[トリ]闘莉王様にしてやられた。第10節、対京都サンガ戦。

4月29日(日)、第10節、対京都サンガ戦。1-3。

田中マルクス闘莉王選手にしてやられた。これからは闘莉王様と呼ぼう。

20170429-0009-ss.jpg 20170429-0008-ss.jpg


ゴールデンウィークの始まりです。と言っても毎日が日曜日の生活を送っている者には関係がないが。(すみません)
この連休を利用して妹夫婦が帰省してくるので、大分空港まで迎えに。空港から大銀ドームに直行します。
娘1家族は仕事や学校の関係で帰省を断念。
孫は小学生になったため、学校が長期の休暇に入らないと帰省はもう無理になりました。

20170429-0001-ss.jpg 20170429-0002-ss.jpg


試合前、いつものようにニータンを。
平野ノラのコスプレと言うが、そもそも「平野ノラ」そのものが何者かわからない。(涙)
後ろの方から賑やかな声が、、、。あ、三平ではないか。ケガをしていてもファンサービスがいいなあ。

20170429-0003-ss.jpg 20170429-0005-ss.jpg


京都サポのみなさん。月・火と休みを取っていれば、しばらく大分を楽しめますね。
京都ゴール裏の断幕がちょっと怖いのです。古都京都のイメージとは何か違う気がするのです。すみません。

20170429-0006-ss.jpg 20170429-0007-ss.jpg


京都の選手の中では闘莉王様に金髪の似合う菅野選手、石櫃選手、大黒選手が好きです。もちろん、あの清水選手も。
今日は何とか闘莉王様を抑えれば何とかなりそうと思っていたが、甘かった。

前半15分、ゴール前の競り合いから闘莉王様の前にボール、闘莉王様がオーバーヘッド、ゴールポスト直撃、こぼれたところを小屋松選手に蹴り込まれた。うーん、闘莉王様のゴールといってもいいか。0-1。

後半、大分はよく戦っているとは思うが、、、。
若手の岩田はいつもポジショニングがよくボールを拾っている。でも、パスやクロスがなあ、、。國分に交代。
55分、闘莉王様のヘッド。交代が裏目にでたのかなあ。0-2。
70分、3失点目。京都の高卒新人の岩崎選手のボレーが決まる。敵ながらあっぱれ。0-3。

うーん、今日は完敗か。
77分、小手川がコーナーキックからのこぼれ球を見逃さなかった。1-3。
さあ、いけいけ。
京都の選手たちの試合運びはうまいなあ。時間の稼ぎかたを知っている。
特に闘莉王様はよく寝転ぶ。大分の選手が気を使っているではないか。(笑)
結局、1-3でGW3連戦の初戦は敗戦。でも、小手川が1点取ったのでよしとしよう。
なにせ京都は闘莉王様から大黒選手までいるもの。

さあ、次節はホームで対松本山雅戦。サポが大挙して押しかけてくるだろうな。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック