[日々]孫の運動会に行ってきました。(3)

5月28日(日) Na子の大運動会の翌日は日曜日。みんなで葛西臨海公園に行くことにしました。
Na子のお父さんは、仕事の関係で行けません。

葛西臨海公園は東京湾に面した都立の公園です。ディズニーランドやシーの近くです。
今、何かと話題の豊洲を通って葛西臨海公園駅まで。駅から公園は直結です。
私たち夫婦はこの公園は初めてです。
日曜日のためか人が多いです。(まあ、東京はどこに行ってもひとひとなのですが)

20170528-0001.jpg 20170528-0002.jpg


まず最初はパークトレインに乗って公園内を一周します。約25分かかるようです。
広いです。海もあるし、林もあるし、大都会のすぐ近くにこんな素敵な場所があるのです。
途中、観覧車を間近に見たので、途中下車してこれに乗りたいとNa子が言います。

20170528-0003.jpg 20170528-0004.jpg


ところがNa子のお母さんは、観覧車が大の苦手。乗車(?)拒否です。
じいじも高所恐怖症とか。私も観覧車はできれば避けたいところなのです。
「おじいちゃん、なぜ乗りたくないの?」とNa子。
「強い風が吹いたら、倒れるかもしれないよ」と私。
「だいじょうぶよ。これを作った人が倒れないようにしているから。おじいちゃんもじいじも一緒に乗ろうよ」と孫から説得される始末。(笑)

はい、ちょっとびびっている男子チームと平気な女子チーム。ああ。(涙)

20170528-0006.jpg 20170528-0007.jpg


確かに景色はいいです。スカイタワーやディズニーランドが見えます。
富士山の見えるらしいのですが、今日はダメでした。

20170528-0009.jpg 20170528-0008.jpg


大観覧車に乗車拒否したおかあさんが、シロツメクサで花の冠を作ってくれていました
さあ、次は水族館。水族館は怖くありません、(笑)
確かここの水族館は飼育中のマグロが全滅したことで有名になりましたよね。
その後、マグロはどうなっているのでしょうか。

20170528-0010.jpg 20170528-0011.jpg


水族館の入り口ででかいマグロと背比べ。頭に被り物までつけて。

20170528-0013.jpg 20170528-0012.jpg


この水族館、特にコレッといった展示はありません。地味な水族館です。
でも、マグロの回遊水槽ははよかった。

「おじいちゃん。マグロは眠らないの?」とのNa子からの質問。
「マグロは泳ぐのを止めると呼吸できなくなって死んでしまうので、泳ぎながら眠っているのかもしれない」と答えましたが、、、。
自信がありません。
現在ある大学で教授をしている魚の専門家のTa先生に後でそっと聞いておこう。

20170528-0015.jpg 20170528-0016.jpg


この水族館はバックヤードをみることができます。これは非常にいい。
「飼育員の人がいたら、なんでも質問して下さい」との案内板を見つけたNa子は早速何か質問したようです。
飼育員の方がNa子の方を向き、ニコニコしながら話してくれています。いいねえ。

20170528-0020.jpg 20170528-0021.jpg


次はタッチプールへ。行列ができていました。
Na子はナマコをさわらせてもらえました。
このタッチプール、Ta先生が最初の勤務先で始めたこと。今やどこの水族館でも行われるようになっています。

続いてタッチフィーリングへ。
ここでは、サメとエイをじっくり観察できます。スタッフの方の話が丁寧です。
「サメの皮膚はざらざらしていて、エイはつるつるしていた」と興奮気味に話してくれました。

20170528-0017.jpg 20170528-0019.jpg


葛西臨海公園を十分に楽しんだ後は池袋に出て夕食です。
Na子の希望でジンギスカンです。予約はしているそうです。
東京のど真ん中でジンギスカンとは。(笑)
何か東京風に工夫しているらしいのです。
お店は綺麗で店員さんの対応もよかったので、つい食べ過ぎ、飲み過ぎてしまいました。

20170528-0022.jpg 20170528-0024.jpg


生ビール、ライムサワーの次に「やかんできゃんた」なるものをオーダー。
田舎者の私は「やかんできゃんた」という飲みものが出て来ると思っていました。
すると小さいヤカンが出てきてびっくり。
なんな、マッコリか。いえいえ中身は白ワインです。
ああそうか、「やかんできゃんた」というから洒落てヤカンを使ったのか、、、。

いえいえ、もともと「デキャンタ」とはワインをつぎわけて食卓に置く際のガラス製の容器を言うらしい。
で、このお店ではワインの入れ物(デキャンタ)としてヤカンを使っただけことなのです。
(もしかしたら、このお店、韓国料理も出すのかもしれません。マッコリはヤカンでしょ。)

えーい、「やかんデキャンタ」の赤も追加です。

Na子は実に良く食べます。Na子のお母さんは小さい頃から少食で随分心配しました。
好き嫌いも少ないようで、おばあちゃんもおじいちゃんもみんな嬉しいです。

20170528-0025.jpg 20170528-0026.jpg


さあ、明日29日(月)は運動会の振替休日です。
Na子とどこに行こうかな。え、Na子のお母さん、年休を取ったって!

[日々]孫の運動会に行ってきました。(2)

5月27日(土) いよいよ孫Na子の大運動会です。

Na子家族は都心から電車で約1時間ほどの街に住んでいます。
この当たりは静かで、林や森が残っています。
小学校の敷地も広大で、まるで公園のようです。
娘1のママ友の一人がこの地域の出身の方で、その方から小学校の建物は当時のままと聞きました。

昨年びっくりしたテントの群れですが、最近は私の住んでいる田舎の小学校でも見られるとか。
自分の子供の出番がない時には、テントのなかで寝転んでいるお父さんやお母さんもいます。
年寄りの私にはどうも違和感があるのですが、、、。時代なのでしょう。

私たちの場所はNa子のお父さんが早起きしてシートを張って確保してくれています。
あ、例の自転車がたくさん駐めてありましたよ。

20170527-0001.jpg 20170527-0006.jpg


さあ、大運動会の始まりです。
小学校の1年生から6年生。体格が随分違います。
同じ学年でも、背高がこんなにも違うものかと驚きました。

新しい学年になって一ヶ月ちょっと。よくここまで練習したなあと、子供たちや先生方に感心するばかり。
Na子は周りの友達や先生とうまくやっているようで安心しました。

20170527-0002.jpg 20170527-0016.jpg


本人が自信があると言ってた50m走。1等でした。
団体競技もうまくやっています。

20170527-0003.jpg 20170527-0010.jpg


ダンスをしながらの玉入れや、絶対これだけは見逃さないようにと念押しをされていたボールを使っての演技。
無事に終わった時の晴れ晴れとした顔がいいです。

20170527-0007.jpg 20170527-0013.jpg

20170527-0014.jpg 20170527-0015.jpg


お昼はうちの奥様(おばあちゃん)と義妹(ばあば)の手作りのお弁当をみんなでいただきました。
Na子の希望のソウメン弁当もあります。

20170527-0008.jpg


競技の間に学校内を散策してみました。
今年もグミに実がついています。今の子供にグミといったらお菓子のことと思うでしょうね。
職員の出入り口のところに、ブルーベリーがたくさん植えられていました。ジャムにして、子供たちの給食に出るのでしょうか。

20170527-0004.jpg 20170527-0012.jpg


この学校、自然環境もいいし、先生方が子供たちを大事にしていることがよくわかります。
Na子も学校や先生方が好きと言ってますので、私たちも安心しています。

さあ、運動会の後は、みんなでばあばとじいじのところに移動して、大運動会の打ち上げ(笑)をします。

[日々]孫の運動会に行ってきました。

5月26日(金) 孫の運動会に行ってきました。

孫の運動会は明日27日(土)、一週間前の20日(土)であれば、21日(日)の対町田戦に参戦し、ホームでの対岡山戦にも行けたのに。
いくら自由な時間があると言っても6月3日の対水戸戦までは東京にいるのは無理ですから、結局5/26~31日までの滞在としました。

今回の東京行きもいつものようにJetstar便で。安くていいです。
出発ロビーでうちの奥様の知り合いのHu先生に遭遇。去年も同じ頃ここでお会いました。
やはりお孫さんの運動会のために上京するそうです。すると、隣にいたご婦人が「私も孫の運動会です」と。(笑)
この時期、お孫さんの運動会のために上京する方が多いのですね。

Jetstar、10:50定刻出発、12:30定刻到着。すごい。
成田空港周辺は少し雨が降っています。
義妹夫婦と18:30に待ち合わせをしているので、時間はまだたっぷりあります。
成田空港→青砥→浅草のルートで「浅草演芸ホール」へ。ここで落語を鑑賞します。

20170526-0040.jpg 20170526-0041.jpg


特に予約などはしていなかったのですが、当日券を購入。
係の方の話では、いつ入って、いつ出ていってもいいそうです。
パンフレット見ると、昼の部が11:40~16:30、夜の部が16:40~21:00となっており、入れ替えもないので極端なことを言えば、11:40~21:00まで楽しめるのです。出演者がダブることもありません。

私たちは15:00に入って17:00に出ました。短い時間でしたが大満足の2時間でした。
出演者は日頃TVでは見たことのない方ばかり。昼の部の最後、真打ちの落語はさすがでした。

次回は昼と夜の弁当を持って行き、一日中楽しみたいです。
この浅草演芸ホール、落語だけでなく、講談やマジック、漫才、髪切り、曲芸などもありますから、一日があっという間に終わりそうです。

16:30 義妹夫と自宅近くの駅で合流。そのまま居酒屋へ。
明日の運動会の前祝いです。(笑)

20170526-0042.jpg 20170526-0043.jpg


さて、田舎者が上京すると、「あ、東京にきたな」と感じる事がいくつかあります。

(1)電車や地下鉄に乗ると、大きな楽器ケースを背負った人に必ず出会います。かなり年配の方もいますね。

(2)前後に子供を乗せるためののカゴ(何と言うのでしょうか)を付けた自転車をたくさん見かけます。(うちの田舎ではこんな自転車など見たこともありません)
前後に子供さんを乗せた若いママさんたちがガンガン走ってます。ほとんどが電動機付きの自転車なのでかなりスピードが出ていて、慣れていないこちらの方が怖いのです。
中には、前後に子供を乗せ、さらにもう一人の子供を背負って運転しているママさんも。4人乗りかよ!
都会のママさんがたは凄い。田舎はみんな車ですよね。

(3)車の駐車の仕方が非常にうまい。
都会は駐車場料金が高いのす。自宅のちょっとしたスペースに車を駐めています。
この車、何人かで抱えて入れたのでしょうか。うまい。私だったら、絶対に無理。
(あ、下の2枚の写真は勝手に撮りました。すみません。悪意は全くありません)

20170526-0045.jpg 20170526-0044.jpg


明日は、孫の大運動会。
うちの奥様と義妹は朝早く起きて、お昼のお弁当を作るそうです。

[日々]野草の会(6)

5月22日(月) 薬草の会(6)

薬草・野草を探すにはいい季節になってきました。
さて、今日採ってきたものは、、、。

ミツバにタケノコ(マダケ)、定番のユキノシタ、ヨモギ。
今、ユキノシタには花が咲いています。

20170522-0013.jpg 20170522-0014.jpg


ハコベ、ハハコグサ。

20170522-0018.jpg 20170522-0019.jpg


山菜の王様と言われているタラの芽(ちょっと成長し過ぎています)、クサイチゴ。
野生のタラの気には鋭いトゲがたくさんついていますので、芽は取りにくいです。クサイチゴ、ちょっと取る時期が遅過ぎました。

20170522-0020.jpg 20170522-0021.jpg


ヘビイチゴにフキなど。

20170522-0005.jpg 20170522-0024.jpg


これらの薬草・野草からいつものようにご婦人方が腕を振るいます。
私はいつものように、「お運び」と洗った食器をフキンで二度拭く係です。
今日もご婦人方から、ここで練習して家でもちゃんと洗い片付けをするのですよとご指導を受けました。はい、頑張ります。

ご婦人方の料理は手際が良いです。次々に美味しそうなものが出来上がっていきます。

ヨモギと鶏肉の団子?

20170522-0017.jpg 20170522-0025.jpg


ニンジン、フキ、サトイモの芽、タケノコ(ハチク)、鳥肉団子の煮付け。
かき揚げ用の食材も準備してあったようですが、作っても食べきれないだろうということで、急遽中止に。

20170522-0015.jpg 20170522-0016.jpg


タラの芽、タケノコ(マダケ)、カキの葉、チャの葉、ヨモギ、ハハコグサなどを天ぷらに。

20170522-0026.jpg 20170522-0027.jpg

20170522-0029.jpg 20170522-0030.jpg


参加者全員分のできあがり。
今日はかなり遠い所からの参加者、見学者もいました、

20170522-0038.jpg 20170522-0033.jpg


エンドウご飯、タマネギ・ニラの卵とじ、ヨモギ・鶏肉の団子、ニンジン・フキ・タケノコ(ハチク)・鶏肉の煮物、ハコベの胡麻和え、高菜の漬物。(写真がよく撮れていません。涙)

ソウメンには紅葉の飾り。フキも入っていますので、香りがいいです。

20170522-0034.jpg 20170522-0035.jpg


ヨーグルには参加者のご婦人がテングサから作ったというトコロテンもはいっています。
また、クサイチゴとヘビイチゴ(これ初めて食べました)も。
紫色をしたものはスミレの花の砂糖漬けです。作り方を詳しく教えていただきました。

天ぷらは、ヨモギ、カキの葉、お茶の葉、ユキノシタ、タラの芽、タケノコ(マダケ)。
あれ? ハハコグサが行方不明。(笑)

20170522-0036.jpg 20170522-0037.jpg


今日の収穫。
何と言ってもヘビイチゴを食べたことでしょう。
子供のころはヘビイチゴは毒だから食べてはいけないと教えられていました。大人になって食べられると知りましたが、、、。
美味しくはないですね。(笑)

さあ、次回も楽しみです。

[日々]小麦(観賞用)に穂が出ました。

4月28日(金) 昨年の秋に蒔いていた小麦(鑑賞用)に穂が出ました。

斑入りの葉ということですが、成長するにつれて斑が目立たなくなっています。
早速玄関にコデマリと一緒に生けました。
たくさんありますので、知り合いに配ったり、うちに遊びに来た人に持って帰ってもらっています。

20170428-0001.jpg 20170428-0010.jpg


隣に植えてあったジャガイモ(キタアカリとアンデス赤)の第1回目土寄せが終わりました。
今のところ順調に育っています。

20170428-0004.jpg 20170428-0003.jpg


八重山諸島めぐりの記念に勝って帰ったハンダマは根がついたようです。お店の方に教えてもらったように、葉を2~3枚残して茎を水をいれたガラスコップに挿していたら、白い根がたくさん出てきました。
先週末、畑に移植しておきました。今後どういう風に大きくなっていくか楽しみです。

まーさん・チシャ菜もうまく芽をだしてくれました。
もうちょっとで食べられるはずです。

20170428-0007.jpg 20170428-0005.jpg


ゴールデンウイークが始まります。
日差しも強くなり、畑での作業は早朝しかできなくなります。

明日は帰省してくる妹夫婦を空港まで迎えにいって、そのまま大銀ドームに向かいます。


[日々]春です。

4月25日(火)春です。

Anさんからりっぱなタケノコをいただきました。今シーズン2度目です。Anさん、いつもすみません。

 

20170425-0001

 

ここ最近、食卓にタケノコご飯や若竹のお吸い物、タケノコのキンピラ、タケノコと牛肉を煮たものなどがよく出てくるはずです。

東京の妹にこのまま送ろうかと思いましたが、何故か冷蔵庫を整理中とか。そうか連休で帰省してくるのですね。

東京に住んでいる孫はシナチクが大好物らしいので、うちの奥様が張り切ってシナチクの試作をしています。

それでも、我が家は2人暮らしですので食べきれません。塩漬けにしたり、干したりして保存するといいらしいのですが、奥様は知り合いの料理屋さんでいい保存法を教えてもらったらしいです。果たしてうまくいくかな。

 

あ、タケノコで思い出しました。

うん十年前、県内H市に転勤してすぐの春のことです。農家の屋根に何かを干してあるのです。

タケノコと教えてもらいびっくりしました。干しシイタケは知ってましたが、干しタケノコとは!

30過ぎて初めて干しタケノコを知りました。この干しタケノコ、美味しいのです。

 

下の写真のワラビは自宅の隣にある畑(原野のようになっている。ははは)で採ったものです。

 

20170425-0002

 

秋に一度草刈りをして放っておいたものですから、ワラビにとってはいい栄養分になったのでしょう。

ちょっと採る時期が遅かった気もしますが、とにかくたくさん生えています。

たまたま遊びにきていた知り合いにも持って帰ってもらいました。

 

最近、いろんな野菜が季節を問わず食べられますが、旬のものを旬の時期に食べていた方が身体にいいのでしょうね。

[日々]進水式に行ってきました。

4月23日(土)臼杵造船所で行われた進水式に行ってきました。

特に招待されていたわけではありません。だれでも参加出来るのです。
会場入り口で記念のタオルをいただきました。子供たちにお菓子も配っていました。

臼杵造船所の構内は実に綺麗に整理整頓されています。
目の前に強大な船が。
12500トンのケミカルタンカーと聞きました。


20170423-0001-ss.jpg 20170423-0002-ss.jpg


20170423-0003-ss.jpg 20170423-0004-ss.jpg


しばらくすると「せんしゅバスが入場します。拍手でお迎え下さい」というアナウンスが。
あ、このタンカーの外人オーナーは自国でサッカーチームを持っているんだ。
もしかしたらトリニータの選手も何人か招待されているのかもしれない。


20170423-0005-ss.jpg 20170423-0006-ss.jpg


大型バスから降りてきたスーツ姿の若者たちに見知った顔はいません。
オーナー家族による餅まきなどが行われ、進水式は無事終了。
巨大タンカーの進水は実に感動的でした。


20170423-0007-ss.jpg 20170423-0008-ss.jpg


海に浮かぶ巨大タンカーを眺めながら、駐車場に向かう途中、はっと気が付きました。
せんしゅバスは「選手バス」でなく「船主バス」のことか!



20170423-0009-ss.jpg 20170423-0010-ss.jpg
 

はい。自己中です。頭がぱーつくりんになっています。(涙)
知人曰く、「脳は自分のしっていることを優先的に思い浮かべる」と。ああ!

[日々]野草の会(5)

4月17日(月) 月一回の野草の会です。
前回は旅行のため欠席していますので、これで5回目の参加となります。

残念ながら朝から雨です。傘をさして薬草・野草を取りに行きます。
オドリコソウ、カラスノエンドウ、フキ、ヨモギなどを見つけてきました。


20170417-0001-ss_thumb.jpg20170417-0002-ss_thumb.jpg

20170417-0003-ss_thumb.jpg20170417-0008-ss_thumb.jpg


その他、参加者が自宅から持ってきたものがたくさんあります。
つぼみ菜(これは私が持参したもの。今朝、知り合いの方がたくさん持ってきてくれました)。ユキノシタに

20170417-0005-ss_thumb.jpg20170417-0007-ss_thumb.jpg


ノカンゾウ、イタドリ(この当たりではサドと言うそうですが、私の出身地ではサトガラと呼びます)。

20170417-0011-ss_thumb.jpg20170417-0015-ss_thumb.jpg


スミレ(タチツボスミレ?)にセイヨウタンポポ。
あ、朝掘りタケノコを持ってきてくれた人もいました。(写真撮リ忘れています)

20170417-0013-ss_thumb.jpg20170417-0017-ss_thumb.jpg


さあ。きょうはどんな料理ができあがるのでしょうか

先生が材料を見渡して、この薬草は何でいただきましょう。あの野草は天ぷらにしたら一番美味しいはずですと簡単に今日のメニューを決めます。すると、中高年のご婦人方がすぐに動き出します。
特にだれからの指示を仰ぐわけでもなく、それぞれの方がテキパキと。
何をしたらいいのか、どの順番でしたらいいのか、みなさん、わかっているのです。
それは実に見事です。いつも感心します。

私はいつものように写真を撮ったり、薬草の葉をを取ったり、洗いものをしたりとできるだけジャマにならないように、、。
レシピなどありません。お塩を何グラムとかお醤油大さじ何杯とか計る人もいません。長年の経験がものを言ってます。(笑)
若い女性の参加者はご婦人方からいろいろと教えてもらっているようです。

旬のタケノコは、細く切ってキンピラに。この時の包丁さばきがすごい。
鶏肉、油揚げ、ニンジンと一緒にして炒め物に。
タケノコご飯にもなりました。

20170417-0027-ss_thumb.jpg20170417-0037-ss_thumb.jpg

20170417-0023-ss_thumb.jpg20170417-0044-ss_thumb.jpg


薬草の会定番のヨモギは今日は上新粉、おからと混ぜてお餅状にし、蒸したのとオーブンで焼いたものの2種類に。

20170417-0028-ss_thumb.jpg20170417-0029-ss_thumb.jpg


つぼみ菜はしらあえと炒め物に。

20170417-0030-ss_thumb.jpg20170417-0033-ss_thumb.jpg


ユキノシタ、ヨモギ、オドリコソウは天ぷらに。カラスノエンドウも。

20170417-0040-ss_thumb.jpg20170417-0032-ss_thumb.jpg

20170417-0043-ss_thumb.jpg20170417-0048-ss_thumb.jpg


イタドリ(サド)は皮をむいてそのまま。子供の頃たべたイタドリで話が盛り上がります。
イタリア周辺では日本から入ってきたこのイタドリがはびこって非常に困っているという話も参加者から聞きました。
タケノコはワカメといっしょにお味噌汁にもなっていました。

20170417-0053-ss_thumb.jpg20170417-0047-ss_thumb.jpg


できあがった今日の料理。

20170417-0054-ss_thumb.jpg20170417-0051-ss_thumb.jpg


左の写真で、左奥から時計回りに
ノカンゾウとアスパラガスのあえものとミニトマト。(ノカンゾウは初めてたべましたが、美味しいです)
奈良漬(参加者の92才になるお母さん漬けたもの)。
タケノコごはんにスミレの飾り(スミレは食べられます)。
ユキノシタ・ヨモギ・カラスノエンドウ・オドリコソウの天ぷら。
ヨモギのクッキー。
つぼみ菜の白和え。

右の写真、
ヨモギのお餅。
タケノコのキンピラ。
つぼみ菜の炒め物。
ニンジン・油揚げ・フキの炒め物

20170417-0057-ss_thumb.jpg20170417-0056-ss_thumb.jpg


タケノコのお味噌汁とさんぴん茶。(3月に八重山諸島に行ったときの私のお土産。みなさんに飲んでいただきました。さんぴん茶はジャスミンティーのことだそうです)

20170417-0058-ss_thumb.jpg20170417-0060-ss_thumb.jpg


うーん、今日もいろんなものをいただくことができました。お腹もいっぱい。
これらの料理、10時過ぎから始めて、12時前にはできあがりました。
当然この時には調理に使ったた包丁やまな板、フライパンなどは綺麗に片付いています。
うちの奥様がいつも言うのです。「料理は出来上がった時には、台所周りもきれいに片付いていないと」と。
そうか、このご婦人方もそれが普通にできるのですね。

食事後はいつものように、使った薬草の食べ方や薬効の話があり、「野草・薬草の採取と保存の心得」という勉強もしましたよ。
さて、来月は気候もよくなり、薬草・野草の種類も豊富になるはず。楽しみでなりません。

[日々]ブルーベリーを植えました。

4月13日(木) うちの奥様がオリーブと間違えていたブルーベリーを植えました。

ブルーベリーと行っても大まかに3種類くらいがあり、うちの地域ではラビットアイ系がいいようです。

ブルーベリーは1本だけでは実が付きにくいということで、同系統の2本セットをネットで注文しておきました。

いろいろ調べてみるとブルーベリーは酸性土壌を好むようで、ピートモスを土に混ぜておくといいらしいのですが、すぐにはピートもすなど手にはいらないのでそのまま植えています。

さて、うまく育つかどうか。

 

 

20170413-0004-ss20170413-0001-ss

 

20170413-0005-ss

 

 

うまく育てば本数を増やしてもいいなあ。

まだ植える場所はあるのですが、手入れができるかどうか。

しばらく様子をみることにします。

[日々]オリーブを植えました。

4月4日(火) オリーブを2本植えました。

以前からずっと欲しいと思っていたオリーブ。昨日、たまたま隣町の園芸店で見つけました。

1本は庭に、もう1本は植木鉢に。

植木鉢のものは、もう少し大きくなったら樹形を整え、居間に置こうと思っています。

さて、うまく根を張るといいのですが。

 

20170404-0004-ss20170404-0002-ss

20170404-0003-ss

 

このオリーブの苗を買う時、うちの奥様が言うのです。

「実をいっぱいつけるらしいよ。Izちゃん(親戚のおばちゃん)のところに植えてあって、実がつくとすぐに鳥が食べにくるから、ご主人さんがネットをかけてくれたち」

「実がたくさんとれたら、ジャムにしよう」

え?ジャム。何かおかしい。オリーブの実からジャムを作れるんかなあ。

夜、東京の妹と電話していたときも、「今日、お父さんがオリーブを植えてくれた。実がなったらジャムが作れる」と話している。

 

電話を終えてしばらくして、

突然「あ、私勘違いしてた」と。

 

オリーブをブルーベリーと思い込んでいたようです。(笑)

妹もオリーブからジャムと聞いて、さぞかし変に思ったことでしょう。

 

うーん、ブルーベリーも植えるか。

≪PREV | | NEXT≫