[トリ]ついていないなあ。第07節、対湘南戦。

4月20日(土)、第07節、対湘南戦。1-2。

試合開始1分の高松のゴールはオフサイド判定。これオフサイドかなあ。

「運」とか「つき」も実力のうちと言われればそれまでだが、このところ何か大分は勝利の女神様から見放されている感じがしてならない。「甲府に勝たんでどこに勝つ」とか「湘南に勝たんでどこに勝つ」などとの不遜な思いをしてきたからかもしれない。(すみません)

考えてみれば、甲府は堂々の1位、湘南は2位でJ1に昇格したチームである。一方、大分は6位からの昇格である。J1のどのチームに対しても謙虚な態度で挑戦していかねば勝ちは遠いのかもしれない。

 

 

今日もTV観戦。前節対鹿島戦でいい試合をしたので、今日はぐだぐだも試合になるのではと心配していたが、その通りになってしまった。(大分はいつもいい試合をした次がダメになってしまうなあ。)

現地は雨、それに寒そう。今日は東京のNa^2子が参戦するというので、幼児用のユニを送ってやっていたが、この雨と寒さで参戦は中止との連絡が入った。TVを通じて元気な姿が見られるかもしれないと期待していたが残念である。でも、風邪などひき、心配するよりましか。

 

 

試合開始直後高松のゴール。ところがこれがオフサイドの判定。これオフサイドかなあ?

今日は左に辻尾、右に松本怜。DFは中に阪田、左が児玉、右に高木。GKは久しぶりに清水。監督は後ろの方を変えてきた。

20分、阪田がミス、キリノ選手(髪型がすごい!)を追った高木がファール。永井選手のFKで失点。永井選手はJ1初ゴールとのこと。敵ながら見事なシュートであった。

大分は縦パスが目立つがシュートで追われない。27分でやっとシュート1本。あ、辻尾と松本怜が左右入れ替わった。

36分、マンシャからのクロスに森島がヘッドでGOAL。これで1-1。追いついたぞ。さあ、これから。

41分、真ん中に高木、阪田が右に。どうも阪田が狙われているようだ。古巣相手に阪田、頑張れ。

 

 

後半55分、菊池選手からGOALで逆転される。この菊池選手もJ1初ゴールか。おお、大分は敵選手に自信を与えるチームなのか。

59分、宮沢から村井へ。

65分、キリノ選手が交代。これでDF陣が少し楽になるかもしれない。さあ、まずは追いつこう。

73分、松本怜(今日は左サイド)おしい。シュートかクロスかわからなかったけれど。

76分、西(今日も惜しいシュートがあった)から木島へ。松本怜から林へ。だんだん大分がよくなってきたぞ。

80分、83分と危ない場面もあったが何とかしのしでいる。しかし、2点目が取れない。このままで終わるのか。

ああ、1-2のままで終了。

 

 

今日も勝てなかった。何か縦にポーンと蹴っていればいいような感じがする。おまけに選手がよく転ぶなあ。こういう悪条件下でこそ日頃の体幹訓練が生かされるだろうに。後半残り10分は良かったが、後は、、、、。

こう勝ちが遠いと監督や選手たちの苦悩はどれほどだろうか。でも、下向いていたらさらに落ち込むだけ。前向いて進むしかないよなあ。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック