FC2ブログ

上位食いに失敗!、対川崎戦。

素人が書く対川崎戦。 専門家はこの試合をどう見るたのだろうか。
言いたいことを先に書く。
(1)川崎よ、首位のチームらしい試合をせよ。トップチームのプライドを持って、いいプレーを、トリニータサポータに見せつけやる位の気迫が欲しかった。
(2)試合は2チーム+審判でやる。家本主審よ、試合の流れを中断さえないでくれ、試合をきちんとコントロールしてくれ。
(3)サッカーはある面格闘技、カッとなることはいいが、すぐに冷静になって、試合を続けよう。トリニータ、川崎の策にはまった感じがする。
(4)迫力のある試合であった。後半戦は首位のチームを圧倒した。上位食いができると思ったのに、ちょっと失敗。




川崎は、トリニータをなめてかかっていたのだろう。でも、対新潟戦、対浦和戦でいい試合をしており、上位食いのチームであることも知っているはず。

前半戦、川崎ペースで試合が進む。が、川崎がなかなか得点できない。焦っているのがよくわかる。ちょっと接触すると川崎の選手はよく転ぶ。すると主審がファールを取ったり、取らなかったり。両チームがイライラしだす。こりゃ何かが起こりそうだといやな予感がする。
川崎がやっと得点。すると前半戦終了間際にトォーリオが見事な1点を入れる。川崎ますます焦ってくる。 見ていてよくわかる。

後半戦。シャムスカ監督がどんな指示を出したのだろう。見違えるようにトリニータが走り出す。いい。こりゃ勝てそう。何か運もトリニータ側についているようなだ。

川崎が何とか試合の流れを自分の方に向けようと、何かしらちょtこちょこしだす。「首位チームじゃろうが、堂々と勝負しろ!」とオッパーはついに叫んでしまった。
家本主審に対しては大分のサポータは不信感を抱いている。川崎のサポータもそうらしい。当然、両チームの選手達も信頼を置いていないだろう。主審は試合をコントロールできなくなってしまう。川崎の関塚監督が退場、上本選手も退場。武闘派上本選、ここは冷静に対処すべきであったのに。

10人での戦い。でも、トリニータはひるまない。最後の最後まで押していた。高橋選手、西山選手、おしい。あと一発で食ってたのに。高橋選手は相当に悔しかったのあろう。試合後涙していた。トォーリオ選手、おめでとう。いつも地道に働いてくれてありがとう。今日は本当によかった。

我が深谷選手、頭にテーピングをして、走りまわる。この迫力、いい! 
8月12日には博多で深谷ゲーフラを掲げようと思っていたが累積で出場できないという。残念。

このところトリニータはいい試合を続けている。お金持ちで有名選手をたくさん抱えているチームよ、トリニータをなめたらいけんよ。堂々と勝負しなさい。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック