[旅行]松山に行ってきました。(1)

7月16日(日)から1泊2日で愛媛県松山市に行ってきました。(1)
はい、大分トリニータの応援です。

愛媛県は隣の県でありながら、なかなか出かけることがありません。
四国の旅行はほとんど大分トリニータ関連ですねえ。

今回は愛媛・大分バス&フェリー切符を利用しました。
これで車を運転しなくても眠っていれば松山市まで連れて行ってくれます。楽です。
ホテルは随分前に予約を済ませています。
対愛媛戦のチケットも購入済み。(後でわかったことですが、現地で観戦チケットを買った方が駅からスタジアムまでのバスの切符が付いていて安上がりだったらしい)

20170716-0001.jpg 20170716-0004.jpg


08:50 臼杵港発。
11:10 八幡浜港着。
フェリーではShiさんご夫婦と一緒になりました。他にもトリサポがかなり乗ってますねえ。(笑)
あ、Shoくんのご家族も乗っている。Shoくんたちは自分の車で松山に向かうそうです。

20170716-0005.jpg 20170716-0014.jpg


11:25 八幡浜港発。
港には伊予鉄バスが迎えに来てくれています。
エアコンも効いて快適です。高速松山道を走って、松山市内に。
垂れ幕がたくさんかかった高校(済美高校)を発見。記念に一枚。

20170716-0017.jpg 20170716-0020.jpg


12:55 予定通り松山市駅着。
到着のバス停では伊予鉄の関係者か松山市の関係者かはわかりませんが、私たちを迎えてくれています。
ホテルに荷物を置いてもらおうと予約しているホテルを探すと、、、。ない。
市駅前と思い込んでいました。私たちが泊まるホテルはJR松山駅前です。またか。
市駅とJR松山駅があることをわかっていてもこのざまです。(涙)

市駅からJR松山駅まで電車で移動です。電車のラッピングがいいです。
特にスタバの電車は最高。(でも、写真を撮るのを忘れていました)

20170716-0024.jpg 20170716-0031.jpg


JR松山駅前の方はちょっと寂しい雰囲気が漂っています。(すみません)
ホテルは目の前。フロントが方がとても親切です。チェックインもできました。

20170716-0032_2017071815314776f.jpg 20170716-0034.jpg


再び電車で市駅前に戻って、腹ごしらえを。
松山ではどうも鯛めしを食べないと悪いような雰囲気です。
で、鯛めしセットを。
愛媛県には「うどん」のイメージはないと思っているのい、麺類がついています。
昼食を終え、お店を出たところで、顔見知りの京都から来るトリサポのご婦人と遭遇。お互い「来ました!」と挨拶を。
このご婦人とは次の日もいろんなところで会うことになります。縁があるのでしょうか。

20170716-0029.jpg 20170716-0028.jpg


スタジアム行きの専用バスは15:00 JR松山駅前発。
市駅にも停車するのですが、満席になっていたら大変です。
また、スタジアムまで約50分と聞いていますので、立ったままではキツイです。始発から乗るのが間違いないでしょう。
JR松山駅まで引き返します。(ははは、ただただ電車に乗りたいだけなのです)

バス停で素敵なトリサポのご夫妻と一緒になり、話がはずみました。
バスにはオレンジのユニを着た若者が一人だけ。あとはトリサポらしい人が数人。ガラガラじゃ!
こんな大きな市なののに、愛媛サポは少ないのかなあ。
バスはどんどん郊外へ。砥部のほうに向かっています。

15:45 見覚えのあるスタジアム到着。
日差しが強く、また蒸し暑いので、風のよく通り抜ける階段を見つけて休憩です。

試合は2-2のドロー。アディショナルタイムも最後の最後で同点にしたので、まるで勝ったような気分。

帰りも専用バスでJR松山駅まで。
ホテル近くの飲み屋さんで、うちの奥様と2人だけの「お疲れさま会」を。
「残念会」でなくてよかった。
お願いしたおつまみはみな塩が効いているのです。高齢者の健康にはよくないのでしょうね。
でも、応援で汗をびっしょりかいているので塩分補給です。
あれ、写真を撮ってない料理があるぞ。

20170716-0076.jpg 20170716-0077.jpg

20170716-0078.jpg 20170716-0079.jpg

20170716-0080.jpg 20170716-0082.jpg


満腹になって、お店を出ようとしたら、カウンター席にトリサポの方が飲んでいます。
三重から来たそうです。友人の愛媛サポの方と2人で飲んでいるところでした。
今日の試合のため、トリサポは全国各地(大げさ)から、約1000人位は松山市に来ているはずです。

明日は午前中市内観光(松山城に行こうかな)をして13:40発のバスで帰ります。

[トリ]分けたのに、まるで勝ったような気分になってしまった。 第23節、対愛媛戦。

7月16日(日) 第23節、対愛媛戦。2-2。
分けたのに、まるで勝ったような気分なのです。
アディショナルタイムの5分も終わろうとしていたその時、前田の一発が決まる。
こんな事が起こるからサッカー観戦はやめられません。

20170716-0073.jpg 20170716-0072.jpg


では、いつものように試合前後の様子を。
暑さが厳しくなってきたので、ツアーバスの日程は厳しいのです。
愛媛市内で一泊の計画していたところ、愛媛・大分バス&フェリー切符の情報を得ました。
おお、これにしよう。自分で車の運転をしなくていい。ゆっくり往復できる。

20170716-0003.jpg 20170716-0002.jpg


臼杵港からはフェリーで八幡浜へ。伊予鉄バスが迎えにきてくれています。
高速松山道を走って松山市の市駅に時間通りに到着。
予約してあったホテルにチェックインし(ホテルは市駅の前と思っていたところ、JR松山駅の前だった。市駅からJR松山駅まで電車で移動。再び市駅へ)、スタジアムに向かう。
スタジアム行き専用バス15:00発には愛媛のユニ着たサポが一人だけ。トリサポの方が多い。

20170716-0037.jpg 20170716-0040.jpg


愛媛のスタジアムではおなじみの一平くんや若くて健康そうなチアガールがトリサポを迎えてくれます。

20170716-0058.jpg 20170716-0061.jpg


愛媛サポの方たち。試合前に愛媛の県民歌(?)を歌うのですね。いいねえ。
それにしても、大分市の人口に比べたら松山市の人口は多いし街の規模も大きいのに、愛媛サポは少ないなあ。

20170716-0065.jpg 20170716-0063.jpg


愛媛の選手紹介。
元大分トリニータの2人。今日はあまり頑張らなくていいよ。
「我が深谷」の元気な姿を久しぶりにみられそう。嬉しい。

20170716-0054.jpg 20170716-0055.jpg


さて、試合。
天皇杯でレッドをもらった後藤の替わりは誰になるか。三平と小手川は不動だろう。
そうなるとワントップは伊佐か。でも伊佐は天皇杯でフル出場、最後は倒れ込んで、監督が起こしにいってたし。
では、若い吉平に期待するしかないか。
と、思っていたところ何と何と大津。びっくりしたなあ。

試合が始まってからずっと愛媛に押されっぱなし。7分にはあの大分キラーの河原のミドルが炸裂。入れられたと思った。
17分にもまた河原のヘッド、あぶねえ。
前にいたおばちゃん3人+娘さん1人のグループが大津に激を飛ばす。
それに答えるように、25分、川西からのパスを受けた大津が落ち着いてシュート。これが決まって押されているなかで大分先制。1-0。
30分過ぎたころから次第に愛媛の勢いが落ちて、やっと大分らいしい動きになってくる。
追加点が欲しい。3連敗中の愛媛に「優しさ」を見せる必要はない。
前半、1-0のまま。

後半、恐れていたことがまた起こった。
51分、河原選手に決められた。もう恩返しゴールは十分過ぎるほど頂いているのに。1-1。
この河原のゴールが愛媛に活気を取り戻す。
58分、大津に替えて伊佐。愛媛も有田選手を投入。
69分、河原選手からのパスを受けた有田選手にやられる。敵ながらうまい。また河原選手が絡んでいる。1-2。
80分、川西から吉平、三平から前田の2枚替え。監督が勝負をかけてきた。
若い吉平がサポータを煽る。(笑)
おお! 愛媛が「我が深谷」を入れてきた。愛媛、このまま終わらせるつもりだ。GKたちが時間かせぎを始める。
アディショナルタイムは5分。このまま終わるのか。
でも、大分の選手は諦めなかった。なりふりかまわず前にボールを蹴込む。
愛媛のGKがボールをこぼした。このミスを見逃さなかった小手川が後ろに優しくパスを。
そこにいた前田がシュート。同点のゴールが決まる。2-2。

イヤー、サッカーは面白い。
今節の片野坂監督の采配は見事というしかない。
でも、愛媛にとっては、、、
確か、第06節も最後の最後に大分から入れられて1-1のドローで終わったよなあ。

さあ、次は相性の悪い水戸をホームに迎えます。
1試合勝てばグーンと順位は上がり、負ければ、、、。今、踏ん張りどころです。

[PC]CD-DVDドライブを認識しない。(Windows10)

7月3日(月) 久しぶりのコンピュータねたです。

Windows10を入れているデスクトップの1台がCD-DVDドライブを認識しなくなっていました。
これまで何の異常もなく使ってきた機種(自作)のものです。
いつ認識しなくなったのかわかりません。
最近、CDやDVDを使う機会が少なくなってきたので、気がつきませんでした。
Windows10を入れている他のデスクトップやノートパソコンは異常ありません。
ドライブのボタンを押すとトレイはちゃんと出るのですが、、、。

さあ、困ったときはgoogleで情報収集。
ありました。対処法がたくさん。困っているのは私だけではないようです。

このサイトを参考にしました。

レジストリをいじくるのは最後に。
ドライバは定期的チェックするするソフトを使っていますので、問題ないはず。
SATA端子を入れ替えてみました。ダメです。
手持ちの他のCD-DVDドライブに付け替えてみました。ダメです。

最後の手段。レジストリを書き換えてみます。慎重に。
再起動。
ダメです。当然デバイスマネージャーを見ても表示されていません。

他のデスクトップでは問題ないので、このままにしておいてもいいのですが、何か気に入りません。
Windows10を再インスツールしてみるか、、。面倒くさいなあ。

7月4日 そうか、USBで使える外付けCD-DVDドライブを付けよう。Amazonで注文。
7月5日 CD-DVDドライブが届く。Amazon早いなあ。
あっけなく認識し、使える。

でもなあ、根本的な解決になってはいません。
相変わらず、内蔵のドライブの方は認識していないのです。

おまけになぜこの1台だけがこう言う状態になったのかわかりません。
こういう方面に強い方、何かアドバイスをいただけると助かります。

[トリ]お犬さまには勝てないのか。第21節、対千葉戦。

7月1日(土) 第21節、対千葉戦。1-4。

お犬様にとっては、大分トリニータは「ネギしょたカモ」なのか。
とり天・唐揚げパワーはソーセージにに比べてまだ弱いのか。
情けなるほど、千葉に勝てませんねえ。

日田での「板東玉三郎特別舞踊公演」を終えて、高速使って一路自宅へ。キックオフに間に合うか。
カーナビの情報では自宅到着は18:15とのこと。

17:55 助手席にのっているうちの奥様がiPadを取り出してDAZNにログイン。おお、ちゃんと受信できてる。
自宅直前、奥様が「危ない!」と大きな声を上げる。
運転が危ないのかとドキッとしたが、トリニータが危なかったようだ。

6:15 TVのDAZNに。
ラインを高く保った千葉が果敢に攻めてくる。大分は本来の調子が出ていない。
ときおり裏を取ろうとすると、オフサイドに、、、、。
ああ!
結局、大分ユース出身の清武選手にいいようにやられてしまい1-4とは。

もう今日7月1日の対千葉戦はなかったことにしよう。(涙)
でもなあ。古巣相手の山岸に得点してほしかったし、勝って、若狭選手や為田選手の顔をみたかったな。
この試合までの7月1日は私にとっては素晴らしい一日だったのに。

[日々]玉三郎特別舞踊公演に行ってきました。

7月1日(土) 日田市民文化会館「パトリア日田」で行われた板東玉三郎特別舞踊公演に行ってきました。
演目は1.口上 2.傾城 3.藤娘。

20170701--0002.jpg 20170701--0005.jpg


口上では、自分のこれまでの芸歴、今回の舞踊と自分との関係、日田で公演をすることになったいきさつ(日田出身のお弟子さんがいるそうです)などを、時折冗談を交えながら詳しくお話して下さいました。

続いて2本の舞踊ですが、目の動き、指先の動きで、清楚な娘さんから濃艶な熟女までを表現します。
今年67歳になるという玉三郎さんは凄すぎます。
玉三郎さんの世界に引き込まれてしまった2時間でした。

20170701--0003.jpg 20170701--0008.jpg


さて、こういう公演の時、チケットの入手が難しいのです。
今回は、日田市内在住の子供たちが2枚のチケットの入手に奔走してくれました。

今回の公演をネット上で知ったのが2月16日。
7月1日、2日の2日間のチケットを4月8日から日田市内で先行発売するようです。
すぐに日田市のJoくんにチケット確保のお願いメールを。
すぐに「まかせて下さい」と心強い返事が。
日田市内の子供たちと言っても、もうみな50台の半ば。市内のいろんなところで要職についています。
Joくんから「会場のパトリア日田に舞台監督としてHiくんがいる」とのメールも。よーし。

4月に入ってからまたJoくんから連絡が。
「不正入手を防ぐために、パトリア前に並ばないといけないとHiくんから連絡がありました。僕が並びますので心配しないで下さい」と。すみません。迷惑かけます。

4月8日 「前から150番目に並んでいます」「はい、S席2枚ゲット!前から4番目の席です」とメール。おお!
日田市内で通信関係の会社を経営しているJoくん、仕事が忙しい中をすみません。

このJoくん、私たち家族が日田に転勤して、借りた家のちょうど隣に住んでいました。
知り合いの全くいなかった日田で彼のご両親からどれだけお世話になったか、、、。それ以来いろんな「縁」があって、ずっと親しくしてくれています。
うちの娘1、娘2は未だに「Joにいちゃん」」と呼んでいます。

7月1日は、Joくんの自宅に車を置かせてもらい、お母さんにも久しぶりにお会いできました。
このあたり、ずいぶんと様子が変わっています。私達が7年間住んでいた家は、新しくなっています。

会場のパトリア日田では忙しい中をHiくんも顔を見せてくれました。
ずいぶん前、「明日からニューヨーク公演に行きます」といって、別府の家に訪ねて来てくれて以来です。
パトリア日田の設計に関係したという新聞記事は切り抜いて持っていますが、東京に住んでいるものと思っていました。

今回、玉三郎の公演も素晴らしかったし、日田の子供たちにも会えて本当に幸せでした。
Joくん、Hiくん、それにいろいろと奔走してくれたみんな、ありがとうね。感謝しています。

[日々]アジサイのおまじない。

6月30日(金) うちの奥様がアジサイを採っています。

この6月の末日にアジサイを採って、ドライフラワーにしてトイレに置いておくと婦人病にかからないという「おまじない」と言います。
アジサイを採る日は毎月6のつく日、6月1日、6月6日、夏至の日といくつかあるようですが、うちは6月末日だそうです。
毎年この日になると、親戚のおばちゃんから「アジサイ採った?」と確認の電話がかかってきます。

20170630-0001.jpg 20170630-0003.jpg


このアジサイの「おまじない」、全国的なものなのでしょうか。
また、なぜアジサイなのでしょうか。
何らかの科学的な根拠があるものなのでしょうか。

[日々]アピオスの花を摘み取りました。

6月23日(金) アピオスの花を摘み取りました。

昨年の「みちのくツアー」の際、青森県佐井町の港のお店ででアピオス(アメリカほど芋)という芋のパンフレットを見ました。
栄養価が高く、健康にもよいというので、お店で種芋を探しましたが置いてありません。
旅行から帰ってヤフオクで発見、すぐに落札しました。

秋に植えておいたところ、花が咲くまでに成長しています。

20170623-0001.jpg 20170623-0002.jpg


花をそのままにしておくと芋が大きくならないらしいので、今日、摘み取っておきました。
摘み取った花は乾燥させてお茶にするといいとネットに書いてありました。

何でもやってみないと気がすまない性分なので早速やってみることに。
花は香りはあまりしませんが、手がベタベタとします。何か蜜のようなものが分泌されているのでしょうか。

20170623-0003.jpg 20170623-0005.jpg


アピオス茶、血糖値を抑えるなどの薬効があるそうです。
うまくできたら、「薬草の会」で試飲してみるつもりです。

秋には土の中に芋ができているはずです。
このアピオス、日本がアメリカからリンゴの苗を輸入した時に偶然くっついて来たらしいです。
ネイティブアメリカンがよく食べていて、栄養価が高いようなので、秋の収穫が楽しみです。
でも、青森県に比べて、温かい九州で最後までよく育つのか心配でもあります。

[日々]薬草の会(5)

6月13日(月) 恒例の薬草の会です。

みなさんさんが持ってきたものです。
アジサイの葉は食べられないが、花(がく)は食べられるそうです、、、。
でも、眺めるだけにしておきました。綺麗です。
ビワ、今年はなり年と皆さんが話していました。うちの庭のビワにもたくさんの実がついていますが、小さいです。

20170613-0001.jpg 20170613-0003.jpg


インゲンマメとエンドウマメ。

20170613-0004.jpg 20170613-0005.jpg


薬草の会定番のユキノシタとミツバ。

20170613-0006.jpg 20170613-0007.jpg


健康野菜として有名なモロヘイヤ。茎は食べないようにとのことです。
ワラビは春先に採ったものを保存しておいたそうです。

20170613-0008.jpg 20170613-0029.jpg


今日の散策で採ってきたもの。
ドクダミとハコベ。

20170613-0010.jpg 20170613-0011.jpg


イタドリの若芽とカラムシの若芽。

20170613-0012.jpg 20170613-0013.jpg


これも定番になってきたヨモギとオドリコソウ。

20170613-0017.jpg 20170613-0022.jpg


スイバにフキ。
フキはこの時期になるとちょっと硬いかもしれません。

20170613-0024.jpg 20170613-0028.jpg


タケノコ(ハチク)とカキ。

20170613-0027.jpg 20170613-0025.jpg


さあ、調理に入りますが、、、。
私の今日の仕事はフキの皮むき。この時期のフキは筋が固くなっているので丁寧に取り、水にさらしてしっかりあく抜きをしなくてはなりません。(とご婦人方に指導を受けました)
ビワも皮をむいてデザートに。

20170613-0033.jpg 20170613-0032.jpg


インゲンマメはゴマ和えに。イタドリの若芽は酢のものにします。

20170613-0039.jpg 20170613-0040.jpg


タケノコ(ハチク?)は油揚げと煮物に。

20170613-0034.jpg 20170613-0042.jpg


ワラビも煮物に。
ハコベなどの野草入りのだし巻き。

20170613-0043.jpg 20170613-0046.jpg


オドリコソウなどは天ぷらに。
今日は私のお願いでカラムシを食べてみることにします。
カラムシは食べられると聞いたことがあるので、先生にお願いし、調べてもらいました。
「薬効はあまりないようですが、食べられるようなので、天ぷらにして食べてみましょう」と。
カラムシ、うちの畑にもよく生えてきます。秋には茎が固くなり草刈りに難渋します。
昔はこの植物の繊維で着物を作っていたとか。

20170613-0041.jpg 20170613-0045.jpg


かき揚げも、餃子も作りました。(私は当然見ているだけ)

20170613-0049.jpg 20170613-0035.jpg


さあ、本日の薬草料理です。
四角のお皿に乗っているものは、
エンドウご飯、
モロヘイヤとシーチキンの和物、
モロヘイヤと鶏肉入りの焼き餃子、
カキの葉の天ぷら、
イタドリの酢の物、
ハコベ入りのだし巻き、
天ぷら各種。

20170613-0052.jpg 20170613-0056.jpg


ビワのデザート。上にアロエがかかっています。
タケノコ、フキ、ワラビ、油揚げの煮物。

20170613-0057.jpg 20170613-0058.jpg


ニンジン、タマネギ、ミツバのお味噌汁。
天ぷら(ユキノシタ、カキ、オドリコソウ、カラムシ、ドクダミ、ヨモギなど)とかき揚げ。
お願いしたカラムシの天ぷら、もそもそした感触もなく普通いただけました。ドクダミより美味しいです。

20170613-0059.jpg 20170613-0061.jpg


食事の後はお勉強です。
(1)今日は薬学の起源、漢方、和方、和漢の違いについて。
(2)代表的な民間薬(車前子 オオバコ)、黄柏( キハダ)、玄草( ゲンノショウコ)などの効用について。

特に興味があったのは、ハマナスの花が壊血病に効くという話。ビタミンCを多く含むのでしょう。
先生からはハマナスの果実酒の作り方も教えてもらいましたが、ここ最近ハマナスそのものを見てないなあ。

さあ、来月も楽しみ。
サツマイモを植えたので、サツマイモの葉柄の部分がたべられるかもしれません。

[日々]サツマイモを植えました。

6月14日(水) 九州の梅雨入り宣言を聞いて、11日と今日14日の2回にわけてサツマイモを植えました。
ところが、今年は空梅雨なのか、雨が振りません。苗がつくか心配です。
植えたサツマイモは、ベニアズマ60本にアンノウイモ(安納芋)を20本。安納芋は今年初めてです。
雑草防止のため、黒マルチをしましたが、ド素人のため綺麗に張れません。(涙)

20170614-0001.jpg 20170614-0002.jpg

同じ畑に植えていた大豆(エダマメ)に実がついてきましたが、今年は実のつきが悪いようです。

20170614-0003.jpg 20170614-0004.jpg


昨日はOkuさんがジャガイモ(キタアカリ)になったという実を持ってきてくれました。
ジャガイモに実がなるのは普通などと聞いてはいますが、実際に目にするのは初めてです。
大きさや形はうちに植えているミニトマトと変わりません。半分に切ってみてもトマトです。
試しに食べて見ようかと思いましたが、その「勇気」がありません。(笑)

20170614-0008.jpg 20170614-0009.jpg

最近は日差しが強くなり、畑の手入れも長時間できなくなりました。
でも、今週中にはジャガイモ(キタアカリ、アンデス赤)を全て掘らねばなりません。

[トリ]長崎戦の悪夢、再び。第18節、対横浜FC戦

6月10日(土) 第18節、対横浜FC戦。2-2。

現在2位の横浜FCをホームに迎えての戦い。前半戦、後半戦ともトリニータペースで試合は進む。
2-1で勝利で終わり、鈴木惇と三平の勝利のダンスが見られると思っていたところ、なんと、アディショナルタイムでこの日2本目のPKとの判定。5月17日、第14節、アウェイ長崎戦の悪夢再びかよ!
このシーズン、忘れることのできない主審が増えてきたなあ。(涙)

トリサポからの大ブーイングを浴びながら退場する審判団の一人ひとりに丁寧に握手をする片野坂監督を見る。
私たちはこの大分トリニータにこの監督がいることを誇りに思おう。
福森、岸田はめげるな!

20170610-0016.jpg 20170610-0015.jpg


さて、今日は朝から来客があり、自宅を出るのが遅れてしまい、いつもの駐車場が一杯で何とかA駐車場に駐め、大銀ドームへ。
県民デーとダイハツサンクスデーのためか、この時間でもドームに向かう人が多い。
今日はヴェルスパ大分の試合もあっている。
13:30 ドーム着。

20170610-0001.jpg 20170610-0002.jpg


ダイハツ九州の社長からの挨拶に答えるトリサポ。
昨年J3に降格してもスポンサーを続けてくれたことは忘れません。
うちの奥様も車をダイハツの軽に替えました。

20170610-0005.jpg 20170610-0007.jpg


横浜サポのみなさん。横浜から大分には来やすいのに意外と少ないですね。

20170610-0006.jpg 20170610-0008.jpg


さて、試合終わって。
正直言って何かすっきりしません。もしかしたら、横浜FCサポもそう思っているかもしれません。
PKを取られた福森と岸田のプレーはゴール裏からはよく見えませんでした。
主審の判定を信じるだけです。
しかし、2本目のPKは誤診ではないかという「噂」がゴール裏で広がりました。

うーん、悔しいねえ。
横浜FCは14番と20番の選手だけが怖かったが、、、。
鈴木惇のゴールも三平のゴールも見事で2-1で終わるはずだったのに。
2-2のドローか。最後の最後に負けてしまったという気がするのです。

20170610-0013.jpg 20170610-0015_201706141304234ec.jpg


さあ、気を取り直して、ひるむことなく、正々堂々と次節讃岐戦に向かおう。

≪PREV | | NEXT≫