[日々]鎌倉に行ってきました。

5月31日(火)、鎌倉に行ってきました。
昨日品川駅で別れた孫には、おじいちゃんたちは、これから田舎に帰ると言ってあるので、鎌倉行きは内緒です。


さて、鎌倉観光。前日の夜になって、どこをどう散策しようかと、、。行き当たりばったりです。
うちの奥様がネットを見て、「これ、どう?」と言います。
江ノ電バスの「しずか号」に乗るという考えです。お食事付き1日コースが4000円とのこと。安い。
コースは鎌倉駅-建長寺-鶴岡八幡宮-鎌倉宮-(昼食 御代川)-高徳院(大仏)-鎌倉駅で約4時間30分とのこと。
おお、いいですね。どうせ年寄りの旅では多くは回れません。これで十分です。
早速予約の電話と、、、。ああ、もう夜中です。19:00で予約センターは閉まるのです。
当日直接予約センターに行って見よう。おそらく予約で一杯のはずでしょうが、その時は仕方ありません。別の方法を教えてもらえばいいか。


さて、鎌倉までどのように行こう。
なーに、「Yahoo乗り換え案内」で調べればOK。うちの奥様はiPad 、私はMediaPadを持ってきてます。切符はSuicaがあるし。
都会での旅にはこの2つは必需品です。
はい、新橋駅からJR横須賀線で鎌倉駅ですね。


09:50 鎌倉駅着。江ノ電バス予約センターに直行。
運良く空いていました。予約センターの2人の女性が非常に親切に対応してくれました。
「しずか号」は11:00発。まだ時間がありますので、「小町通」を散策をします。元気な小・中学生がいっぱいです。修学旅行かな。
こ洒落たお店が多いです。私、ここういうお店に興味はありません。奥様のお供に徹します。


DSC09667-ss_thumb.jpgDSC09666-ss_thumb.jpg


DSC09669-ss_thumb.jpgDSC09670-ss_thumb.jpg


時間どおり「しずか号」がやってきました。立派な大型観光バスです。
ところが、、、お客さんが少ない! 19名。今日は赤字でしょう。(笑)


DSC09674-ss_thumb.jpgDSC09672-ss_thumb.jpg


最初は建長寺。鎌倉五山第一位のお寺さんです。ガイドさんが歴史について詳しく丁寧に説明してくれるのですが、私、日本史の知識が根本的に欠けています。
国宝の梵鐘があることと扁額?が畳6枚分の大きさであることだけは理解できました。(涙)


DSC09677-ss_thumb.jpgDSC09679-ss_thumb.jpg


DSC09681-ss_thumb.jpgDSC09682-ss_thumb.jpg


DSC09686-ss_thumb.jpgDSC09825-ss_thumb.jpg


次は鶴岡八幡宮です。ガイドさんから「全国の八幡様の総本宮は大分県宇佐市にある宇佐神宮で、ここは末の末の八幡宮です」という解説を聞き、ちょっとうれしくなり、つい「私達大分から来ました」と言ってしまいました。
ガイドさんは「大分も地震大変だったのでしょ」と心配してくれました。
この階段のちょうど13番目で銀杏の影から飛び出してきた公暁に3代将軍源実朝が暗殺されたのですね。(これぐらいの知識はあります)
この大きな銀杏は平成22年に倒れたため、短く切り取られ元の場所近くに置かれています。階段横には次代の銀杏が育っています。


DSC09702-ss_thumb.jpgDSC09700-ss_thumb.jpg


DSC09697-ss_thumb.jpgDSC09701-ss_thumb.jpg


源頼朝から説得されて(無理強いされたのでしょうね)静御前が舞を披露したという若宮の回廊の側を通って、鶴岡八幡宮にお参りをします。


DSC09698-ss_thumb.jpgDSC09704-ss_thumb.jpg


DSC09706-ss_thumb.jpgDSC09827-ss_thumb.jpg


次は鎌倉宮に向かいます。護良親王をお祀りしている神社です。途中道が非常に狭いです。
鎌倉は1年中観光客が絶えることはないそうです。今日は修学旅行できている小学生を多く見かけます。5月の連休は想像を絶する状況になるそうです。
護良親王に関する歴史背景を絵にしたものがあったのですが撮影禁止です。
親王が幽閉されていた洞窟や親王の首が捨てられていた場所の詳しい説明をガイドさんがしてくれるのですが、、、。(すみません。このあたりの時代の知識がありません。涙)
御朱印の「宮」という字を見てください。口と口の間にあるべきノが描かれていません。神主さんいお尋ねしたところ、明治天皇はノを書かなかったからだそうです。


DSC09712-ss_thumb.jpgDSC09714-ss_thumb.jpg


DSC09716-ss_thumb.jpgDSC09828-ss_thumb.jpg


さあ、お昼です。
このコース、ここでの食事なしを希望すると、2500円だそうですよ。
え、本当にに安すぎます。この料金でお寺の拝観料まで含まれていて、おまけにガイドさんの案内・解説つきですよ。


DSC09727-ss_thumb.jpgDSC09726-ss_thumb.jpg


お腹がいっぱいになったところで、長谷寺に向かいます。
外国のTVクルーが撮影に来ていました。このお寺さんは庭にさく紫陽花と由比ヶ浜を一望できることで有名ですね


DSC09728-ss_thumb.jpgDSC09731-ss_thumb.jpg


DSC09745-ss_thumb.jpgDSC09734-ss_thumb.jpg


DSC09746-ss_thumb.jpgDSC09738-ss_thumb.jpg


DSC09740-ss_thumb.jpgDSC09742-ss_thumb.jpg


DSC09743-ss_thumb.jpgDSC09829-ss_thumb.jpg


長谷寺での集合場所に着くと、ご婦人のグループがガイドさんに聞いています。「バス、今日は利益出るの?」
心配しているのは私だけではありません。
ガイドさんは答えてくれました。「はい出ますよ。10人乗ればとんとんです」
土日は満席になることも多いとのこと。ああ、ちょっと安心しました。
さて、ここから歩いて高徳院(鎌倉大仏様)に行きます。
途中、歩道は人でいっぱい、車もいっぱいです。ガイドさんおすすめのおみやげ屋さんを教えてもらいました。
大仏様、綺麗に修復が終わっていました。胎内にも入ってみました。
大仏様が歩くときに使って欲しいと小学生たちがつくった草鞋が展示されていました。小学生の発想がいいねえ。


DSC09752-ss_thumb.jpgDSC09758-ss_thumb.jpg


DSC09761-ss_thumb.jpgDSC09764-ss_thumb.jpg


DSC09766-ss_thumb.jpgDSC09830-ss_thumb.jpg


ここから再び長谷寺の駐車場に戻って、バスの終点鎌倉駅に行ってもいいし、長谷駅から江ノ電で鎌倉駅に行ってもいいとパンフレットに書いてありました。私達夫婦はガイドさんに了解してもらって江ノ電で帰ることにしました。江ノ電の切符もちゃんと付いていました。


DSC09772-ss_thumb.jpgDSC09771-ss_thumb.jpg


さあ、お土産を買わねばなりません。
先ずは鎌倉土産定番の「鳩サブレ」を。続いて、最近人気だという紅屋の「クルミッ子」を。
ところが、紅屋の若い女性店員さんがヒドかった。何が気に入らないことがあったのでしょうかね。お店に入った時から雰囲気が妙だった。せっかく人気商品だといういうのに、、。
それでもうちの奥様はいったい何十人分のお土産だろうというくらい買い込むのです。(笑)


DSC09767-ss_thumb.jpgDSC09750-ss_thumb.jpg


さあ、江ノ電です。この電車に乗るのは何年振りになるでしょうか。相変わらず民家すれすれに走っています。電車の窓からビワやウメが取れそうです。


DSC09773-ss_thumb.jpgDSC09777-ss_thumb.jpg


15:10 鎌倉駅着。まだまだお土産を買いたいと言うので、駅周辺のお店を見て回ります。
「鳩サブレ」の本店に寄ってみたり、お漬物屋さんに入ってみたりと。
美味しそうなお漬物を見つけたので、お土産にたくさん買おうとしたところ、日持ちしないとか。仕方なく妹のところだけに買うことに。
他にもお菓子類をたくさん買っていました。いいですよ。そのためにリュック背負ったポーターが付いて来ています。
でも、通勤時のあの地下鉄の混み様を考えると、、、。


DSC09781-ss_thumb.jpgDSC09779-ss_thumb.jpg


DSC09782-ss_thumb.jpgDSC09783-ss_thumb.jpg


帰りは今朝きたコースを逆にたどります。
19:00 妹夫婦との約束の場所に到着。都会は交通の便が本当にいいねえ。
これで、今日の一日あ終わった訳ではありません。今から東京ラストナイトです。(笑)

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック