[旅行]ニュージランドに行ってきました。(4)

第4日目 3月1日(土):(その1)

世界遺産ミルフォードサウンドの観光をします。夜は昨夜できなかった星空鑑賞の予定です。

今回の旅行で一番楽しみにしている1日。お昼には天気もよくなるそうです。

 

 

07:00 ホテル出発。朝早いので、朝食はサンドイッチで簡単に済ませておきます。バスの中では飲食ができません。

バスで片道5時間半、約300kmを走り、観光後はクイーンズタウンに戻ってきます。強行軍ですぞ。

クイーンズタウンはワカティプ湖の湖畔にある街です。バスは最初この美しい湖を右手に見ながら疾走します。たまたま左側に座ったので、湖の写真を撮ることができませんでした。

左側にクイーンズタウンの空港が。小さな空港です。

この季節、すでに冬用の牧草の準備は終わっています。ニュージランド(NZ)と言えば、広大な緑の牧草地に、真っ白い羊がのんびりと草を食んでいるというイメージですが、意外と羊が少ないのです。現地のガイドさん(日本人女性)の話によると、近年、羊の飼育数が激減しているとか。羊毛の価格が下がってしまい、羊の飼育では採算がとれないそうです。そのかわり、最近は、肉牛や鹿の飼育が主流となっており、特に、鹿はその肉をドイツに輸出し、利益をあげているとか。

NZのイメージが変わりつつあります。

 

 

P1070700-ss P1070708-ss

 

P1070710-ss P1070712-ss

 

 

途中、キングストン、ガーストン、アスロ、モスバーンという人口200人~500人ほどの小さな町を通過、テアナウという町で休憩します。テアナウまで、外で働いている人など全くいません。とにかく人を見ないのです。

キングストンは蒸気機関車キングストン・フライヤー号で有名な町。しかし、運行は昨年で中止となり、線路と駅舎しか残っていません。ガーストンはNZでもっとも内陸にある町、モスバーンはNZで鹿の飼育が最初に行われたところだそうです。

 

 

09:10 テアナウ着。ミルフォードサウンドへの観光客で成り立っているような町です。ここからミルフォードサウンドまで約120kmをミルフォードロードと言います。ここから先にはガソリンスタンドがありません。途中でガス欠になったら大変です。

町のシンボルとなっているタカセという鳥の大きな像がありました。タカヘは絶滅寸前の飛べない鳥で、NZの固有種です。

NZでは2番目に大きいテアナ湖が綺麗すぎます。

おっと、トイレを借りたお土産屋さんで日本人女性が働いていましたよ。

 

 

P1070724-ss P1070718-ss

 

P1070719-ss P1070721-ss

 

 

09:45 テアナウ発。ミルフォードサウンドまで、途中何カ所か観光していくらしいです。

10:30 エグリントンフラット着。 かって、皇太子殿下がここで記念写真を撮られたとか。恐れ多い場所で私たちも1枚。

残念なことには、花の姿が見られません。来る時期がちょっと遅かったようです。

 

 

P1070732-ss P1070733-ss

 

 

10:40 ミラーレイク着。この湖は非常に綺麗なので、周囲の山々が鏡のように水面に映ることから名前が付きました。

「Mirror Lakes」という看板もわざわざ逆さ文字にして書いてあります。

 

 

P1070736-ss P1070741-ss

 

 

湖にそって遊歩道が整備されていて、NZの森の一部を見ることができます。ちょっと中に入って見たいのですが、、、。

ブナの仲間を中心にした森のようです。ドイツで見たブナと明らかに違います。ガイドさんに聞いてみると、赤ブナと銀ブナといいます。日本のブナより葉が小さいです。

 

 

P1070738-ss P1070739-ss

 

 

10:55 ノブスフラット着。 この国立公園の管理人宿舎とビジターセンターがあります。建物の中に、ポッタムという有袋類の写真が貼ってありました。

 

 

P1070747-ss P1070748-ss

 

 

11:30 モンキークリーク着。 見事なU字谷を見ることができます。すぐ側に小川があり、冷たい綺麗な水が流れています。この水を飲むと、寿命が5年延そうでうです。夫婦揃って2口も飲んでしまいました。娘達よ、許せ!

 

 

P1070757-ss P1070760-ss

 

 

11:45 ホーマートンネル着。NZに来て初めてのトンネルです。1219mの相互通行なので、信号待ちをします。

中は狭く、暗いです。日本ではこんなトンネルはまずないでしょう。

トンネルを出ると、一挙に下り道になります。道路工事で働いている人を見かけました。何かホッとしたのです。

トンネルを出て振り返ると、絶壁になっています。このトンネルができるまでは、人々はこの崖を上り下りしたそうです。

 

 

P1070767-ss P1070776-ss

 

P1070771-ss P1070773-ss

 

 

12:00 キャズム着。ミルフォードサウンドへ向かう道で最後の観光場所です。このあたりは、NZで一番雨が多い地域らしいです。強大な木生シダの群落があります。空中の水分を吸って育つコケの仲間も多いです。NZの南島南緯45°ほどにありながら、いくら降水量が多いとはいえ、こんなにシダが多いのは何故かよくわかりません。

遊歩道の途中でシダの新芽を見つけました。エアニュージランドの尾翼に書かれているマークはこれをデザインしたものですね。

 

 

P1070777-ss P1070779-ss

 

P1070780-ss P1070781-ss

 

 

12:40 ミルフォードサウンド着。クイーンズタウンのホテルを出てから5時間半。予定通りです。

これから13:00発のクルーズ船に乗ります。

 

 

P1070785-ss P1070787-ss

 

 

(その2に続く)

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック