[日々]「アンデスの聖なる力」

3月31日(火)、畑仕事が続いています。ぼつぼつトウモロコシを植えねばなりません。昨年は4月9日に種を蒔いています。

昨年はスイートコーン(キャンベラ99)とポップコーン用のものと2種類を育ててみましたが、台風で倒れ、最後は野生動物保護に貢献しただけに終わり、家族の口に入ったものはごく少量でした。

でも、めげることなく、今年もしつこく植えるのです。

 

今年は何か面白い品種をと探してみました。

そうだ。ペルー出会ったジャイアントコーンがいい。

 

これです。お土産に買って帰りました。フライにして香辛料を振りかけています。粒は確かに大きいです。

写真のジャイアントコーンは黄色い粒ですが、生は白で、茹でたものが食事にでたのですが、普通のトウモロコシの味でした。

マチュピチュ村の市場で現地のあばあちゃんが丸ごと売ってましたよ。あの時、写真を撮らせてもらえばよかった。

 

 

DSC04639-ssDSC04643-ss

 

 

先ほどからネットで探しているのですが、加工した種子はありますが、いわゆる「種」として販売しているところはまだ見つかっていません。

ジャイアントコーン、ペルーでさえも特定の場所でしか実が大きくならないそうです。その場所はウルバンバ。標高が3000m程のところです。

ここで「アンデスの聖なる力」を受けて直径が2cmにもなる実に育つらしいのです。

ウルバンバ、通りました。クスコからマチュピチュ村へ向かう時にバスで。現地ガイドさんが、確かに「ジャイアントコーンの名産地」ですと言ってました。

 

そうか。ではたとえ「種」が入手できても、うちの畑には「アンデスの聖なる力」は働らかないだろうからダメか。(涙)

でも、植えてみたいです。うちの畑で発芽するのかどうか、果たして実がつくのかどうか、粒が大きくならない時はどれくらいの大きさになるのか。

ジャイアントコーンは実が8列しかない(普通のトウモロコシは16列)そうですが、うちで植えたら果たして何列になるのか。

「アンデスの聖なる力」とはいったいなんだろうか。ウルバンバの土地に何か特殊な塩類でも含まれているのだろうか。興味がつきません。

どなたか、ジャイアントコーンの「種」を入手できる方がいましたら教えて下さい。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック