FC2ブログ

脱トリニータ症候群。対ジュビロ磐田戦

23日、対磐田戦、宿敵ジュビロに初勝利、気分よし!

試合開始後すぐに得点される、試合終了寸前に得点を許すというトリニータ症候群を見事に克服、逆に前半は0点で抑え、38分に松橋選手のゴールで1点先取。これで松橋選手、今期9点目となる絶好調!

後半戦9分にカレン選手から1点入れられる。ああ、また病気が出たかとがっくりくる。続いて21分犬塚先取から2点目、これで逆転される。ああ、今期もまたジュビロには勝てぬのかと思う。ところが、その2分後、23分に高松選手がゴール。これで同点。ああ、このまま何とか試合が終わって欲しい。高望みはしないから、ロスタイムの時に逆転をされる病気が出ないようにと祈る。(何と弱気!) はらはらしながら、終了時間を待つ。(ホントに弱きじゃ!)
ところがところが、試合終了まぎわに高松選手がゴールしたという。
ああ、勝った、勝った。宿敵ジュビロに逆転勝ちじゃ。気分は最高。この試合、トリニータ症候群から完璧に乗り越えた。

夜、BSのサッカー番組でベストシーンのみ見た。特に、3点目の高松選手のゴールはみごと。余裕さえ見えている。
今朝の新聞、各紙とも高松選手をべたほめ。代表に声がかかって欲しい。
地元紙には上本選手が中山選手を抑えこんでいる写真が載っている。いい。
ジュビロの中山選手、39歳の誕生日だっという。この年齢でフル出場している。すごいというか、何というか。TVの解説者になったり、タレントになっても生活できるだろうに未だに現役で活躍をしている。この中山選手や三浦カズ選手は本当に偉い!

我が深谷選手、何か調子がよくないと聞いたが、新聞には笑顔で載っている。一発入れるとふっきれると思うが。心配である。

ヤマハスタジアムでは選手に手が届きそうな位置で応援ができるそうだ。しかも、最高の試合を見られてうらやましい限り。来年は絶対に行こう。

昨日は広島も福岡も勝っている。これで来年も広島行かれる。博多にも行かせてくれ。J2から愛媛が昇格すれば、さらに楽しみがふえるのに。愛媛もガンバレ!


 

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック