[日々]権兵衛が種まきゃ烏がほじくる。

4月21日(火)、ここ最近の我が家の畑の様子をレポート。

昨年までは、トウモロコシが食べ頃になる時期をみはらかってカラスがやってきていたのに、今年は春からカラスによる被害を受けています。

「権兵衛が種まきゃ烏がほじくる」という俚諺がありますが、まさにそのとおりのことが起っています。

 

雑草予防や地温を上げるために、黒マルチをしてスイートコーンの種子を蒔き、発芽して5cmほど子葉が出たとたん、カラスがほじくり返して、種子の部分だけを食っているのです。

カラスのやつ、なかなか賢いです。子葉の元には種子が必ずまだついているわけですから、能率良く種子を探すことができるのです。

インゲンマメも全く同様にやられました。種子の部分だけを食べて、子葉や茎の部分は地面に転がしたままです。頭にきますね。

 

スイートコーンとインゲンマメに味をしめたののか、ズッキーニも掘り返しています。昨日は、キュウリまでも見事に掘り返していました。もう呆れるばかりです。

ズッキーニやキュウリを掘り返しても食べるところがないでしょうに。権兵衛(私です)に嫌がらせをしているのか、それともおちょくっているのでしょうかね。

 

今日午前中、カラス対策として、畑の上にテグスを張っておきました。果たして効果はあるしょうか。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック