アジアユース、対サウジアラビア戦

AFCアジアユース、対サウジアラビア戦をBS朝日で観戦した。

スコールの中でゲームが始まる。今日はトリニータから福元選手、梅崎選手、サンフレッチェからは槙野選手と柏木選手が出ている。しかも、今日のキャプテンは福元選手である。
開始6分で河原選手がゴールする。おお!
これなら楽勝と安心したとたん、眠気がしてきた。
夕食に一杯やったから、効いてきたーー。




気がついたらスコールが止んでいた。
ゲームは予想と違い、サウジに押されている。キーパーの林選手がかわいそう。

後半戦は真剣に見る。ずっと押され放し。中頃からやっとこちらペースになったが、36分にPKを取られる。林選手はボールにさわったが、ゴールされる。残念。
林選手いい。将来、西川選手と日本代表で争いそう。 西川選手、追われる立場になったのは確か。

サウジが調子にのってくるが、何とかしのいでいる。なかなかゴールできないが、試合終了直前44分、青木選手がチャンスをうまく捉えてゴール。ロスタイムには森重選手も出る。いいねえ。 これで、トリニータの若手選手が同時に3人もピッチに立っている。嬉しい。

サウジにも20歳以下とは思えないような選手がいる。キーパーのシャイアンは大きい。ドラエもんにジャイアンという悪ガキがでてくるので、名前はすぐに覚えたぞ。 なかなかガッツあるプレーをしている。

FIFA U-20 ワールドカップへの出場は決まった。さあ、次の試合(11/9)の相手はどこか。 韓国かオーストラリアか。

ところで、このピッチ、かなりひどいなあ。選手が泥まみれです。九石ドームの芝が悪いといった監督がいたが、もともとサッカーは場所を問わないスポーツだと聞いている。貧者のスポーツだから。テニスとは違う。こんな場所でも世界に通用する選手は育っているのだ。今日も途中から照明塔2基が消えてしまい、グランドがちょっと暗くなっていた。

ところで、汚れてしまったユニフォーム、誰が洗濯するのだろう。専門?の係がついて行ってるのだろうか。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック