[トリ]けが人が出なくてよかった。第24節、対鹿児島戦。

10月2日(日)、第24節、対鹿児島戦。1-0。


DSC02129-ss_thumb.jpgDSC02127-ss_thumb.jpg


今日はみどり牛乳サンクスデー。うち、他社のものよりちょっと高くてもみどり牛乳買ってます。(笑)
飲むヨーグルトを試飲しました。これ、新製品とか。試合の帰りに、うちの近くのスーパーで探しましたが、まだ置いてありませんでした。


DSC02097-ss_thumb.jpgDSC02100-ss_thumb.jpg


DSC02116-ss_thumb.jpgDSC02109-ss_thumb.jpg


鹿児島のサポータのみなさん。今日は300人くらい来てくれています。いつもアウェイ席は寂しいのに嬉しいことです。


DSC02107-ss_thumb.jpgDSC02118-ss_thumb.jpg


さて、試合。
3/19 第02節、アウェイ鹿児島戦の時も思いました。鹿児島、プレスがすごいチームだなと。
今日も、試合開始早々から、、、。
でも、プレスが厳しいというか、ラフプレーとも思えるのです。引張ったり、押したり、飛び乗ったり、身を投げ出したりと。
試合の入りというのは、選手だけでなく、審判にとっても大事です。
最初のラフプレーに対し、きちんと主審がイエローでも出しておけば、選手たちも、それなりの対応をしただろうに。
選手が転ぶたびに、ああも笛を吹かれたら、試合の流れが止まってしまいます。
残り試合が少なってなっているこの時期に、選手が怪我でもしたら大変です。
今日は幸いにも両チームにけが人がでなくてよかったです。

前半戦、鹿児島のペースに巻き込まれ、大分の良さが見えててきませんでした。
私の大嫌いな「ポンポンサッカー(頭でボールをポンポン跳ね返すだけ)」が続きます。
ただ、後藤のフリーキックだけは見事でした。
また、これを弾いた鹿児島のGKもすごい。このキーパーの山岡選手、何か「持って」ますねえ。

後半戦、やっと大分ペースに。
50分、松本昌がシュート、ポストに弾かれたボールを清本が蹴る、鹿児島のDFが跳ね返す、これを大分の選手(だれかわからなかった)がまたシュート。
入ったと思ったところ、キーパーの正面に。3回のシュートにGK山岡選手は落ち着いていた。
これが、大分の攻撃に火がつけたはず。

60分、後藤がミドルシュート。あそこからよく蹴った。後藤は、アウェイ鹿児島戦では外しまくっていたからなあ。
また、現在J3得点王の藤本選手もいるから、今日は得点を重ねないと。これで後藤は10点目。

追加点が入りません。
松本怜おしい。
伊佐、入ったと思ったのにGKが指先で弾く。(これがコーナーキックにならなかったのが不思議)

その後、危ないシーンもありましたが、GK修行がしっかり守って、1-0のまま試合終了。

ヒーローインタビューのGK修行。落ち着いています。「優勝します」と言い切りましたよ。
そうです。「勝って、昇格」です。


DSC02139-ss_thumb.jpgDSC02141-ss_thumb.jpg


自宅に帰って、栃木ー琉球戦の情報収集。
琉球先制。うふふ。
お、1-1で分けたか。
これで栃木の勝ち点が48、大分が46。
残り6試合、さあ、応援にも気が抜けません。

[トリ]病みつきになりそう。第12節対SC相模原戦。

6月12日(日)、第12節対SC相模原戦、3-0。

今日は初めてのピッチサイドからの応援です。

ピッチサイドからの写真撮影は禁止だそうです。したがって、試合結果の写真などはありません。

ゴール裏から見る試合とは迫力が違います。選手の声がよく聞こえてきます。芝生の切れ端や選手の汗が飛んできそう。

今日の試合が最初から最後まで緊迫感のある試合だったからもしれませんが、ピッチサイドからの応援は病みつきになってしまいました。

 

 

DSC09890-ssDSC09886-ss

 

 

2ゴールの清本、大分に完全移籍してください。

3点目を入れた伊佐、おめでとう。第11節対藤枝戦、第05節対福島戦とゴールを狙っていたのにチャンスを活かせなっかた悔しさを払拭できたでしょう。

多くのトリサポは伊佐のゴールをずっと待っていました。

上福元は大丈夫かなあ。試合開始直後怪我をした相模原のFWシンバ選手も心配。

それにしても、J3でありながら元日本代表の高松、山岸、それに川口選手同じピッチ上でプレーする姿を見られるとは、すごいことですよね。

 

 

さて、試合前後の様子などを。

今日は、ダイハツ九州スペシャルデーに大分県民デー。何かマックの関係のお店も出ていました。

 

 

DSC09878-ssDSC09887-ss

 

 

DSC09870-ssDSC09885-ss

 

 

相模原のサポの皆さん。ようこそ初めての大銀ドームへ。みなさん、大分市はどこにあるのかご存知でしたか。

私、相模原市は神奈川県にあるとしか知りません。観光名所や名物は何でしょう。(涙)

 

 

DSC09891-ssDSC09894-ss

 

 

今日は、娘2のお姑さんからチケットをいただき、うちの奥様と2人で初めてのピッチサイドからの応援です。

知り合いのAcちゃんとも会えましたし、Niくんからも「お久しぶりです」と声をかけてもらえました。Niくんは毎回ここから応援だそうです。

 

 

試合前、真ん中にジェイリースのビックフラッグ、両方に12番のフラッグが。

あ、今日はダイハツ九州スペシャルデーなのに、ダイハツのフラッグがない。どうしたんじゃろう。

と心配になってきたとたん、選手入場と同時に出てきましたよ。ジェイリースのフラッグと入れ替わるように、ダイハツ九州の巨大なフラッグが、、、。

「なんしよんの。人出が足らんのじゃろうか」とすっと心配でなりませんでした。

すごい演出です、さすがです。Miさん、ごめんね。いらぬ心配でした。

ピッチサイドからは、動画も写真も撮影禁止なので記録に残すことができません。残念。

 

 

試合は開始から最後まで、これが1週間前、対福島で見たあの大分トリニータと同じチームかと思えるほど迫力のある試合でした。

プレスをかけ、ボールを奪い、ボールを持ったら駆け上がる、、、。

山岸の相手選手に対しての身体の寄せ方と入れ方、取られたらしつこく取り戻しににいく姿、落ち着いたプレーなどははさすがです。

目の前で見た清本の足さばきには思わず大きな声で「うまい!」と叫んでしまいました。

レイチェルや岩本の駆け上がりもよかった。

高松はチーム全体の様子がよく見えているよう。こういうのを視野の広い選手と言うのでしょうね。

2点目が入った後は応援する側にも余裕が出てきて、相模原の深井選手が倒された時、「深井、大丈夫か。頑張れ!」と言ってしまった。(笑)

 

 

ピッチサイドから見ると、選手の細かい動きがよくわかります。スタンドからは見えにくいプレーを何度も堪能しました。

試合終了後は選手たちとハイタッチもできたし、次のホーム戦もここから応援しようかな。

さあ、次節はアウェイで対盛岡戦。東京の妹夫婦が参戦です。

最下位のチームだからと言ってなめてかかるといけません。いい試合をした次の試合がグダグダになるのをトリサポは何回も見てきていますから。

[トリ]勝つには勝ったが、、、。第05節、対福島ユナイテッドFC戦。

6月5日(日)、第05節、対福島ユナイテッドFC戦、1-0。

 

 

DSC09841-ssDSC09843-ss

 

 

DSC09838-ssDSC09840-ss

 

 

熊本・大分地震で延期となっていた第05節(4月5日)の試合です。

先週日曜日の第11節対藤枝MFC戦で躍動感のある試合を見たからでしょうか、今日の試合は勝つには勝ったが、、、。

サポーターと言うのは勝手なものです。負けた時には内容はどうでも勝にこだわれと言うし、勝てっても試合の内容がどうこうと。すみません。

 

 

DFラインでボールを回し、ちょっとプレスをかけられるとGKまで下げてしまう。上福元がかわいそう。見ていてイライラしてくるのです。

ド素人トリサポとしては、サイドから駆け上がり、クロスをあげFWが頭でコンというシーンや、MFがロングシュートでネットを揺らすシーンが見たいのです。

でも、「もうこれ以上負けられない」という強い思いを持った監督の戦術なのでしょうか。前半戦は、ボールを回しながらのウォーミングアップ。

 

後半戦、さあエンジン始動。

4分、清本のフリーキックがバー直撃。こぼれ球を誰かが蹴った。相手GKが弾き返す、ちょうどいい位置にいた福森が飛び込んで頭でゴール。

いいねえ。このゴール、福森プロ発ゴールという。福森、おめでとう!

その後は、何回か追加点を取るチャンスはあたのに、、、決定力がありません。伊佐、頑張れ。いつもホディショニングはいいのになあ。

試合終盤戦は、福島の猛攻にあうが、なんとか1-0で試合終了。

勝つには勝ったが、「何かなあ」とど素人トリサポは思うのです。

 

 

さて、試合前後の様子。

私、お馬鹿なことをしでかしました。デジカメにメモリーカードを入れ忘れています。

「内蔵メモリーに記録します」とメッセージが。これではほんの数枚しか記録できないでしょ。

(リュックに入れているタブレットを使えば何十枚でも撮れるのに。ああ、そのことを気が付きもしなかったのです。涙)

 

 

遠く福島からようこそ。10人くらいかな。2人の若いサポータの写真を取らせてもらいました。

「あの時の絆 福島から九州へ」の断幕をありがとう。(写真、撮っていません)

 

 

DSC09833-ssDSC09834-ss

 

 

試合前、知り合いのKiさんから、フェアプレーフラッグを持つの手伝ってて言われたので、喜んでピッチヘ。

うちの奥様と娘2は芝生の手入れのお手伝いに。家族全員いい経験ができました。

下の写真はトリニティの時代からずっと応援を続けているWaさんが撮って送ってきたものです。

試合前のイベントでは、子供次代の写真から選手名を当てるというクイズが盛り上がっていたようです。

うちの奥様は「千明の幼少期が可愛すぎる」と興奮していました。(笑)

 

 

DSC09835-ssDSC09836-ss

 

 

さあ、次節の相手は現在1位のSC相模原。

ダニエルや三平が怪我から回復してきたので、期待していいですね。

[トリ]伊佐にゴールさせたかった対藤枝MYFC戦。

5月29日(日)、第11節、対藤枝MYFC戦。2-0。


ダニエルが怪我で帯同していないということで不安でしたが、岩田や吉平といった若手の活躍が目立ち2-0で勝利。
噂によると、高松が昨夜「大分のために勝とう!」と激を飛ばしたらしい。そのせいか、今日は選手たちの動きから気迫が感じられました。
5月5日の練習見学の際、間もなく復帰という伊佐に「藤枝に応援に行きます」と約束をしました。その伊佐が最後の最後まで走る走る。何回かチャンスを外したが、3点目はなんとか伊佐に決めて欲しかった。
追加点をいれた清本のミドルは見事。このシーンを見られただけでも遠く藤枝まで行ったかいがありました。
ただ、後半鈴木が肩を脱臼し、心配でなりません。昨シーズンからずっとスタメンで地味に活躍してきた選手だからなおさらそう感じるのです。


この競技場、大銀ドームにあるようなオーロラビジョンはありません。選手名はボードで。このボードを作るのに時間がかかることかかること。得点の掲示板の時計も試合が終了していても後半45分を指していません。藤枝のユニ着たサポがごく普通にトリサポのゴール裏を行き来します。のんびりしているというか、何かホワーとしていて、それなりにいいなあと感じました。(笑)


DSC09561-ss_thumb.jpgDSC09565-ss_thumb.jpg


DSC09544-ss_thumb.jpgDSC09543-ss_thumb.jpg


試合の詳しい内容や分析は他の人のブログで。
では、いつものように試合前後の様子を。
今日は新幹線を利用します。新幹線は久しぶりです。
列車が動き出すと同時に、妹夫婦は「氷結」をプチュです。おいおい。
妹が言うには、新幹線で行く時には「氷結」を飲むと必ずトリニータは勝つそうです。
私の方はチケットを確認。ああ、試合内容が「氷結」しないといいが、、、。
でも、ここは妹夫婦のジンクスにまかせよう。


DSC09500-ss_thumb.jpgDSC09499-ss_thumb.jpg


DSC09501-ss_thumb.jpgDSC09502-ss_thumb.jpg


静岡駅からは普通列車で藤枝駅まで。
藤枝駅は予想に反して大きくて、綺麗でした。改札を出た正面に「蹴球都市」との大きなパネルが。いいねえ。
大分駅にもこんなのが欲しい。
北口に向かう階段には「サッカーと時間(とき)を刻む」との看板が。何かワクワクドキドキしてきます。
トリサポの方が藤枝仕様のタクシーで出発しようとしてます。妹夫婦の知り合いだそうです。私達も普通のタクシーで後を追います。サッカー場まで15分程。シャトルバスはないようです。


DSC09503-ss_thumb.jpgDSC09506-ss_thumb.jpg


DSC09510-ss_thumb.jpgDSC09511-ss_thumb.jpg


藤枝の競技場にはすでにトリサポがいっぱいです。
早速腹ごしらえを。まだオープンしていないで店もあります。残念。
ここの名物らしい鰻の串焼きや豚バラ、牛タン、オムそばなどをいただくことに。


DSC09513-ss_thumb.jpgDSC09516-ss_thumb.jpg


DSC09517-ss_thumb.jpgDSC09518-ss_thumb.jpg


DSC09519-ss_thumb.jpgDSC09520-ss_thumb.jpg


11:20、選手バス到着。みんなで迎えます。誰ですかサポの拍手にあくびで応える選手は。(笑)
レイチェルはいつも格好いいねえ。女性から大きな拍手が巻き起こっていました。


DSC09523-ss_thumb.jpgDSC09528-ss_thumb.jpg


11:30 開門。
藤枝サポもトリサポも一緒に入場です。
当日券売り場にいた綺麗なスタッフに、「大分にも来てください。地震は大丈夫です。今、由布院や別府のホテルは空いていますので、チャンスですよ」と宣伝しておきました。大銀ドームには何人の藤枝サポが来てくれるでしょうか。


DSC09533-ss_thumb.jpgDSC09541-ss_thumb.jpg


藤枝総合運動公園サッカー場、周囲を山に囲まれ、すり鉢状になっています。芝生も手入れが行き届いているようです。、建物の内部も綺麗です。


DSC09535-ss_thumb.jpgDSC09536-ss_thumb.jpg


DSC09539-ss_thumb.jpgDSC09538-ss_thumb.jpg


大分のサポと藤枝サポ。藤枝のコアサポは5~6人くらいかな。
藤枝にいる大分トリニータユース出身の一人、越智亮介選手の断幕が貼られていました。
ハーフタイム直前に藤枝のビッグフラッグが。でも、すぐに撤去してしまいました。何故でしょう。


DSC09547-ss_thumb.jpgDSC09551-ss_thumb.jpg



DSC09546-ss_thumb.jpgDSC09556-ss_thumb.jpg



この対藤枝MYFC戦で今まで見たことのない場面を目にしました。
ハームタイムで監督がサポに挨拶をするのです。藤枝では恒例なのでしょうか。
監督は後半戦に備えて、修正点など選手たちに指示を出す必要もあるでしょうに。ハーフタイムと言っても試合中と同じ。不思議でなりません。
試合直後も監督がマイクを持って話始めようとしています。大分側は勝利の喜びを力いっぱい表しています。
この時、監督から大分側に何か呼びかけたようですが、聞き取れませんでした。
藤沢サポからしてみると、「何と空気が読めないサポータか」と腹が立つかもしれません。
でも、私だけではなく大分サポータはこんな体験はしていないのです。全く悪意はありません。
イヤー、本当にびっくりしました。今まで、試合前と試合後に監督が選手たちを引き連れてサポータ席に挨拶にきた監督さんは知っていますが、、、。


DSC09562-ss_thumb.jpgDSC09569-ss_thumb.jpg


さあ、6月5日(日)は地震で延期になっていた第05節の対福島戦があります。今季初めてのナイトゲームです。
もうどこにも負けられません。
ボール持ったらすぐ前へ走れ!
ゴールが見えたら迷わず蹴れ!


さて、勝点3をお土産に帰ります。コースは朝と逆方向。品川駅で孫と娘と待ち合わせです。
改札口で2人が待っていてくれました。明日は2人とも振替休業ですので、今夜は妹夫婦のところに泊まって、水族館に行く予定です。
さあ、6人で祝勝会を兼ねて夕食です。娘が品川駅前のお店を予約してくれていました。
腹いっぱい食べて、飲んだのですが、孫との話が面白くて、料理の写真は2枚しかとってません。(笑)


DSC09572-ss_thumb.jpgDSC09573-ss_thumb.jpg



DSC09576-ss_thumb.jpgDSC09574-ss_thumb.jpg


デザートは私の希望で例のイオンへ。
店長おすすめの白ワインを頂きました。おつまみは写っていません。
うーん、いいなあ。
こんなお店がうちの近くにあったら、毎日行くことになるに違いありません。
ああ、都会に住みてえ!
熊本・大分復興支援キャンペーもあってました。ありがたいです。


DSC09578-ss_thumb.jpgDSC09580-ss_thumb.jpg


DSC09582-ss_thumb.jpgDSC09579-ss_thumb.jpg

[トリ]U-18の応援に行ってきました。

5月7日(土)、大分トリニータU-18の応援に行って来ました。

今日は大銀ドームで名古屋グランパスU-18が対戦相手です。

結果は残念ながら負けてしまいましたが、非常に見応えのある試合でした。

 

 

DSC09268-ss

 

 

大分、素人目から見て、技術的には決して相手に劣っているとは思えませんが、体格は名古屋の方がはるかに勝っています。この大きな体でプレスをかけてきます。

前半戦から名古屋の7番と11番の動きが目立っていました。特に7番の横山君(名前を覚えてしまいました)は柔道部から借りてきたのかと思うようなごっつい身体をしています。でも、動きは敏捷、しかもよく走ります。

結局、後半戦でこの横山くんから決められてしまうことに。

 

大分は前半最初の方は試合を支配していましたが、その後は押仕込まれる状況が続く中で、GK真木くんの好セーブもあり、また、得点のチャンスもあったのですが、追いつき、追い越す事ができず0-1で試合終了。

 

 

さて、U-18で大銀ドームが使われるのは初めてかもしれません。メインスタンド1階が開放され、入場料は無料でした。

入場者数は約600名程か。コールリーダーに会わせて拍手で応援を続けました。

 

 

DSC09264-ssDSC09265-ss

 

 

DSC09261-ssDSC09262-ss

 

 

両チームのスタメンと試合終了時のメンバー。将来名が出てくる選手もいるはず。

 

 

DSC09263-ssDSC09266-ss

 

 

試合終了後、両チームとも、審判団に、次に相手チームのスタッフ、続いて自分のチームに挨拶に行きました。

さらに、最後はお互いの観客席の前にまできて挨拶をしてくれました。何かいいねえ。トップチームも見習ったらいいのに。

 

 

DSC09270-ssDSC09271-ss

[トリ]練習見学に行ってきました。

5月5日(木)、東京から妹夫婦が帰省していますので、久しぶりに練習見学に行ってきました。

 

練習中の様子や写真はアップはしませんが、正直言って、この程度の練習量でいいのかなとは思いました。

「練習でできないことは、試合中に出来きるはずがない」とよく言われますが、、、。心配でなりません。

 

 

さて、出待の写真です。

妹夫婦達は、監督と三平選手からサインをもらうこと。私達は黄と鈴木からのサインが欲しいのです。

片野坂監督さん、気軽にサインに応じてくれました。ファンくん(うちの奥様はこう呼ぶのです)、礼儀正しいですね。

 

 

DSC09240-ssDSC09243-ss

 

 

パウリーニョ選手もダニエルも選手年寄りにも親切です。

 

 

DSC09244-ssDSC09245-ss

 

ドンウク選手、今度ゲーフラつくるからね。

強面の吉坂GKコーチ、笑顔がいいです。

 

 

DSC09247-ssDSC09248-ss

 

 

やっと鈴木選手がでてきました。昨シーズンからほぼスタメン出場にもかかわらず、ドームでゲーフラをあまり見かけません。

地味な性格のようですね。

どこかのモデルさんのような松本怜選手、出待でも一番人気です。

 

 

DSC09250-ssDSC09251-ss

 

 

ついに三平選手が出て来ました。妹夫婦は、ゲーフラとユニにサインをお願いしました。

新ユニの背中は三平選手から大きなサインをもらうために、あえて番号をつけなかったそうです。

 

 

DSC09253-ssDSC09255-ss

 

 

三平選手の完全復帰はもうちょっと時間がかかりそうですが、名前のとおり勝ち点3を期待しています。

最後の写真は千明選手(自分から「マエシュンでーす」と言って周囲からうけていました)と三平選手に伊佐選手。

伊佐選手の復活は間もなくのようです。期待しましょう。

 

 

DSC09256-ssDSC09257-ss

 

 

妹夫婦達は明日6日(金)に東京に帰り、8日(日)の対栃木戦にも参戦するそうです。

ゲーフラやユニへのサイン、一番の大分土産でしょう。

[トリ]お花とニータン(2015シーズン その2)

第28節 8/8(土) 対愛媛 ● 0-1

hana20150808-1_thumb.jpghana20150808-2_thumb.jpg



第30節 8/23(日) 対C大阪 ● 1-3

hana20150823-1_thumb.jpg



第31節 9/13(日) 対熊本 ● 0-1

旅行中のため不参戦。



第33節 9/23(日) 対北九州 ○ 2-1

hana20150923-1_thumb.jpghana20150923-2_thumb.jpg



第35節 10/4(日) 対さぬき △ 0-0

hana20151004-1_thumb.jpghana20151004-2_thumb.jpg



第38節 10/25(日) 対札幌 ○ 2-0

hana20151025-1_thumb.jpghana20151025-2_thumb.jpg



第39節 11/1(日) 対金沢 ● 0-1

hana20151101-1_thumb.jpghana20151101-2_thumb.jpg



第42節 11/23(月) 対磐田 ● 1-2

hana20151123-1_thumb.jpghana20151123-2_thumb.jpg

[トリ]お花とニータン(2015シーズン その1)

今シーズンも、ホーム試合ではトイレにお花が飾ってあり、ニータンのコスプレが見られました。
トイレのお花は1ヶ所ではないはず。大変な労力です。
また、ニータンのコスプレも、毎回アイデアを考え、それを具体化する大変な作業がいるはずです。
関係のトリサポの方、ボランティアのみなさん、毎試合楽しみにしていました。
J3になってしまいましたが、来シーズンもお願いします。



第2節 3/15(金) 対岡山 ● 0-1

hana20150002-ss_thumb.jpghana20150001-ss_thumb.jpg



第5節 4/1(水) 対岐阜 ○ 6-2

hana20150004-ss_thumb.jpghana20150003-ss_thumb.jpg



第7節 4/11(土) 対福岡 ● 1-2

hana20150006-ss_thumb.jpghana20150005-ss_thumb.jpg



第8節 4/19(日) 対大宮 ● 0-3

hana20150008-ss_thumb.jpghana20150007-ss_thumb.jpg



第10節 4/29(水) 対栃木 ● 0-1

hana20150010-ss_thumb.jpghana20150009-ss_thumb.jpg



第11節 5/3(日) 対徳島 △ 1-1

hana20150012-ss_thumb.jpghana20150011-ss_thumb.jpg



第13節 5/9(土) 対横浜C △ 1-1

hana20150013-ss_thumb.jpghana20150014-ss_thumb.jpg



第15節 5/24(日) 対東京V ● 0-1

hana20150015-ss_thumb.jpghana20150016-ss_thumb.jpg



第17節 6/6(土) 対京都 △ 2-2

hana20150018-ss_thumb.jpghana20150017-ss_thumb.jpg



第19節 6/21(日) 対千葉 ● 0-1

hana20150020-ss_thumb.jpghana20150019-ss_thumb.jpg



第22節 7/8(水) 対水戸 △ 1-1

hana20150022-ss_thumb.jpghana20150021-ss_thumb.jpg



第24節 7/18(土) 対長崎 ○ 2-1

hana20150023-ss_thumb.jpg



第26節 7/26(日) 対群馬 ○ 2-0

hana20150025-ss_thumb.jpghana20150024-ss_thumb.jpg

[トリ]覚悟はできたぞ。第40節、対横浜FC戦。

11月8日(日)、第40節、対横浜FC戦。0-1。

 

今日はTVから応援。会場のニッパツ三ツ沢球技場は雨。知り合いのトリサポさんたちを確認。妹夫婦も参戦している。

ゴール裏は横浜FCサポさんたちより多いように見える。応援もトリニータのものしか聞こえない。

先発メンバーはサンペイが帰って来て、うちのフルメンバーのようだ。

今日は勝てそうな気がする。

 

さて、試合。

前半のサンペイのヘッド、あれオフサイドかなあ。

後半終了間際の荒田、ゴールと思うのだが。相手GKの南選手(この選手、熊本時代から好きなのです)の上半身はゴールラインを超えていたと見えたが。

こう負けが込んでくると、「運」とか「つき」なども逃げていくのだろうか。

こういう際どい場合に対して、Jリーグもバレーボールのようにビデオ判定導入を考えているようだが、そこまでとも思う。

人間が判定することだから、時には誤審もあるだろう。

この誤審が、ある時は味方にとって有利、またある時は不利になるということもあり、これがまたサッカーの面白いところでもある。

 

とは言っても、今シーズン、トリニータにとって、誤審(かもしれない)と思えるシーンが多過ぎはしませんか。

今日の荒田は移籍直後に同じようなことがあったし、セレッソに帰って行った永井にもあった。

別に運命論者ではないが、「持っている選手」、「持っていない選手」というのが本当にあるのかもしれないなどと最近思うのである。

おまけに、我がトリニータ、優し過ぎるのです。今日の横浜FC、5試合勝ってなかったはず。それなのに勝ち点3をプレゼントしてしまう。

前節の対金沢戦も同様。勝ち点と自信と勇気を相手チームに与えてします。自分のチームがそれどころではないのに。

 

さあ、残りは2試合。大宮戦と最終節の磐田戦。

対大宮では家長から、対磐田戦では森島から入れられるのではないでしょうね。恩返しゴールなど必要ありませんから。

 

今日の結果で覚悟はできた。

しかし、正直言って沖縄遠征より、やはり信州松本に行きたいなあ。

[トリ]若狭、めげるな。第16節、対北九州戦。

5月31日(日)、第16節、対北九州戦。1-2。


Windows-Live-Writer_70e780ea5e6e_9E3E_DSC05403-ss_thumb.jpg


ああ、負けてしまった。
今回、「今日こそ勝つぞ!」ゲーフラは持っていきませんでした。何か勝てそうな感じもしなかったので。
早く「こそ」をはがして、本来の「今日も勝つぞ!」ゲーフラにしたいのですが、、。
あ、北九州には風間のお兄さんの風間宏希選手もいるし、原一樹選手、それに近藤祐介選手もいるのか。
おそらく、うちの卒業生の古手川選手から1点、小松塁選手から1点決められるであろうと予想していたが、ほぼ当たってしまった。
今日の大分、よくも悪くも、若狭(若狭のたれ目で、優しそうな雰囲気が好きです)が活躍。あのハンドは不運でした。
若狭めげるな! 
風間も後藤もゴール見たら遠慮なく蹴れ!
「セカイ」の坂井、初出場おめでとう!


さて、いつものように試合前後のことを。
対北九州戦、ツアーバスを申し込んでいましたが、東京の妹から、「日曜日の夜は中州で祝勝会をするから一泊するように」と連絡が入り、急遽バスをキャンセル。
久しぶりにバス、電車の利用となりました。


Windows-Live-Writer_70e780ea5e6e_9E3E_DSC05346-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_70e780ea5e6e_9E3E_DSC05347-ss_thumb.jpg


折尾駅そのものは昔とあまり変わっていないようですが、駅周辺の改修工事は進んでいるようです。
折尾駅北口(写真左)と東口の飲み屋街(写真右)、お昼ごはんを食べるいいところが見つからず、ミスドで我慢する」ことに。


Windows-Live-Writer_70e780ea5e6e_9E3E_DSC05353-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_70e780ea5e6e_9E3E_DSC05349-ss_thumb.jpg


妹夫婦は福岡空港からこちらに向かっています。北口で合流することに。トリサポの姿もちらほらと。
競技場に向かうシャトルバスは12:00が始発、20分間隔で運行と北九州の公式サイトに書いてありました。
ところが、、、、
12:00のバスは確かに時刻通り出発しました。妹夫婦と一緒に12:20分のバスに乗ろうと4番乗り場で待っていました。
北九州サポ、大分サポでかなりの列が出来ましたが、12:20になってもバスは来ません。12:40になってもまだ来ません。
私たち4人はしびれをきらして、タクシーで行くことに。タクシーは本城陸上競技場まで一律1200円とのこと。運転手さんは親切でした。
後でトリサポさんの方にに聞いたところ、12:45に来たとか。どうなっているのでしょう。

何とか開門に間に合って入場。雨を心配していたのに、日差しの強いこと。


Windows-Live-Writer_70e780ea5e6e_9E3E_DSC05350-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_70e780ea5e6e_9E3E_DSC05354-ss_thumb.jpg


試合開始まで時間がありますにで、一端外に出ます。
スタジアムの外では、いくつかのイベントが行われています。
ギラバンツ、活気があります。このところのトリニータとは大違いです。
スーツ姿のギラバンツのスタッフの皆さんが、丁寧に挨拶をしてくれます。大分のスタッフもアウェイサポに対して丁寧親切に接しているのでしょうか。
本城陸上競技場、確かに設備は整っていません。仮設トイレの手洗い水が無くなり、スタッフが慌ててバケツで持ってきたりもしてました。
でも、大銀ドームでは感じない「熱気」をスタッフやお店の人、ボランティア(と思われる)若い人に感じるのです。
数年後、小倉駅付近に専用のスタジアムができあがると聞いています。
新しいスタジアム完成、J1に昇格。これをトリニータの選手やサポーターは指をくわえて見てることになるのでしょうか。
すでに鳥栖からは追い越されてしまい、次は北九州からも、、、。ああ。


Windows-Live-Writer_70e780ea5e6e_9E3E_DSC05358-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_70e780ea5e6e_9E3E_DSC05360-ss_thumb.jpg


Windows-Live-Writer_70e780ea5e6e_9E3E_DSC05364-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_70e780ea5e6e_9E3E_DSC05370-ss_thumb.jpg


スタグルも充実しています。ちょっとした木陰もあり、ギラバンツサポとトリサポが試合前の時間を楽しく過ごしています。
熊本もスタグルはスタジアムの外でした。大分はなぜ外でしないのでしょうね。
ずいぶん前、熊本や北九州のクラブスタッフがトリニータのイベントや試合運営を勉強に来ていました。
大分FCのスタッフのみなさん、今度は逆に教えを請いに行ったたらどうでしょう。


Windows-Live-Writer_70e780ea5e6e_9E3E_DSC05362-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_70e780ea5e6e_9E3E_DSC05363-ss_thumb.jpg


どこからか素敵な曲が聞こえてきました。何かいいねえ。お、ここからか。
ペットにユニを。以前、浦和戦に行った時、ウサギにユニ着せていた娘さんがいましたが、トリニータにもペット用のユニがあるのかな。


Windows-Live-Writer_70e780ea5e6e_9E3E_DSC05357-ss_thumb_1.jpgWindows-Live-Writer_70e780ea5e6e_9E3E_DSC05374-ss_thumb.jpg


さあ、間もなく試合開始です。
大分のゴール裏。今年もトリサポの方が多いような気がします。


Windows-Live-Writer_TEST_C285_DSC05380-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_TEST_C285_DSC05392-ss_thumb.jpg


北九州サポのみなさん。
今回、試合前にあの「友よ」の大合唱がなかったようですが、どうしたのでしょう。


Windows-Live-Writer_TEST_C285_DSC05391-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_TEST_C285_DSC05395-ss_thumb.jpg


試合前、ギラバンツの社長さんがゴール裏に来て、何かお話されていました。話の内容は聞き取れませんでしたが、トリサポからは大きな拍手が起こりました。
ホーム側では何かタレントさん(お笑いのグループかな)が来て、応援を盛り上げようとしていましたが、、、。


Windows-Live-Writer_TEST_C285_DSC05387-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_TEST_C285_DSC05394-ss_thumb.jpg


ゴール裏のビッグフラッグ。
観客席の奥行きが狭いので、前の半分以上はトラック上にはみ出しています。ギラバンツのスタッフの協力がありました。


Windows-Live-Writer_TEST_C285_DSC05397-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_TEST_C285_DSC05398-ss_thumb.jpg


毎試合、試合前のこの時間が楽しいのですね。
ところが試合になると、、、。
負け試合のレポートは書く気がしません。
16試合が終わって、まだ2勝とは。J2残留も厳しい状況になってきたようです。
ああ、今夜は中州の屋台でやけ酒か。(涙)

≪PREV | | NEXT≫