[旅行]ペルーに行ってきました。(0)

2月10日~2月20日まで、阪急交通公社の「憧れの南米3大絶景11日間」というツアーで、マチュピチュ、イグアスの滝、ナスカに行って来ました。

いつかは行ってみたいと思っていた南米です。でも、仕事をしている時には、1週間、2週間の長期休暇は取れるものではありません。定年退職してやっと時間だけは自由に使えるようになれました。

ツアーの募集時期もちょうどいいのです。サッカー開幕戦には間に合います。おまけに、このツアー、初めから、成田-バンクーバー間の往復はビジネスクラス利用となっています。

もう年齢から見てこれが最後のチャンスになるかもしれません。高齢者にとって、南米は遠すぎるのです。

 

うちの奥様は体力に自信がないというので、今回は留守番。2月の一人参加大歓迎出発日は10日、19日、23日のようです。

11月25日、旅行社に電話。2/10はキャンセル待ち3名、2/19は2名、2/23は催行未決定で申し込み3名とのこと。結構人気があるようです。2/19のキャンセル待ちに加えてもらうようにお願いしておきました。

次の日、ネットで調べてみると2/10が△になっています。すぐに電話すると、「1名の空きがでました」とのこと。2/10出発で申し込み完了。

 

12月6日に旅行社から関係書類到着。具体的な手続きを始めます。

イグアスの滝に行くにはブラジルに入国しなければなりません。ブラジル入国にはVISAが必要とのこと。旅行社にお願いしましたが、提出書類が面倒でした。写真の映り方も細かい指示があったり、預金残高25万円以上(笑)の通帳のコピーが必要だたり、、、、。アメリカ入国のEAST認証手続きもついでにお願いしました。

 

 

出発まで時間の余裕がありましたので、ペルーに行った人の旅行記をいろいろ読んでみました。

みんな高山病の予防を書いてあります。そうかクスコなどは標高3000mを超すからなあ。病院で高山病予防の薬を処方してもらうようにとのアドバイスもあります。

日焼けや虫除け対策を十分にとか、夏でも長袖や防寒具も持っていったほうがいいとか、雨具は必須だとか。

添乗員さんからはポカリスエットの粉末を持ってきて下さいと言われたり、、、、。高齢者が遠くに行くのです。薬類などもたくさん準備しなくてはなりません。

 

さあ、準備万端、装備は完璧にできましたよ。

でも、実際に行ってみると、、、。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック