[日々]「吉四六さんの八十八カ所巡り」に行ってきました。

11月22日(土)、「吉四六さんの八十八カ所巡り」に行ってきました。

この催し、今回で9回目、私、昨年に続いて2度目の参加になります。

今年も、主催者の野津町商工会婦人部のご尽力でいい経験をさせてもらえました。

 

 

大分県臼杵市野津町には明治時代につくられた八十八カ所のお地蔵様が祭られています。今回はそのうちの10カ所を巡ります。

 

 

DSC02260-ssDSC02261-ss

 

 

08:45 受付の始まりです。参加料は500円、一つひとつ手作りの杖をいただきました。

 

 

DSC02190-ssDSC02188-ss

 

 

婦人部代表の方は「おへまさん」の格好で先導してくれます。最後尾はイケメンの「吉四六さん」たち。

途中、若い方が交通整理などお世話をしてくれます。このイベント、事前準備がそうとう大変なことがわかります。

 

 

DSC02194-ssDSC02192-ss

 

 

09:46 野津町中央公民館を出発。46分という中途半端な時刻になっているのは、「吉四六さん」ですから46分らしいのです。(笑)

第0番札所のご本尊は「ぴんころ地蔵」

あ、ぴんぴん生きてころっと死んでしまうことをお願いするのですね。私、しっかりとお願いしてきましたよ。ぴんぴんころり、理想的です。

 

 

DSC02201-ssDSC02200-ss

 

 

昨日までの雨もすっかり上がり、青空も見えてきました。

全く見知らぬ人の中での参加かなと思っていたところ、知り合いがたくさんいました。

「ひまわり」のままさん、病気をしたと聞いていましたが、相変わらず元気がいいです。

紅葉の中を普現禅寺に向かいます。

 

 

DSC02206-ssDSC02208-ss

 

 

一番札所のご本尊は「釈迦如来」、八十八番札所は「薬師如来」、普現禅寺にあります。

 

 

DSC02212-ssDSC02216-ss

 

 

二番札所「阿弥陀如来」

 

 

DSC02214-ss

 

 

途中、休憩所があって、お茶やお漬け物のお接待が受けられます。

ハヤトウリのビール漬けが美味しいので、レシピもいただいて帰りました。

昨年、ハヤトウリをお土産としていただき、うちの裏の畑に植えていたたところ、秋にたくさんの実をつけています。

 

 

DSC02219-ssDSC02220-ss

 

 

八十七番札所「正観世音」

すみません。不信心な私は、仏様の名前も、どんな仏様かも全くわからいのです。(涙)

だだ、お願いするのは孫の健康だけ。

 

 

DSC02222-ssDSC02223-ss

 

 

八十六番札所「十一面観世音」

 

 

DSC02226-ssDSC02227-ss

 

 

JAおおいた野津町地域本部付近に、甘太くんをつくる巨大貯蔵庫がありました。

野津中学校の裏にも、お接待が。お芋は「紅あづま」、これが甘太くんになるそうです。

 

 

DSC02232-ssDSC02236-ss

 

 

吉四六ランドを左手に見て、次は五番札所へ。

五番札所のご本尊は「地蔵尊」、ちょっとわかりにくい場所にありました。

 

 

DSC02242-ssDSC02240-ss

 

 

野津の広い畑を見ながら進みます。この付近、りっぱなお家が多いです。

七番札所「阿弥陀如来」

今日は野津小学校の子どもさんと保護者がたくさん参加されています。

 

 

DSC02243-ssDSC02246-ss

 

 

最後の休憩場所。

 

 

DSC02247-ss

 

 

六番札所「薬師如来」

民家のすぐ隣にお祭りされていました。

 

 

DSC02249-ssDSC02251-ss

 

 

今回の最後は、野津町中央公民館のすぐ近くにある、三番札所「釈迦如来」。

 

 

DSC02254-ssDSC02257-ss

 

 

中央公民間に戻ってくると、商工会婦人部の方が昼食として、野津産のお米を使ったおにぎりと、ぴんからうどんを用意してくれていました。

その後、方言クイズがあったり、抽選会があったりといたせりつくせり。

私、今年も当たりましたよ。去年は「シャコバサボテン」、今年は野津町名物の「うず巻」が。不信心なのに、すみません。

 

 

DSC02266-ssDSC02264-ss

 

 

というわけで、10カ所の札所を無事に巡りました。約7kmを歩きましたが、いい天気にも恵まれ、楽しい一日でした。

こころのこもったお世話をしてくださった野津町のみなさんに感謝しています。来年も参加させて下さい。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック