[トリ]病みつきになりそう。第12節対SC相模原戦。

6月12日(日)、第12節対SC相模原戦、3-0。

今日は初めてのピッチサイドからの応援です。

ピッチサイドからの写真撮影は禁止だそうです。したがって、試合結果の写真などはありません。

ゴール裏から見る試合とは迫力が違います。選手の声がよく聞こえてきます。芝生の切れ端や選手の汗が飛んできそう。

今日の試合が最初から最後まで緊迫感のある試合だったからもしれませんが、ピッチサイドからの応援は病みつきになってしまいました。

 

 

DSC09890-ssDSC09886-ss

 

 

2ゴールの清本、大分に完全移籍してください。

3点目を入れた伊佐、おめでとう。第11節対藤枝戦、第05節対福島戦とゴールを狙っていたのにチャンスを活かせなっかた悔しさを払拭できたでしょう。

多くのトリサポは伊佐のゴールをずっと待っていました。

上福元は大丈夫かなあ。試合開始直後怪我をした相模原のFWシンバ選手も心配。

それにしても、J3でありながら元日本代表の高松、山岸、それに川口選手同じピッチ上でプレーする姿を見られるとは、すごいことですよね。

 

 

さて、試合前後の様子などを。

今日は、ダイハツ九州スペシャルデーに大分県民デー。何かマックの関係のお店も出ていました。

 

 

DSC09878-ssDSC09887-ss

 

 

DSC09870-ssDSC09885-ss

 

 

相模原のサポの皆さん。ようこそ初めての大銀ドームへ。みなさん、大分市はどこにあるのかご存知でしたか。

私、相模原市は神奈川県にあるとしか知りません。観光名所や名物は何でしょう。(涙)

 

 

DSC09891-ssDSC09894-ss

 

 

今日は、娘2のお姑さんからチケットをいただき、うちの奥様と2人で初めてのピッチサイドからの応援です。

知り合いのAcちゃんとも会えましたし、Niくんからも「お久しぶりです」と声をかけてもらえました。Niくんは毎回ここから応援だそうです。

 

 

試合前、真ん中にジェイリースのビックフラッグ、両方に12番のフラッグが。

あ、今日はダイハツ九州スペシャルデーなのに、ダイハツのフラッグがない。どうしたんじゃろう。

と心配になってきたとたん、選手入場と同時に出てきましたよ。ジェイリースのフラッグと入れ替わるように、ダイハツ九州の巨大なフラッグが、、、。

「なんしよんの。人出が足らんのじゃろうか」とすっと心配でなりませんでした。

すごい演出です、さすがです。Miさん、ごめんね。いらぬ心配でした。

ピッチサイドからは、動画も写真も撮影禁止なので記録に残すことができません。残念。

 

 

試合は開始から最後まで、これが1週間前、対福島で見たあの大分トリニータと同じチームかと思えるほど迫力のある試合でした。

プレスをかけ、ボールを奪い、ボールを持ったら駆け上がる、、、。

山岸の相手選手に対しての身体の寄せ方と入れ方、取られたらしつこく取り戻しににいく姿、落ち着いたプレーなどははさすがです。

目の前で見た清本の足さばきには思わず大きな声で「うまい!」と叫んでしまいました。

レイチェルや岩本の駆け上がりもよかった。

高松はチーム全体の様子がよく見えているよう。こういうのを視野の広い選手と言うのでしょうね。

2点目が入った後は応援する側にも余裕が出てきて、相模原の深井選手が倒された時、「深井、大丈夫か。頑張れ!」と言ってしまった。(笑)

 

 

ピッチサイドから見ると、選手の細かい動きがよくわかります。スタンドからは見えにくいプレーを何度も堪能しました。

試合終了後は選手たちとハイタッチもできたし、次のホーム戦もここから応援しようかな。

さあ、次節はアウェイで対盛岡戦。東京の妹夫婦が参戦です。

最下位のチームだからと言ってなめてかかるといけません。いい試合をした次の試合がグダグダになるのをトリサポは何回も見てきていますから。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック