FC2ブログ

対広島戦。広島のみなさん、ありがとう!

8月20日、対広島戦。

今年も広島に家族で遠征。
大分佐賀関港からフェリーで三崎港に渡り、高速で四国松山まで。松山観光港からフェリーで呉を経由し広島宇品港。21日帰りは広島、しまなみ街道を渡って高速松山道をひた走り、三崎港から佐賀関港。ずいぶん時間とお金を使ったルートではあったが、、瀬戸内海を船上から、橋の上から堪能できた。
来年は経費の一番かからないルートを考えよう。



まず、広島でのいろいろ。
DSCF1259-s.jpg・アストラムライン広域公園駅でサンフレッチェの若いサポータ達がトリニータとサンフレッチェのバッジを配っていた。明るく、元気な若者たちで気持ちがよかった。サンフレッチェはサービスがいい。大分も見習わなけば。
・ビックアーチのゴール裏は博多と同じくベンチである。博多より勾配が急であったので、ゲームが見やすい。
・サンフレッチェのサポータが去年よりも多く、また、元気がいい。大きなフラッグも登場した。びっくり。
・サンフレッチェの強力サポのKさんからは、子供にお土産をいただいた。中に「大分トリニータの皆様、ようこそ広島ビックアーチへ。熱い応援DSCF1210-s.jpgで勝ち点3を争いましょう!」という手作りのカードが入っている。涙が出そうになる。
・広島ホーム側下にあった、マツダの電光掲示板が目障りであった。ピカピカ点滅して気になる。あたりが暗くなってから一層目につく。、ゲームの進行に問題がないのであろうか。
・ゲーム終了後、ビックアーチから乗った広島電鉄のバスの運転手さん、非常に親切であった。博多の○鉄に比べると雲泥の差である。広島駅まで交通手段を何度も何度も教えてくれる。
・帰りのバスの中の若い人、駅に向かう途中では高校生らしいグループ、居酒屋では、今風のおにいちゃん、おねえちゃんのグループがトリニDSCF1206-s.jpgータのユニフォームを見て、気楽に話しかけてくれてくれる。気持ちがいい。
・今年も「麗ちゃん」というお店で広島お好み焼きをいただく。めちゃくちゃお客さんが多い。ゆっくり生ビールでも飲みたいなあ。このお店、広島でも人気店だそうだ。
・宿泊したホテル(はっきり名前を書いておこう。JR広島駅横のヴィアイン広島)のスタッフがフロントマネージャーから駐車場の係りの人、掃除のおばちゃんまで皆さんとてもに親切で気持ちがよかった。特にマネージャーの松○さんにはお世話になりました。大分出身とのこと。話がはずみました。

さて、肝心の試合。
0?1で辛勝。

前半も後半も広島におされまくった。去年と違うじゃん。試合開始直から攻めてくる広島に対して、15分頃、数少ないチャンスに松橋選手が1点。最近、乗りに乗ってる感じがする。
前半終了間際に三木選手にレッドカードが。こちらからは何が起こったかわからない。
後半はこの1点を守り抜くのが、大変であった。FWのラファエル選手に代わって、DFの藤田選手が登場。
あれ、藤田選手はトリニータに来たばかりじゃのに。シャムスカ監督が出すのであれば間違いなかろう。
藤田選手、よく動く。サポータからの声援が飛ぶ。三木選手を欠いて10人で戦う。後半戦は広島のディフェンスラインが上がったままで、西川選手の前ばっかしで試合が続く。西川選手が後ろを向かってサポータをあおる。みんなで、選手一人一人をコールして選手の後押しをする。広島からするどいシュートがあるが、西川選手がみな押さえ込んでします。おそらくシュート数で言えば広島が圧倒していたであろう。
ロスタイムが長い、長い。。。。

疲れた、必死で応援した。あわてていたので、深谷ゲーフラの裏を深谷選手に向けていた(ああ、恥ずかしい) 
広島まで時間をかけてきたかいがあった。来年また来よう。
広島サポのKさん、仲間をたくさん連れて九石ドームに来て。大歓迎しますから。


 


 

この記事へのコメント

K : 2006/09/01 (金) 23:46:33

喜んで頂けて幸いです。
お会いする前からトリニータサポーターさんと楽しい交流を持つことが出来、その感謝の意を込めて作らせて頂きました。
次に九石で行われる対戦にはぜひまたお会いしたいです。
その前に11月、アウェー福岡戦の前日に大分まで足を伸ばしてみるつもりですので、もしお時間が合いましたらまたサッカ-談義をさせて下さい。

管理人のみ通知 :

トラックバック