです。
お昼を食べて水道橋駅でお別れです。

「じゃあ、今度は夏休みね」とおばあちゃが言うと、
「おばあちゃんたち、まさかこれからばあばんちに行くんじゃないでしょうね」とNa子。
自分抜きでばあばんちに行くのはずるいそうです。(笑)
Na子、よほどばあばのところがいいのでしょうね。
そうか、ばあばのところでは自分が大将だし、お母さんから叱られずにすむからね。
「いいえ、おじいちゃんとおばあちゃんはこれから田舎に帰るから成田に行くのよ」と、、。

Na子にウソをついて、私たち3人は旧古河庭園に。バラ園が見事だと聞いています。

20170529-0019.jpg 20170529-0017.jpg

20170529-0007.jpg 20170529-0011.jpg


バラの種類はたくさんありますが、残念なことにはバラの盛りが過ぎていました。

20170529-0009.jpg 20170529-0010.jpg


しかし、日本庭園は見事です。実によく管理されています。
大都会にこんな静かな庭園があるとは意外でした。

20170529-0012.jpg 20170529-0013.jpg

20170529-0015.jpg 20170529-0016.jpg


さて、Na子には内緒ですが今夜もばああのとこに泊めてもらいます。
じいじの帰宅を待って、はい、今夜も宴会です。

[日々]孫の運動会に行ってきました。(3)

5月28日(日) Na子の大運動会の翌日は日曜日。みんなで葛西臨海公園に行くことにしました。
Na子のお父さんは、仕事の関係で行けません。

葛西臨海公園は東京湾に面した都立の公園です。ディズニーランドやシーの近くです。
今、何かと話題の豊洲を通って葛西臨海公園駅まで。駅から公園は直結です。
私たち夫婦はこの公園は初めてです。
日曜日のためか人が多いです。(まあ、東京はどこに行ってもひとひとなのですが)

20170528-0001.jpg 20170528-0002.jpg


まず最初はパークトレインに乗って公園内を一周します。約25分かかるようです。
広いです。海もあるし、林もあるし、大都会のすぐ近くにこんな素敵な場所があるのです。
途中、観覧車を間近に見たので、途中下車してこれに乗りたいとNa子が言います。

20170528-0003.jpg 20170528-0004.jpg


ところがNa子のお母さんは、観覧車が大の苦手。乗車(?)拒否です。
じいじも高所恐怖症とか。私も観覧車はできれば避けたいところなのです。
「おじいちゃん、なぜ乗りたくないの?」とNa子。
「強い風が吹いたら、倒れるかもしれないよ」と私。
「だいじょうぶよ。これを作った人が倒れないようにしているから。おじいちゃんもじいじも一緒に乗ろうよ」と孫から説得される始末。(笑)

はい、ちょっとびびっている男子チームと平気な女子チーム。ああ。(涙)

20170528-0006.jpg 20170528-0007.jpg


確かに景色はいいです。スカイタワーやディズニーランドが見えます。
富士山の見えるらしいのですが、今日はダメでした。

20170528-0009.jpg 20170528-0008.jpg


大観覧車に乗車拒否したおかあさんが、シロツメクサで花の冠を作ってくれていました
さあ、次は水族館。水族館は怖くありません、(笑)
確かここの水族館は飼育中のマグロが全滅したことで有名になりましたよね。
その後、マグロはどうなっているのでしょうか。

20170528-0010.jpg 20170528-0011.jpg


水族館の入り口ででかいマグロと背比べ。頭に被り物までつけて。

20170528-0013.jpg 20170528-0012.jpg


この水族館、特にコレッといった展示はありません。地味な水族館です。
でも、マグロの回遊水槽ははよかった。

「おじいちゃん。マグロは眠らないの?」とのNa子からの質問。
「マグロは泳ぐのを止めると呼吸できなくなって死んでしまうので、泳ぎながら眠っているのかもしれない」と答えましたが、、、。
自信がありません。
現在ある大学で教授をしている魚の専門家のTa先生に後でそっと聞いておこう。

20170528-0015.jpg 20170528-0016.jpg


この水族館はバックヤードをみることができます。これは非常にいい。
「飼育員の人がいたら、なんでも質問して下さい」との案内板を見つけたNa子は早速何か質問したようです。
飼育員の方がNa子の方を向き、ニコニコしながら話してくれています。いいねえ。

20170528-0020.jpg 20170528-0021.jpg


次はタッチプールへ。行列ができていました。
Na子はナマコをさわらせてもらえました。
このタッチプール、Ta先生が最初の勤務先で始めたこと。今やどこの水族館でも行われるようになっています。

続いてタッチフィーリングへ。
ここでは、サメとエイをじっくり観察できます。スタッフの方の話が丁寧です。
「サメの皮膚はざらざらしていて、エイはつるつるしていた」と興奮気味に話してくれました。

20170528-0017.jpg 20170528-0019.jpg


葛西臨海公園を十分に楽しんだ後は池袋に出て夕食です。
Na子の希望でジンギスカンです。予約はしているそうです。
東京のど真ん中でジンギスカンとは。(笑)
何か東京風に工夫しているらしいのです。
お店は綺麗で店員さんの対応もよかったので、つい食べ過ぎ、飲み過ぎてしまいました。

20170528-0022.jpg 20170528-0024.jpg


生ビール、ライムサワーの次に「やかんできゃんた」なるものをオーダー。
田舎者の私は「やかんできゃんた」という飲みものが出て来ると思っていました。
すると小さいヤカンが出てきてびっくり。
なんな、マッコリか。いえいえ中身は白ワインです。
ああそうか、「やかんできゃんた」というから洒落てヤカンを使ったのか、、、。

いえいえ、もともと「デキャンタ」とはワインをつぎわけて食卓に置く際のガラス製の容器を言うらしい。
で、このお店ではワインの入れ物(デキャンタ)としてヤカンを使っただけことなのです。
(もしかしたら、このお店、韓国料理も出すのかもしれません。マッコリはヤカンでしょ。)

えーい、「やかんデキャンタ」の赤も追加です。

Na子は実に良く食べます。Na子のお母さんは小さい頃から少食で随分心配しました。
好き嫌いも少ないようで、おばあちゃんもおじいちゃんもみんな嬉しいです。

20170528-0025.jpg 20170528-0026.jpg


さあ、明日29日(月)は運動会の振替休日です。
Na子とどこに行こうかな。え、Na子のお母さん、年休を取ったって!

[日々]孫の運動会に行ってきました。(2)

5月27日(土) いよいよ孫Na子の大運動会です。

Na子家族は都心から電車で約1時間ほどの街に住んでいます。
この当たりは静かで、林や森が残っています。
小学校の敷地も広大で、まるで公園のようです。
娘1のママ友の一人がこの地域の出身の方で、その方から小学校の建物は当時のままと聞きました。

昨年びっくりしたテントの群れですが、最近は私の住んでいる田舎の小学校でも見られるとか。
自分の子供の出番がない時には、テントのなかで寝転んでいるお父さんやお母さんもいます。
年寄りの私にはどうも違和感があるのですが、、、。時代なのでしょう。

私たちの場所はNa子のお父さんが早起きしてシートを張って確保してくれています。
あ、例の自転車がたくさん駐めてありましたよ。

20170527-0001.jpg 20170527-0006.jpg


さあ、大運動会の始まりです。
小学校の1年生から6年生。体格が随分違います。
同じ学年でも、背高がこんなにも違うものかと驚きました。

新しい学年になって一ヶ月ちょっと。よくここまで練習したなあと、子供たちや先生方に感心するばかり。
Na子は周りの友達や先生とうまくやっているようで安心しました。

20170527-0002.jpg 20170527-0016.jpg


本人が自信があると言ってた50m走。1等でした。
団体競技もうまくやっています。

20170527-0003.jpg 20170527-0010.jpg


ダンスをしながらの玉入れや、絶対これだけは見逃さないようにと念押しをされていたボールを使っての演技。
無事に終わった時の晴れ晴れとした顔がいいです。

20170527-0007.jpg 20170527-0013.jpg

20170527-0014.jpg 20170527-0015.jpg


お昼はうちの奥様(おばあちゃん)と義妹(ばあば)の手作りのお弁当をみんなでいただきました。
Na子の希望のソウメン弁当もあります。

20170527-0008.jpg


競技の間に学校内を散策してみました。
今年もグミに実がついています。今の子供にグミといったらお菓子のことと思うでしょうね。
職員の出入り口のところに、ブルーベリーがたくさん植えられていました。ジャムにして、子供たちの給食に出るのでしょうか。

20170527-0004.jpg 20170527-0012.jpg


この学校、自然環境もいいし、先生方が子供たちを大事にしていることがよくわかります。
Na子も学校や先生方が好きと言ってますので、私たちも安心しています。

さあ、運動会の後は、みんなでばあばとじいじのところに移動して、大運動会の打ち上げ(笑)をします。

[日々]孫の運動会に行ってきました。

5月26日(金) 孫の運動会に行ってきました。

孫の運動会は明日27日(土)、一週間前の20日(土)であれば、21日(日)の対町田戦に参戦し、ホームでの対岡山戦にも行けたのに。
いくら自由な時間があると言っても6月3日の対水戸戦までは東京にいるのは無理ですから、結局5/26~31日までの滞在としました。

今回の東京行きもいつものようにJetstar便で。安くていいです。
出発ロビーでうちの奥様の知り合いのHu先生に遭遇。去年も同じ頃ここでお会いました。
やはりお孫さんの運動会のために上京するそうです。すると、隣にいたご婦人が「私も孫の運動会です」と。(笑)
この時期、お孫さんの運動会のために上京する方が多いのですね。

Jetstar、10:50定刻出発、12:30定刻到着。すごい。
成田空港周辺は少し雨が降っています。
義妹夫婦と18:30に待ち合わせをしているので、時間はまだたっぷりあります。
成田空港→青砥→浅草のルートで「浅草演芸ホール」へ。ここで落語を鑑賞します。

20170526-0040.jpg 20170526-0041.jpg


特に予約などはしていなかったのですが、当日券を購入。
係の方の話では、いつ入って、いつ出ていってもいいそうです。
パンフレット見ると、昼の部が11:40~16:30、夜の部が16:40~21:00となっており、入れ替えもないので極端なことを言えば、11:40~21:00まで楽しめるのです。出演者がダブることもありません。

私たちは15:00に入って17:00に出ました。短い時間でしたが大満足の2時間でした。
出演者は日頃TVでは見たことのない方ばかり。昼の部の最後、真打ちの落語はさすがでした。

次回は昼と夜の弁当を持って行き、一日中楽しみたいです。
この浅草演芸ホール、落語だけでなく、講談やマジック、漫才、髪切り、曲芸などもありますから、一日があっという間に終わりそうです。

16:30 義妹夫と自宅近くの駅で合流。そのまま居酒屋へ。
明日の運動会の前祝いです。(笑)

20170526-0042.jpg 20170526-0043.jpg


さて、田舎者が上京すると、「あ、東京にきたな」と感じる事がいくつかあります。

(1)電車や地下鉄に乗ると、大きな楽器ケースを背負った人に必ず出会います。かなり年配の方もいますね。

(2)前後に子供を乗せるためののカゴ(何と言うのでしょうか)を付けた自転車をたくさん見かけます。(うちの田舎ではこんな自転車など見たこともありません)
前後に子供さんを乗せた若いママさんたちがガンガン走ってます。ほとんどが電動機付きの自転車なのでかなりスピードが出ていて、慣れていないこちらの方が怖いのです。
中には、前後に子供を乗せ、さらにもう一人の子供を背負って運転しているママさんも。4人乗りかよ!
都会のママさんがたは凄い。田舎はみんな車ですよね。

(3)車の駐車の仕方が非常にうまい。
都会は駐車場料金が高いのす。自宅のちょっとしたスペースに車を駐めています。
この車、何人かで抱えて入れたのでしょうか。うまい。私だったら、絶対に無理。
(あ、下の2枚の写真は勝手に撮りました。すみません。悪意は全くありません)

20170526-0045.jpg 20170526-0044.jpg


明日は、孫の大運動会。
うちの奥様と義妹は朝早く起きて、お昼のお弁当を作るそうです。

[日々]野草の会(6)

5月22日(月) 薬草の会(6)

薬草・野草を探すにはいい季節になってきました。
さて、今日採ってきたものは、、、。

ミツバにタケノコ(マダケ)、定番のユキノシタ、ヨモギ。
今、ユキノシタには花が咲いています。

20170522-0013.jpg 20170522-0014.jpg


ハコベ、ハハコグサ。

20170522-0018.jpg 20170522-0019.jpg


山菜の王様と言われているタラの芽(ちょっと成長し過ぎています)、クサイチゴ。
野生のタラの気には鋭いトゲがたくさんついていますので、芽は取りにくいです。クサイチゴ、ちょっと取る時期が遅過ぎました。

20170522-0020.jpg 20170522-0021.jpg


ヘビイチゴにフキなど。

20170522-0005.jpg 20170522-0024.jpg


これらの薬草・野草からいつものようにご婦人方が腕を振るいます。
私はいつものように、「お運び」と洗った食器をフキンで二度拭く係です。
今日もご婦人方から、ここで練習して家でもちゃんと洗い片付けをするのですよとご指導を受けました。はい、頑張ります。

ご婦人方の料理は手際が良いです。次々に美味しそうなものが出来上がっていきます。

ヨモギと鶏肉の団子?

20170522-0017.jpg 20170522-0025.jpg


ニンジン、フキ、サトイモの芽、タケノコ(ハチク)、鳥肉団子の煮付け。
かき揚げ用の食材も準備してあったようですが、作っても食べきれないだろうということで、急遽中止に。

20170522-0015.jpg 20170522-0016.jpg


タラの芽、タケノコ(マダケ)、カキの葉、チャの葉、ヨモギ、ハハコグサなどを天ぷらに。

20170522-0026.jpg 20170522-0027.jpg

20170522-0029.jpg 20170522-0030.jpg


参加者全員分のできあがり。
今日はかなり遠い所からの参加者、見学者もいました、

20170522-0038.jpg 20170522-0033.jpg


エンドウご飯、タマネギ・ニラの卵とじ、ヨモギ・鶏肉の団子、ニンジン・フキ・タケノコ(ハチク)・鶏肉の煮物、ハコベの胡麻和え、高菜の漬物。(写真がよく撮れていません。涙)

ソウメンには紅葉の飾り。フキも入っていますので、香りがいいです。

20170522-0034.jpg 20170522-0035.jpg


ヨーグルには参加者のご婦人がテングサから作ったというトコロテンもはいっています。
また、クサイチゴとヘビイチゴ(これ初めて食べました)も。
紫色をしたものはスミレの花の砂糖漬けです。作り方を詳しく教えていただきました。

天ぷらは、ヨモギ、カキの葉、お茶の葉、ユキノシタ、タラの芽、タケノコ(マダケ)。
あれ? ハハコグサが行方不明。(笑)

20170522-0036.jpg 20170522-0037.jpg


今日の収穫。
何と言ってもヘビイチゴを食べたことでしょう。
子供のころはヘビイチゴは毒だから食べてはいけないと教えられていました。大人になって食べられると知りましたが、、、。
美味しくはないですね。(笑)

さあ、次回も楽しみです。

[旅行]軍艦島に行ってきました。(2)

5月18日(木) 軍艦島に行ってきました。(2)

11:30 いよいよ上陸です。
この軍艦島(端島)はもともと小さな岩礁だったのに、石炭が発見され、1890年三菱が本格的に石炭を海底から掘り出すことになり、岩礁の周囲を埋め立て拡張してきたとか。
1916年には日本初鉄筋コンクリートのアパートが建てられ、最盛期の1960年には島の人口が5000人以上もあったそうです。
ところが、日本のエネルギー政策が石炭から石油へと変わったことで、1974年1月に閉山、4月には無人島になりました。

2015年7月に「明治日本の産業革命遺産」の一部として世界文化遺産に登録されたことが契機となり、再び島を訪れる人が増えてきているのです。
この端島を「軍艦島」というのは、島の外観が戦艦「土佐」に似ているということからそう呼ばれるようになったと聞いています。

上陸してみると、建物の崩壊が激しいのです。
見学は自由に出来るわけではありません。上陸地点の桟橋から見学通路が設置されていて、途中に第1見学広場、第2見学広場、第3見学広場があり、ここでガイドさんからの話を聞くことになります。

20170518-0023.jpg 20170518-0024.jpg


三菱の職員住宅と採炭施設跡です。
赤いレンガ作りの建物は総合事務所跡、中に鉱員用の大浴場があったそうです。

20170518-0025.jpg 20170518-0043.jpg


第二竪坑工口桟橋跡。
ここから約600m昇降機で降り、さらに400m下ったところに採炭現場があったとか。
海面下約1000mの現場は湿度95%、気温35度もあったそうです。
このような厳しい環境下で働く多くの人々が日本の経済成長を支えていたのですね。

20170518-0030.jpg 20170518-0041_201705250946468d3.jpg


さて、今回のツアーガイドさん。
小さい頃にここ端島と同じような生活を池島で送っていたということで、自分の体験に基づいた興味深い話をたくさんしてもらえました。
もちろん建物の説明などもわかりやすく丁寧で適確なものでした。
またこのガイドさんの説明に合わせて、若いスタッフ3人が、写真などを高く掲げて見せてくれます。

20170518-0028.jpg 20170518-0029.jpg


鉱員用の住居跡です。
各部屋には台所やトイレがなく共同だったそうです。
ガイドさんの話によると、家庭の電気代が非常に安いので(三菱ふたんでほぼ無料に近い)、電化製品の普及が早かったらしいです。
でも、約5000人がほぼ人工的な小さな島で生活しているわけですから、楽しいことばかりでなく、嫌な思いをすることもたくさんあったことと想像できます。
ガイドさんの話にはなかったのですが、おそらく、ここでも中国や朝鮮の人が働かされていたはずです。

(追記 2017/05/25) 旅行から帰っていろいろと調べていたら、この2017年7月に韓国映画「軍艦島」が公開されるようです。また、単なる反日映画なのでしょうか。

島にはデパート、パチンコ屋、映画館などもあり、全て三菱の経営だったと聞きました。

20170518-0031.jpg 20170518-0056.jpg


軍艦島で一番有名な30号棟アパートです。
1916年(大正5年)に建てられた日本最古の鉄筋コンクリート製の建物といいます。
無人島化してから、風や雨、高波にさらされると、ここまでも壊れてしまうのですね。

20170518-0032.jpg 20170518-0033.jpg


12:20 ドルフィン桟橋から帰途につきます。
軍艦島の見学は約50分程でした。
帰りの船では1階の客席に着席。目の前にいるガイドさんから話が聞けます。
モニターには、小さな岩礁が軍艦島までなるまでをアニメで紹介されています。
じゃんけん大会も行われて、勝者にはお土産がプレゼントされるのです。
外国人客もたくさん乗っていましたが、スタッフの一人が流暢な英語で対応しています。
カステラアイスの販売(当然買いましたよ)などもあり、最後までツアーをたのしませてくれます。
いやー、この「軍艦島コンセルジュ」、ただのツアー会社ではなかったです。

右側に三菱重工のクレーンが見えてきました。
遠くから見ると実際の大きさをなかなか実感できないのですが、クレーンに描かれている三菱マークの大きさはテニスコート一面分とか。おお!
古い造船所(これも世界遺産の一つ)を見て、常盤港に13:00無事帰港。

20170518-0035.jpg 20170518-0036_20170525110052f28.jpg


お昼を過ぎています。
先程のツアーガイドさんに近くに食事のできる場所を聞いてみると、お店の見える場所まで案内してくれました。
「四海楼」です。
お店の前まで来た時、「あれ、前に来たことがある!」
娘たちと来たのです。確かちゃんぽん発祥のお店として有名ですよね。
ちゃんぽん、焼き飯(あ、写真撮ってない)、チンジャオロースをいただきました。

20170518-0037_2017052511005346e.jpg 20170518-0038.jpg

20170518-0040_2017052511014189b.jpg 20170518-0039_20170525110143013.jpg


食事後、このお店の1階にあるお土産さんで、ちゃんぽんセットやお酒、娘2から頼まれているお菓子「よりより」も購入。

再び「軍艦島コンセルジュ」事務所に戻ります。
「軍艦島プリン」を買わないととうちの奥様が言うのです。いったいどれほどお土産を買い込むのか。(笑)
ここの売店のレジはiPadでやてます。レジの隣にはiMacが。そうかここの会社には「好きな人」がいるのだなあ。

さあ、勝ち点のお土産はないけれども、他にたくさんお土産を買ったので帰ろう。

[旅行]軍艦島に行ってきました。(1)

5月18日(木)、軍艦島に行ってきました。(その1)

諫早での対長崎戦の翌日は軍艦島に行くことにしていました。
敬愛するトリサポ、鳥○先生から、「ツアー会社がいくつかありますから、ツアー内容などをよく調べておいた方がいいですよ」とアドバイスがありましたので、事前にネットで調査、一番上陸率の高い「軍艦島コンセルジュ」にネットで予約しておきました。
この「軍艦島コンセルジュ」、大正解でした。

07:00 ホテル出発。
会社のサイトに、「カーナビは常盤町1-60にセットし、駐車場は県営常盤駐車場を利用してください。ガストの裏側に事務所があります」と書いてありました。

07:30 駐車場着。早く着き過ぎました。(笑)
案内どおりガストがありましたので、ここでゆっくり朝食をとります。
今日申し込んであるツアーは、軍艦島デジタルミュージアムと上陸ツアーのセットです。
受付は9:00から軍艦島デジタルミュージアムでできるようです。
ガストの店員さんに軍艦島デジタルミュージアムの場所を聞くと、ここから徒歩で4~5分程のようです。

港には強大な客船が停泊していました。
その客船から、次々とお客さんが降りてきます。中国人のようです。
幾つかのグループに別れて長崎市内観光をするのでしょうか。

私たちが信号待ちをしていると、私たちを追い越して、そのまま横断歩道を渡ろうとします。添乗員の方が必死で止めていました。(笑)

20170518-0001.jpg 20170518-0004.jpg


軍艦島デジタルミュージアムはまだオープンしていなかったので、ちょと先に進んで大浦天主堂まで行ってみました。
中国からの観光客でごったがえしています。みなさんはどこでも賑やかですね。
服装も日本人のファッション感覚とはかなり違うよです。
車椅子の老人もいます。ベビーカーを押している若いご夫婦もいます。
「かわいいねえ」と声をかけるとママがニコニコしながら、「ありがとう」との返事が帰ってきました。「かわいい」は世界共通語のようですね。

お土産にカステラを頼まれていましたので、有名なカステラ店に。
すると、一人の中国人紳士も一緒に入ってきました。
「上海からですか?」
この紳士、すこし日本語がわかるようです。
「はい。中国全土から上海に集まりました。今日はこれから、福岡に行ってまた帰ってきて、今夜長崎を出港します」と。
この紳士、他の中国人とは雰囲気がかなり違っていましたね。

20170518-0003.jpg 20170518-0002.jpg


8:55 軍艦島デジタルミュージアム着。すでに私の前に7人も並んでいました。
受付番号は8番と9番。番号の書かれたストラップを受け取ります。
ミュージアム見学の後は、09:55までに港に集合下さいとのこと。

ミュージアムでは、今から行く軍艦島の歴史を中心にビデオ上演とともに、かって軍艦島で働いていた方から解説がありました。
スクリーンは横30メートルもあり迫力があります。
あ、軍艦島デジタルミュージアムの建物の写真を撮り忘れてしまった。

20170518-0006.jpg 20170518-0007.jpg


09:45 軍艦島コンセルジュの事務所に行ってみると、乗船手続きのお客さんで一杯です。
前もってネット予約をしておいてよかった。トイレをすませて桟橋へ。
ミュージアム行った人は列が違います。優先的に乗船できるのです。
トリニータの年間チケット同じか。(笑)

10:00 乗船。2回デッキ右側前から3番目の席に。ベストポジションのはずです。
軍艦島に向かう途中、右側に三菱の長崎造船所の世界遺産やマリア像やいくつかの島が見られるのです。
船内では今日のスタッフの紹介に続いて、注意事項、この会社で制作したという軍艦島の紹介がありました。
ツアーのシステムがよくできていると感じました。

10:30 出港。
さっき見た巨大客船の前を通って、三菱重工長崎造船所の横を通過。
ここであの戦艦「武蔵」が作られたのですね。

20170518-0008.jpg 20170518-0009.jpg


このクレーン(ハンマーヘッドクレーン)も第三ドックも長崎造船所関連遺産のものと案内がありました。

20170518-0010.jpg 20170518-0011.jpg


女神大橋をくぐって、神の島にある神の島教会が見えてきます。聖母マリア像も見ることができました。
途中、伊王島によってお客さんを乗せます。
高島を右に見て、しばらく進むと正面に端島(軍艦島)が見えてきます。
今日は波も高くなく上陸できるそうです。

20170518-0012.jpg 20170518-0013-01.jpg


端島(軍艦島)付近までくると、船は島の東側を反時計まわりに進みます。左側の席から島の建物がよく見えるようです。
船はゆっくりすすみ、建物の名前やどういう目的で使われていたかなど、丁寧な案内がありますが、聞いただけでは覚えきれません。(涙)
途中船はUターンし、上陸地点へと向かいます。今度は右側の席から島がよく見えます。

20170518-0014.jpg 20170518-0015.jpg

20170518-0016.jpg 20170518-0018.jpg


上陸地点であるドルフィン桟橋が見えてきました。
別のツアー会社の船がいるので、しばらく待機です。

20170518-0021.jpg 20170518-0020.jpg


さあ、いよいよ上陸です。
ここまで出港からやく1時間ぐらいかかっています。

[トリ]またも、こんなことが起きるんです! 第14節、対長崎戦。

5月17日(水)、第17節、対長崎戦。1-2。

20170517-0034.jpg

またも、こんな試合が、、。前節対名古屋戦とは反対の意味で。
ゴール裏にいたものですから、1本目のPKも2本目のPKもPKの原因となったプレーが全くわからなかったのです。
ましてやアディショナルタイムでの2点目はオフサイドであったことなど試合終了直後知りました。

長崎県営バスで競技場北口まで。
15:10 長崎県立総合運動公園着。こんなに早く着いたのに、スタジアム周辺にはトリサポがいっぱい。
ここのスタジアムは「トランスコスモススタジアム長崎」というのですね。Transcosmosか。何か勇壮なネーミングですなあ。

20170517-0021.jpg 20170517-0024.jpg


スタジアム前の広場にVファーレン長崎のマスコット「ヴィヴィくん」の像が。
前来た時にあったかなあ。この付近ずいぶん整備されてきたと感じました。前々回も前回も駐車場で苦労しました。
顔見知りのトリサポさんたちと挨拶しながら、開門時間を待ちます。
うちの奥様の知り合いから、対長崎戦用特別仕様の缶バッチをいただきました。この方の才能はすごい。

20170517-0023.jpg 20170517-0035.jpg


本物のヴィヴィくん(笑)とニータン。人気の二人です。
だれかが、「人気を二分する西のヴィヴィくん、東のニータン」と言ってます。うまいことを言いますねえ。

20170517-0025.jpg 20170517-0027.jpg


長崎のスタグルは、移動車が多いです。
長崎のスポンサーにもなっている岩崎本舗の角煮まん、今日はレディースデーということで半額となっています。
16:00から販売というので、一番前にうちの奥様と別○さんの奥様が並びました。遅れてくる仲間のものも買っておくとか。
が、お店はなかなかオープンしません。
「あ、ここのお店はいつもそうですよ」と長崎サポの方が言ってました。ちょっと時間にルーズのようです。
後で行ってみると、ニータンも販売に協力していました。

長崎のスタジアム、アウェイ側だけでなのかもしれませんが、スタジアム内で食べ物や飲み物の販売がありません。
入場した後、また外に。
生ビールをやっと探して、「うーん、席に着くまで飲み干してしまいそうですね」と言うと、お店の方が笑いながら、溢れるほど入れてくれました。(笑)

20170517-0026.jpg 20170517-0028.jpg


ジャパネットがついた長崎、チームもサポータも勢いがついたように見えます。
社長がスタジアムに来ていて、ファンサービスをしていたそうですが、お会い出来ませんでした。残念。

20170517-0029.jpg 20170517-0033.jpg


トリニータに在籍していた幸野志有人と田中輝希の断幕。
残念なことには2人ともベンチ入りしていなかった。

20170517-0030.jpg 20170517-0031.jpg


さて肝心な試合。
うーん、早く忘れることにしたい。

小手川の代わりに川西、ボランチに今季初スタメンの前田。小手川はどうしたのだろう。
前半は長崎ペース。大分はボールを持たせてもらえない。大分の作戦か。
長崎のFKやCKが続く。でも、決めきれない。長崎の選手やサポがイライラしているのがわかる。
前半0-0で終われば何とかなりそう。
周囲でこの主審は要注意だなと声があがる。全く同意。
ファールプレーをして1~2プレー進んだ後にピーッと笛を吹く。フリーキックやCKまでに時間がかかる。
前半0-0。

後半やっと大分らしい攻撃が始まる。
77分、後藤のFKに竹内が頭で合わせてゴール。1-0。
これで勝てると思ったのが甘かった。
長崎の9番ファンマ選手の苛立ちが目立ってきた。
え、PKをとられた? ゴール裏にいるのでよくわからない。ファンマ選手に決められて、1-1。
大分、逆転できそうにもあるが、、、。
アディショナルタイムは4分。ああ、勝ち点3が1になったか。

甘かった。こんな結果になるとは、、、。
ほぼ試合が終わろうとしていた時間、向こうの方でごたごたが。
どうもまたPKを取られたらしい。あ、9番ファンマ選手が待ち構えている。
勝ち点1点になるか0点になるか。上福元にかかっている。
お、弾いた!
え、またごたごたしている。ゴールされたらしい。
すぐに試合終了の笛。1-2とオーロラビジョンに表示されている。
あっという間に大分の負けか。

審判団が引き上げる時に大きなブーイングが起こる。
どうも、2点目はPKを蹴る前に中村選手が飛び出していてオフサイドだったと後で聞きました。
でも、一旦下された判定はくつがえらない。ああ。
何か腑に落ちない試合だった。
まあ、こんな試合もあるのだ。早く忘れよう!

さあ、次節はアウェイでの対町田戦。
この町田との試合に負けて、J3に降格したのだなあ。ずいぶん昔のことのように思えるが。

≪PREV | | NEXT≫