[旅行]孫と一緒にハワイに行ってきました。(8/13)

9月9日(水) 第4日目

今日は一人でオアフ島からハワイ島に行ってきました。
家族からは「単独行動をするの?」と冷たくあしらわれましたが、どうしてもキラウエヤ火山と溶岩台地を見たかったのです。
本当はマウナケアの山頂に行って、日没見て星空観察もしたかったのですが、時間的に無理なことでした。
Na^2子は「おじいちゃん一人で行くのはかわいそうだ」と言ってずいぶん心配してくれたようですが、、、。ゴメンネ。

ハワイ出発前、JTBのオプションツアーとして申し込をましたが、他に参加者がいないということで断られ、娘1がネットでVELTRAという会社を探してくれました。この会社、HISの系列のようです。日本のコンビニからツアー代金も振り込みも済ませておきました。

さてどうなることかと思っていましたが、現地のガイドさんが親切で、その上、動物や植物に詳しく、私としては大満足の1日でした。
この日、私以外の家族は、リムジンを一日借り切って、ノースショア周辺を楽しんだそうです。

08:45 泊まっているホテルのロビーまで迎えに来てくれました。ホノルル空港まで送ってくれます。
09:30 ホノルル空港で往復のチケットを受け取り、搭乗口へ。国内線ですが、パスポートの提示を求められました。ハワイアン航空 182便でハワイ島のヒロ空港まで約1時間のフライトです。
出発は11:23の予定、時間の余裕がありますので、ロビー内をうろうろと。
売店で水を買ったところ2ドル75セント(約320円ほど)もしました。ちょうど日本の2倍ですね。


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06911-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06919-ss_thumb.jpg


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06920-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06929-ss_thumb.jpg


12:15 ハワイ島ヒロ空港着。オアフ島と雰囲気が違います。
現地のガイドさん(日系3世のANDYさん)が迎えに来てくれています。ちょっと強面です。
同行者は10名、私1人参加ですので、一番後に車に乗るようにします。助手席が空いていますので、ここに座ることに。
後でわかったことですが、10人は7人(新婚さんとその家族)+2人(ご夫婦でやはり結婚式に来たとか)+1人(私)の構成。
他の同行者は私のことをさぞ変なじいさんと思ったことでしょう。


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06942-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06944-ss_thumb.jpg


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06943-ss_thumb_1.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06946-ss_thumb_1.jpg


12:30 お昼を過ぎていますので、昼食を。このお店、日系人経営のロコモコ有名店とのこと。
私、こういう食べ物はあまり好きではありませんがしかたないですね。
このロコモコは、サトウキビ畑で働く労働者が手早く昼食をとるために考え出されたものとガイドさんが教えてくれました。


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06950-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06952-ss_thumb.jpg


昼食の後はヒロのダウンタウンの散策です。ファーマーズマーケットに言ってみました。
この市場、現地の人のためにあるためか、観光客は買いにくいです。美味しそうな果物がたくさんあるのに、小分けしたり、食べやすいようにカットして売っているものはありません。珍しいもものあったのに、残念でなりません。


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06957-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06959-ss_thumb.jpg


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06961-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06964-ss_thumb.jpg


次にカメハメハ大王の像を見に行きます。これと同じような像がオアフ島にもありますね。でも、カメハメハ大王はこのハワイ島出身とのことです。
少し時間の余裕もあるということで、近くの公園に連れていってもらえました。綺麗に手入れされた公園です。日本のガジュマルと同じ仲間の巨木があり、気根が垂れ下がっていました。


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06967-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06973-ss_thumb.jpg


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06976-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06977-ss_thumb.jpg


14:00 ビックアイランドキャンディーズ到着。ビックアイランドはこのハワイ島のとこ。ここにあるチョコレート工場の見学です。、特に珍しいものはなかったです。駐車場にカラフルなヤモリがいました。ハワイ島はとコーヒーも有名だそうです。


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06982-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06984-ss_thumb.jpg


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06987-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06989-ss_thumb.jpg


14:30 さあ、キラウエア火山に向かいます。一挙に2000mほど登ります。
前方に、ハワイでありながら山頂に雪の積もった山々が見られると期待していたのですが、今日は雨雲がかかっていました。
高度が上がるにつれて、周囲の植物も変わってきました。この当たりは1日で四季を体験できるとか。

キラウエア公立公園近くになると、いたるところで噴煙が上がっていますが、これはみな水蒸気だそうです。
また、この付近の地面は保水性のない溶岩でできているため、水を貯めるおくことができず温泉はないとのこと。


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06995-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC06996-ss_thumb.jpg


15:00 入園料を払って国立公園内に。
肝心なキラウエアの火口はガスが濃くてよく見えません。残念。


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07027-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07008-ss_thumb.jpg


火口付近にあるジャガー博物館に入ってみました。火山の女神ペレが迎えてくれます。
工夫された展示がいいです。


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07015-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07022-ss_thumb.jpg


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07021-ss_thumb_1.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07023-ss_thumb.jpg

溶岩もいろんな種類があるようです。髪の毛のような溶岩には驚きました。
ここ、プレートテクトニクス理論に基づいたハワイ諸島の成り立ちを解説してあります。ハワイ諸島はちょうどマグマ溜まりの真上にあるのですね。
今も太平洋プレートは年間4cmほど日本の方角に移動しており、ハワイ諸島は日本に近づいているのですが、せっかくできた島も太平洋の荒波に削られてしまい、日本にくっつくことはなさそうです。笑。


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07017-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07018-ss_thumb.jpg



ガスが晴れないので、スチーム・ベントを見てから溶岩トンネルに向かいます。少し雨が降ってきました。
このスチーム・ベントから出る水蒸気を浴びると長生きできるそうです。
ここの近くでこんな植物を見つけました。この島で独自に進化をしてきたのでしょう。


Windows-Live-Writer_test-25_7D47_21500787066_b9204ebcec_o-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07034-ss_thumb.jpg


左の木はオセア・レファといいます。オセアは木、レファは花の意味だそうです。この木と女神ペレのお話も聞かせてもらいました。
女神ペレはなかなか気難しい神様のようですよ。
右の綺麗な花はハワイアン・バンブー・オーキッドといいます。ラン科の植物ですね。これが群生していました。おお!


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07029-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07031-ss_thumb.jpg


16:00 溶岩トンネル(サーストン・ラバ・チューブ)着。
途中、巨大なシダの林を通ります。ジュラシックパークの第1作目はこの近くで撮影されたそうです。
このハワイ島の東側はアメリカで第2番目に雨量が多いそうですから、こういう景観になるのでしょう。
以前行ったニュージランドにもこの林とよく似たところを歩きました。


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07046-ss_thumb_1.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07045-ss_thumb_1.jpg


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07042-ss_thumb_1.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07044-ss_thumb.jpg


17:00 溶岩台地着。溶岩トンネルを出て、高度を下げます。雲の中を抜け、海岸近くに着くと、よく晴れています。
見渡す限り、溶岩、溶岩です。これはすごい。
ここで夕食の弁当をいただきます。時間が限られていますので、食事には期待できません。
溶岩の間にシダの仲間が生えています。
こういう所に最初に侵入してくる、コケ類、地衣類は不思議なことに全くみられません。
このハワイ島の溶岩台地独特の植物群落の遷移があるのでしょうか。帰国したら調べてみることにします。


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07065-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07076-ss_thumb_1.jpg


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07070-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_test-25_7D47_DSC07081-ss_thumb.jpg



Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07087-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07079-ss_thumb.jpg


溶岩台地が海によって浸食されているところです。日本であれば遊覧船がでていることでしょうね。


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07090-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07091-ss_thumb.jpg


17:50 再度キラウエア火山の火口を見に出発です。
何とか火口を見せたいというANDYさんの気持ちが伝わってきます。
18:30 暗くなったジャガー博物館前の駐車場には車が一杯です。昼間来たときよりはるかに人が多いです。
みんな赤く染まった火口が見たいのですが、霧が濃く見えません。
時間が許す限り粘ってみたのですが、女神ペレのご機嫌が悪かったのでしょう。


Windows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07093-ss_thumb.jpgWindows-Live-Writer_e36dbb1d04db_BB82_DSC07103-ss_thumb.jpg


さあ、帰ります。ANDYさんの運転は丁寧です。お客さんを飽きさせないように最後までいろんな話をしてくれます。
ここハワイ島は広島県から移民してきた人が多いとか。ANDYさんのご家族は山口県出身だそうです。

20:10 ヒロ空港着。ここでANDYさんとお別れ。
21:00 ヒロ空島発。
22:00 ホノルル空港着。空港出口でお迎えが来てくれてます。私、ここで他の同行者より5分ほど遅れてしまいました。みなさん心配してくれていたようです。
別に空港で迷ったわけでもなく、飛行機の座席が私だけ一番後ろで、おまけに、車いすのご婦人が前にいて、なかなか進めなかったのです。

22:45 無事ホテル着。
ハワイ島、実際は約半日でしたが十分楽しめました。次回は他の島にも行って見たいと思いましたが、もう無理でしょう。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック