[日々]河津桜が見頃です。

2月16日(木) 骨折で療養中(笑)のうちの奥様と一緒に津久見市四浦半島に河津桜を見に行ってきました。

最初は津久見市立の図書館へ。本の返却を済ませ、新刊本を借ります。

ここの図書館は私の街の図書館とは比べ物になりません。実にいいです。開館当時からずっとお世話になっています。

 

この図書館で河津桜まつりのパンフレットももらい、ちょっと早いですが昼食に。

佐伯市上浦にある「海鮮丸」というお店で海鮮丼をいただきました。ブリ、アジなどがたっぷりのって、これで750円は安いです。

 

20170216-0021-ss20170216-0001-ss

 

 

おなか一杯になって、四浦半島へ。「つくみイルカ島」横を右折し、四浦展望台、深良港、小仁宅、落ノ浦、藏谷、越智小学校と周ってみました。

四浦半島の河津桜、まだ木は若いです。2005年から、この地域の人がボランティアで植え、管理を続けてきたそうです。

道路の両脇に何百メートルも桜並木が続くという風景はまだですが、それでも見ごたえがあります。この週末が最高でしょう。

週末出かける方は車の運転には気をつけて下さい。かなり狭い道もありますし、渋滞になると予想されます。

 

20170216-0003-ss20170216-0004-ss

 

20170216-0010-ss20170216-0011-ss

 

20170216-0009-ss20170216-0015-ss

 

 

客さんが多いです。福岡からの観光バスが2台、県内からのものが1台、それに、クラブツーリズムの観光バスにも出会いました。

 

20170216-0016-ss20170216-0013-ss

 

 

桜を見ながら半島を周ってみると、ところどころに集落があります。こいう辺鄙な場所(すみません)にいつ頃から、どうんな経緯で人が住むようになったのでしょう。

この四浦半島の河津桜、維持・管理がうまくいけば、10年、20年後は、日本でも有数の桜見の名所になっているでしょう。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック