[トリ]劇的初勝利! 第12節、対新潟戦。

5月18日(土)、第12節、対新潟戦。3-2。

やっと、やっと勝てました。しかもアディショナルタイムの最後の最後に土岐田のシュートで逆転。トリニータにもこんなことが起こるのですね。

試合後、現地参戦の妹夫婦の姿がTVに。妹、号泣しています。つられてこちらも涙が。

今日、この時間、どれだけのトリサポが嬉し涙を流したことでしょう。さあ、今夜は久しぶりに勝利のお祝いをするぞ!

 

 

今日は大分市内某所のマンションで娘2とTV観戦。妹夫婦は新潟に。

NHKの解説は、先日大分空港でお会いした宮澤ミシェルさん。あの○辻軍団もたくさん来ているそうです。辻尾は怪我で帯同もしていないというのにありがたいことです。その他、ネットワンシステムやジェイリースの関係者も来てくれているそうです。嬉しいねえ。チームが苦しい時にずっと支援してくれているたくさんのスポンサーのためにも早く勝利を。

 

 

試合はずっと押され気味。守備に追われ、なかなか攻撃ができないのか、それとも守備を固めて、攻撃のチャンスを狙っているのか。

8分、9分と高松、マンシャがヘッドで決めようとするがゴールできない。12分、丹野の見事なセーブで川又選手のシュートをつぶす。前節ハットトリックをきめた川又選手の自信にあふれたプレーが目立つなあ。

39分、おおお! 若狭がヘッドで決めた。木村からのクロスにうまくあわせた。DFの若狭が前線によく残っていた。若狭、プロ初ゴール。今日のヒーローインタビューは若狭にさせよう。さあ、気を抜かずに、今日こそ勝とう。

 

 

ハーフタイム時に地震のニュース。また巨大津波が襲ってくるのではないかと心配である。

 

 

後半10分、金根煥選手と大井選手が激しく接触。2人とも起き上がれない。お互い頭を強打しているようなので大事にならなければいいが。

替わって入ってきた坪内選手、ピッチに入ってくる時に大分の選手達にタッチ。坪内選手、いいねえ。あれ? 菊地選手は元気にしているのだろうか。

後半も新潟にボールを支配されている時間が多い。おお、丹野が今日も絶好調。

21分、達ちゃん(田中選手)にやられた。丹野が一度は相手のヘディングシュートを防いだのに。達ちゃんは新潟移籍後初ゴールらしい。何か、大分相手に「なんとか発ゴール」が多いなあ。大分は相手選手に自信をあたえるチームなのか。(涙) 1-1。

でも、今日の試合、このまま終わるような雰囲気がしない。松本昌など若手が頑張っているもの。

28分、土岐田、おしい。これは決めて欲しい。

35分、高松GOAL。森島からのボールをうまく処理。高松ならではのプレー。さすがである。2-1。

これで決まりか。後10分ちょっと。全員引いていいから守れ!

でも、勝利の女神はなかなか大分に微笑みかけてはくれなかった。

アディショナルタイムは8分。直後に、レオ シルバ選手に見事にやられた。レオ シルバ選手、J初ゴールとか。また「初」か。2-2。

ああ、どうしてなの、どうしてなの。またか。先制して、追いつかれ、また引き離してもこれか。

 

 

ところが、今日の大分の選手達は違った。アディショナルタイムはまだある。現地参戦のサポのコールもTVを通して大きくなるのがわかる。

選手の勝とうとする思い、サポーターのそれを後押しする気持ちが天に通じたのか、勝利の女神が大分の方を向いた。

高松からのパスに、後ろから走りこんできた土岐田が一発。相手GKの脇をぬいてゴールに突き刺さる。3-2。

 

 

苦しんで苦しみ抜いた初勝利。しかも、勝ち方が何ともいいではないか。この土岐田一本のGOALが重苦しかったチームの雰囲気を一気に変えることだろう。

さあ、22日(水)のナビスコ対鳥栖戦が楽しみ。行くぜ-!

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック