[日々]薬草の会(4)

2月20日(月) 毎回楽しみにしている薬草の会です。

今日はいつもとは場所を替えての開催です。
今までとは違った薬草を採ることができそうですが、あいにく小雨が降ってきました。

20170220-0002-ss_thumb.jpg20170220-0009-ss_thumb.jpg


畑や田ぼは所有者がいます。野草でも勝手にとることはできませんので、小川の河川敷に向かうことにします。
民家の崖にクコがありましたが、写真だけにしておきます。
昔、クコブームがあり、道端のクコが消えてしまったという記憶があります。葉はクコ茶に、赤い実は薬膳料理には必ず入っていますね。
小川にクレソンがありました。
どこかで栽培しているものが流れ出たのでしょう。このクレソンの近くには毒のあるセリ科の植物がよくあります。
クレソンを採るときには注意ですね。

20170220-0011-ss_thumb.jpg20170220-0012-ss_thumb.jpg


定番のヨモギ、スイバです。

20170220-0013-ss_thumb.jpg20170220-0014-ss_thumb.jpg


おお、セリもありました。野生のセリは栽培しているものに比べると香りが強いです。
帰り道、道端でナノハナもとりました。

20170220-0015-ss_thumb.jpg20170220-0017-ss_thumb.jpg


その他、フキノトウ、サツマイモ、ゴボウ、レンコン、ヤーコン、キクイモなどなどは参加者が持ってきてくれました。
あ、今日のミカンはある参加者が会場がわからず、道にいた人に訪ねたところ、その方から頂いたそうです。(笑)

20170220-0022-ss_thumb.jpg20170220-0030-ss_thumb.jpg

20170220-0029-ss_thumb.jpg20170220-0019-ss_thumb.jpg


さあ、これから薬草を使った料理をつくります。
と言っても私は何もできません。料理の作り方も、名前もわからないことが多いのです。
特に今日は、屋外でセリなどを綺麗に洗う役に徹しましたので、具体的にどう薬草・野草が調理されていったのかよくわからいものがあります。

ナノハナは湯がいて、ハムとあわせたおひたしに。

20170220-0037-ss_thumb.jpg20170220-0044-ss_thumb.jpg


今日採ってきた野草の多くは細かく切って、炒めた後、薄く焼いたタマゴで包みます。
料理名は、、、確かだし巻き。中にからし菜も入っています。

20170220-0036-ss_thumb.jpg20170220-0043-ss_thumb.jpg


厚揚げ、レンコン、ゴボウ、豚肉は炒めものでいただきます。これにもキクイモが入っています。

20170220-0033-ss_thumb.jpg20170220-0031-ss_thumb.jpg

20170220-0039-ss_thumb.jpg20170220-0040-ss_thumb.jpg


サツマイモはゼザートに。キンカンも入っています。
セリご飯もできあがりました。チリメンジャコも入っています。セリの香りがいいです。

20170220-0041-ss_thumb.jpg20170220-0045-ss_thumb.jpg


フキノトウ、ヨモギ、キクイモは天ぷらに。わかめ入りのお味噌汁もあります。

20170220-0046-ss_thumb.jpg20170220-0049-ss_thumb.jpg


かき揚げもあります。あれ、クレソンは何になったの。確かベーコンと一緒になにかできると聞いたのですが。(涙)

20170220-0051-ss_thumb.jpg20170220-0053-ss_thumb.jpg


短時間で今日もたくさんの料理が並び、美味しくいただきました。
場所が変わると、食事もちょっと雰囲気も変わり、みなさんとの会話もはずみます。

20170220-0054-ss_thumb.jpg20170220-0056-ss_thumb.jpg

さて、今日も食事後はお勉強を。
(1)薬草や野草は全て取らないこと。葉や茎の一部だけををいただきましょう。
(2)季節の旬のものをいただくと身体にいい。今日のセリのように。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック