[トリ]分けたのに、まるで勝ったような気分になってしまった。 第23節、対愛媛戦。

7月16日(日) 第23節、対愛媛戦。2-2。
分けたのに、まるで勝ったような気分なのです。
アディショナルタイムの5分も終わろうとしていたその時、前田の一発が決まる。
こんな事が起こるからサッカー観戦はやめられません。

20170716-0073.jpg 20170716-0072.jpg


では、いつものように試合前後の様子を。
暑さが厳しくなってきたので、ツアーバスの日程は厳しいのです。
愛媛市内で一泊の計画していたところ、愛媛・大分バス&フェリー切符の情報を得ました。
おお、これにしよう。自分で車の運転をしなくていい。ゆっくり往復できる。

20170716-0003.jpg 20170716-0002.jpg


臼杵港からはフェリーで八幡浜へ。伊予鉄バスが迎えにきてくれています。
高速松山道を走って松山市の市駅に時間通りに到着。
予約してあったホテルにチェックインし(ホテルは市駅の前と思っていたところ、JR松山駅の前だった。市駅からJR松山駅まで電車で移動。再び市駅へ)、スタジアムに向かう。
スタジアム行き専用バス15:00発には愛媛のユニ着たサポが一人だけ。トリサポの方が多い。

20170716-0037.jpg 20170716-0040.jpg


愛媛のスタジアムではおなじみの一平くんや若くて健康そうなチアガールがトリサポを迎えてくれます。

20170716-0058.jpg 20170716-0061.jpg


愛媛サポの方たち。試合前に愛媛の県民歌(?)を歌うのですね。いいねえ。
それにしても、大分市の人口に比べたら松山市の人口は多いし街の規模も大きいのに、愛媛サポは少ないなあ。

20170716-0065.jpg 20170716-0063.jpg


愛媛の選手紹介。
元大分トリニータの2人。今日はあまり頑張らなくていいよ。
「我が深谷」の元気な姿を久しぶりにみられそう。嬉しい。

20170716-0054.jpg 20170716-0055.jpg


さて、試合。
天皇杯でレッドをもらった後藤の替わりは誰になるか。三平と小手川は不動だろう。
そうなるとワントップは伊佐か。でも伊佐は天皇杯でフル出場、最後は倒れ込んで、監督が起こしにいってたし。
では、若い吉平に期待するしかないか。
と、思っていたところ何と何と大津。びっくりしたなあ。

試合が始まってからずっと愛媛に押されっぱなし。7分にはあの大分キラーの河原のミドルが炸裂。入れられたと思った。
17分にもまた河原のヘッド、あぶねえ。
前にいたおばちゃん3人+娘さん1人のグループが大津に激を飛ばす。
それに答えるように、25分、川西からのパスを受けた大津が落ち着いてシュート。これが決まって押されているなかで大分先制。1-0。
30分過ぎたころから次第に愛媛の勢いが落ちて、やっと大分らいしい動きになってくる。
追加点が欲しい。3連敗中の愛媛に「優しさ」を見せる必要はない。
前半、1-0のまま。

後半、恐れていたことがまた起こった。
51分、河原選手に決められた。もう恩返しゴールは十分過ぎるほど頂いているのに。1-1。
この河原のゴールが愛媛に活気を取り戻す。
58分、大津に替えて伊佐。愛媛も有田選手を投入。
69分、河原選手からのパスを受けた有田選手にやられる。敵ながらうまい。また河原選手が絡んでいる。1-2。
80分、川西から吉平、三平から前田の2枚替え。監督が勝負をかけてきた。
若い吉平がサポータを煽る。(笑)
おお! 愛媛が「我が深谷」を入れてきた。愛媛、このまま終わらせるつもりだ。GKたちが時間かせぎを始める。
アディショナルタイムは5分。このまま終わるのか。
でも、大分の選手は諦めなかった。なりふりかまわず前にボールを蹴込む。
愛媛のGKがボールをこぼした。このミスを見逃さなかった小手川が後ろに優しくパスを。
そこにいた前田がシュート。同点のゴールが決まる。2-2。

イヤー、サッカーは面白い。
今節の片野坂監督の采配は見事というしかない。
でも、愛媛にとっては、、、
確か、第06節も最後の最後に大分から入れられて1-1のドローで終わったよなあ。

さあ、次は相性の悪い水戸をホームに迎えます。
1試合勝てばグーンと順位は上がり、負ければ、、、。今、踏ん張りどころです。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック