[旅行]みちのく三大半島秘境の旅(10)

第5日目(その1)  9月24日(土)

いよいよ今日はツアー最終日。中尊寺、松島を観光して、仙台空港から福岡空港まで。
バスの走行距離は約250km。

昨夜のホテル(ホテル森の風 鶯宿)は大きなホテルです。朝、庭の散歩をしてみました。


michinoku_0935-ss_thumb.jpgmichinoku_0934-ss_thumb.jpg


07:00 朝食。
好物のクロワッサンとヨーグルトがメインです。
ところが、盛岡名物の冷麺がありました。もちろん、いただきましたよ。
今朝もちょと食べ過ぎか。


michinoku_0937-ss_thumb.jpgmichinoku_0938-ss_thumb.jpg


ホテルの部屋から外を見ると、雲が低いです。
朝風呂に入ってみましたが、昨夜と同様岩手山などの景色は見えませんでした。
このホテルのロビーはなかなか風情があります。


michinoku_0940-ss_thumb.jpgmichinoku_0941-ss_thumb.jpg


08:45 ホテル出発。
ツアーのみなさん、時間をしっかりと守りますので、いつも早め早めに行動できます。

この湖は御所湖でしょうか。
30分ほど走るとあの遠野に行くインターを通過しました。このツアーでは、十和田湖とか八幡平とか田沢湖などのは行きません。
遠野には行ってみたいと思っているのですが、、、。


michinoku_0943-ss_thumb.jpgmichinoku_0949-ss_thumb.jpg


10:15 中尊寺着。
ここでは現地のガイドさん(ボランティアの方かな)が案内をしてくれます。ツアーは2組に別れて、私たちは「バンビちゃんチーム」です。(笑)
旅行から帰ってくるといつも思うのです。ガイドさの説明の要点だけでもメモしておえばよかったと。

月見坂を登って行きます。


michinoku_0951-ss_thumb.jpgmichinoku_0952-ss_thumb.jpg


最初に讃衡藏へ。奥州藤原氏の残した宝物を収蔵しています。
次はいよいよ国宝中尊寺金色堂に。中は撮影禁止です。
いやー、すごいとしか言いようがありません。堂全体が金箔で覆われ、螺鈿や蒔絵の細工が見事です。
奥州藤原氏、よくまあこれだけの財力があったものです。もしかしたら、この周辺が日本の中心になっていたかもしれませんね。
この金色堂を出たところに、幾つかの句碑がありました。
一つは、芭蕉の「五月雨の降り残してや光堂」です。


michinoku_0954-ss_thumb.jpgmichinoku_0955-ss_thumb.jpg


michinoku_0956-ss_thumb.jpgmichinoku_0960-ss_thumb.jpg


次は本堂へ。


michinoku_0967-ss_thumb.jpgmichinoku_0968-ss_thumb.jpg


中尊寺の境内もまた広いです。これだけの財力と敷地があれば義経を匿うことは理解できます。
駐車場に向かう途中に、この付近の景色がよくわかるところがありました。


michinoku_0971-ss_thumb.jpgmichinoku_0970-ss_thumb.jpg


どこをどう歩いたのか。広すぎます。時間をかけてじっくりとまわりたいですが、ツアーでは無理です。
月見坂に弁慶の墓があるというのですが、右の写真のお地蔵さんの奥かな。


michinoku_0973-ss_thumb.jpgmichinoku_0974-ss_thumb.jpg


でも、三つのお寺さんからはちゃんと御朱印をいただいてきましたよ。


michinoku_1092-ss_thumb.jpgmichinoku_1093-ss_thumb.jpg


michinoku_1094-ss_thumb.jpg


11:50 中尊寺発。
最後の観光地松島に向かいます。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック