[トリ]今季のベストゲームかと思ったが、、。第26節、対盛岡戦。

10月23日(日)、第26節 対盛岡戦。4-2。

4-0と大きく差をつけられた盛岡の反撃にあっぱれを。

そして、われらの大分トリニータ、勝って勝って勝ち続けて昇格するぞ!

 

10-23-mori0018-ss10-23-mori0016-ss

 

 

遠く盛岡からのサポータのみなさん。

先月、盛岡市に行ったが、九州からは本当に遠かった。

宿泊したホテルで、「グルージャ盛岡のポスターなどかなにかはありませんか?」と聞いてみたところ、「え?」と言う感じだった。

まだまだ地元での認知度は低いようだった。

 

10-23-mori0007-ss10-23-mori0014-ss

 

さて試合。

前半戦、試合開始からずっと大分ペース。今日は3バックのようだが、山口の動きで4バックにもなる。

盛岡はショートパスで反撃しようとするが、そのため左右にスペースが出来てしまい、そこを大分から突かれる。

大分、見ていて気持ちがよくなるほどパスが繋がっていく。

松本昌と姫野がいいねえ。

 

1点目 オウン

2点目 伊佐

3点目 伊佐

 

前半戦で3得点も。しかも試合内容がいい。

今日の試合、今シーズンのベストマッチかと思うと同時に、3-0と大きくリードしていても、後半戦、あっという間に追いつかれ、追い越された試合を直接見たことがあるから安心はできない。

 

後半戦、盛岡が修正してきたようだ。選手たちが大きく展開してきた。

4点目は後藤。

これで、盛岡の反撃の意欲を失い、5-0か6-0位で終わるかと期待した。が、甘かった。(涙)

4点目を取られた後の盛岡の攻撃はみごとだった。決してあきらめない盛岡の選手たちはすごい。

逆の立場であったら、うちのチームはどうなっていただろう。

 

ついに、盛岡から1点目、2点目とGOALされ、4-2に。

後半戦は1-2で負けてるぞ。

ヒヤヒヤしながら試合終了の時間を待つ。

うーん、勝つには勝ったが、危なかった。

 

4-2とされても、アディショナルタイムに大分がGOALて5-2で終わっていたら。

その5点目が伊佐でハットトリックであったならばと、、、。

 

これで1位栃木との差が3点になった。追い詰めてきたぞ。

絶対に負けられない試合が続く。

さあ、勝って勝って勝ち続けて昇格すぞ!

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック