[旅行]ソウルに行ってきました。(5/5)

10/20(日)、12:20まで自由行動で、16:20発の便で大分に帰ります。

ソウルタワーに行きたいという人がいたので、ソウルタワーから南大門というコースにします。

 

 

ホテル周辺は朝早くから警察官が多いです。交通整理をしています。市民マラソンが催されているのですね。

韓国は経済的に今かなり厳しい状況にあると聞いていたのですが、まあ、一般市民は楽しく生きているように感じました。

あ、ここのマクドナルド店、出前をするのですね。こんなバイク、初めて見ました。

 

 

P1060920-ss P1060924-ss

 

 

P1060926-ss

 

 

ソウルタワー(Nソウルタワー、南山タワー)までなるべく早く着きたいので、タクシーを利用。韓国のタクシー料金、日本に比べて安いです。つい最近、初乗りの料金が値上げされたそうですが、それでも安い。

9:00ちょっと前、ケーブルカー乗り場到着。あれ、始発は10:00か。9:00からと思っていたのに。

駐車場にいたおじさんがバスで頂上に行けると教えてくれる。確かに向こうにバス停があります。

バス停に行くと、韓国人ご夫婦がいました。「このバスでいいですよ。私たちも行きますから」と英語で。韓国で乗り合いバスに乗るのは初めての体験です。ちょっとドキドキ。

9:00に時間通りバスが来ました。バス停にいたおばちゃん達が割り込んできます。さすが韓国。

あ、T-Monyカードが使えるようです。日本のSuicaと同じような仕組みですね。今度韓国に来るときは買っておこう。タクシーにも使えるようだから。バス賃は日本円で90円。安いなあ。

このバス、すぐに頂上に向かうかと思ったところ、どんどん町中へ向かっています。大丈夫かなと不安になりました、例のご夫婦も後ろに座っていますので大丈夫なのでしょう。

そうか、Nソウルタワーのある南山をぐるっと時計回りに1周しているのか。20分ほど走ってNソウルタワー着。

途中、多くの人がウォーキングやジョギングを楽しんでいます。これが韓国人の言う「ウエルビン」か。

韓国人ご夫妻に「コマッスムニダ」とお礼を言って下車。Nタワーまでの道は整備されていました。

 

 

P1060927-ss P1060928-ss

 

 

  P1060931-ss P1060932-ss

 

 

10:00からタワーに登るチケットの販売があると書いていますが、登る人は少ないようです。私たちも時間の関係で登りません。

以前来た来た時とはずいぶん様子が変わっています。

これが有名な「愛の鍵」か。うちの奥様が言います。「あ、もう錆びちょん。あ、これ、鍵があいちょん」(笑)

韓国人はこういうのが好きですね。でも、中には、3、4個程ぶら下げている人もいるでしょうね。

 

 

P1060933-ss P1060935-ss

 

 

帰りは、ケーブルカーで降ります。でも、これ、ロープウェイと思うのですが、、、、。

別府の鶴見山にあるのがロープウェイ、ラクテンチにあるのがケーブルカーですよね。韓国では、ロープウェイをケーブルカーというのでしょうか。

 

 

P1060938-ss P1060942-ss

 

 

奥様たちは、もうウォンが無くなったようです。みんなで都合しあってタクシー代は何とかなりました。南大門で両替しないと。

南大門、ここも以前に比べて活気が無いような感じがします。日韓の関係がこじれてしまい、日本からの観光客が少なくなっているせいもあるのでしょうね。お隣どおしの国、そんなにいがみ合うことはないでしょうに。

 

 

P1060944-ss

 

 

12:20 ホテルから空港に向かいます。例のごとく空港近くのお土産品店に立ち寄ります。

空港で2人のソンセンニムとしばらくお別れです。お2人は仕事の関係ですばらくソウルに滞在します。

今年、台湾に行ったとき、荷物検査でリュックを忘れたことに気がつき、皆さんに心配をかけてしまいました。今日はちゃんと確認しましたよ。

ところが、ハプニングが。預ける荷物が重量オーバー。追加の料金50000ウォンも取られてしまった!

ははは。マッコリを9本も入れるものではありませんね。(涙)

 

 

P1060949-ss P1060955-ss

 

 

17:55 予定通り大分空港着。

みなさんが入国審査を受け、荷物を受け取ろうとするところを写真に撮ってたら、警備の係の人から「写真は遠慮して下さい」と言われてしまいました。今までの旅行で初めてのことです。何がわるいのかなあ。

 

 

さて、たった2泊3日の旅行でしたが、楽しかったです。韓国では、日本語でほとんど用が足りるので、韓国語はお礼をいったり、道を尋ねる時にしか使いませんでした。と言っても、まだ複雑なことは理解できないので仕方ありません。Muさんのようになるまでには私の寿命が尽きてしまうでしょうね。(涙)

3人の先生方、先生の友人のみなさん、それに同行のみなさんお世話になりました。

来年度は済州島で研修ですよ。(笑)

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック