[トリ]湘南はすごい! 第08節、対湘南戦。

4月20日(日)、第08節、対湘南戦。0-4。

前節対千葉戦で6-0と大勝し、7戦連勝中の湘南との戦い。

下手すると千葉の二の舞になるかもしれないと危惧していたが、4点で終わってよかった。(涙)

これで湘南は開幕8連勝、その上、大量得点をしている。湘南はすごい!

 

 

現地も寒いようだ。だれかさんのゲーフラがTV画面一杯にアップされる。今日も元気に夫婦で応援に来ている。

スタメンを見ると、高松がベンチにも入っていない。どうしたのだろうか。

ここ数年、選手の入れ替わりが多く、大分トリニータを象徴する選手が少なくなってきている。観客数がじり貧になってきている原因の一つでもあろう。高松、頼むぜ。

 

 

試合開始と同時に湘南の選手は走る走る。その上、体つきも大分の選手たちより一回り大きい。

湘南のプレスがきつい。2、3人でくることもある。後ろからも足を出してボールを奪う。息つく暇もなく湘南は攻撃をしかけてくる。

しかし、前半半ばまでは大分の選手も負けてはいなかったと思う。

結局、為田、松本怜、末吉の決定的なシュートもあったが、いずれも枠さえとらえることができず無得点。

湘南は、大槻選手の実にに見事なミドル、アディショナルタイム(1分)にコーナーキックからゴール前でごたごたして遠藤選手に決められ2点を献上。

 

 

TVの解説者によると、湘南7連勝の勝因は、「降格の悔しさ」と「J1昇格への意地」だそうだ。

大分だって、「悔しさ」や「意地」はあると思いたいが、、、。

そう言えば、2年前のプレーオフの時、「大分県民のために戦う」とか「俺たちは背負っているものが違う」などよく言っていたが、J1に昇格してから、J2に降格した今シーズン、監督からも選手からも、このような言葉は全く聞かれなくなってしまったなあ。

 

 

「0-2」は危険とよく聞く。全くどうしようもない試合をしている訳でないので、奇跡の大逆転を期待するが、後半の早い時間に3点目を岡田選手に献上、これで試合が決まったようだ。後は何とか1点取って、現地応援組、TV観戦組を喜ばせて欲しい。

湘南は3点取っも湘南は全く手を抜いてこない。しかし、木村が入ってきてから再び動きがよくなってきた。得点が期待できそうである。

伊佐、伊藤とおしい場面があったが、31分、4点目をウエリントンに決められてしまう。

湘南、もう言いようがありません。ゲームの展開が早い、うまい。隙あらば打ってくる。

結局、0-4で完敗。何とか1点取って欲しかったが。

 

 

対湘南戦。大分が箸にも棒にもかからないような試合をした訳ではないと思う。

しかし、この大差の原因はどこにあるのだろうか。ただ単に個の力の差だけなのだろうか。

 

 

 

さあ、気を取り直して。

ゴールデンウイークです。富山、長崎、福岡、松本と試合が続くが、全部行くぞ。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック