[トリ]なかなか勝てません。第04節、対ジュビロ磐田戦。

3月29日(日)、第04節、対ジュビロ磐田戦。1-2。

なかなか勝てません。J2で未勝利は大分トリニータだけになってしまいました。ああ。

今日の試合も決して悪い内容ではなく、選手たちは真剣にやっていることはよくわかるのですが、何か「運」や「つき」にも見放されているようでなりません。

 

さて、今日のシステムは3-1-4-2。ジョンヒョンのワンボランチなど初めてでしょう。ダニエルがどうも怪我らしい(メンタル面ではないかと、うちの家族は心配しているのですが)で帯同もしていないし、相手が磐田ということもあっての、監督の「秘策」なのでしょうか。

坂田が復活、サンペイがサブに。2人ともおめでとう。新規加入の永井、トリサポに挨拶代わりに一発を。

磐田にはフジたん(藤田選手)にデカ(森島選手)、それにツボちゃん(坪井選手)がいる。ツボちゃんは久しく見ていないが。

お、デカの子どもさん、可愛いなあ。

 

前半戦。磐田のペースで試合は進む。磐田のCKが続き、うちは防戦一方。左側からの攻撃が多いなあ。

大分はカウンター狙いというのはよくわかるが、パスミスが多すぎますよ。

磐田のサポが点が入らないのでイライラしているだろうなと思っていたところ、、、。

36分、GK武田のパンチングで跳ね返ったボールをボレーシュートで決められてしまった。あと一歩武田が下がった位置にいれば防げただろうに。

まあ、宮崎選手がうま過ぎました。

このプレーに刺激されたのか、西からのパスを受けた永井が決めた。

と、大喜びしたところ、オフサイドの判定。これ、オフサイドではないと思うが。何か「つい」ていないなあ。

今期、西の頑張りは見事です。今日も42分、西がドリブルで上がってくる。この時、後藤も安川も上がってきている。西が風間にパス、風間ゴール。

これで1-1。今日、ひょっとしたら大金星になるかもしれない。

 

後半戦。4分、始まったばかりなのに坂田が削られる。坂田から山口に。坂田、不運じゃなあ。

磐田のCKが多い。駒野選手が右に左に忙しい。しかし、駒野はうまいなあ。大分はよく攻撃に耐えているが、なんかやられそう。

TVからの応援だが、ドキドキするかというチリチリするというか、、、。日本代表戦を見ていた時の方が遙かに楽でした。

65分、松本怜に替わってサンペイ登場。うちの妹が狂喜しているだろう。サンペイ、妹の目の前で決めてやってくれ!

78分、風間からエヴァ。

87分、エヴァが与えたフリーキックを小林選手に決められた。1-2。小林選手、うまい。

元日本代表が何人もいる磐田ですがチームとしてというよりはむしろ個人技が光るチームのようだ。

アディショナルタイムはずっと磐田がコーナーでしつこくボールをキープ。大分の選手がいらついている。でも、勝つためには「ドロ臭く戦う」というのはこういうことをいうのだろう。

93分、エヴァが抜け出した。GKと一対一に。これで2-2で終了のホイッスルと思ったが、、、。

ちょいと右か左にボールを蹴って、GKをかわせなかったのだろうか。

 

この試合、選手たちはよく戦ったと思う。あれだけたくさんのCKにもよく耐えていた。でも、負けは負け。

一回勝てば調子づくと思えるのだが。(身びいきかなあ)

 

次は4月1日(水)の対岐阜戦。

ウイークデーで観客は少ないと予想されるが、こんな時には年金トリサポが頑張る時。仕事で参戦できない若者サポに替わって、大きな声で選手の後押しをしよう。

おっと、岐阜と言えば、我が深谷に宮さん、高木がいる。深谷ゲーフラ、持って行こう。(笑)

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック