毒虫にやられた!

22日朝、左の首筋がチクチク、ヒリヒリします。23日ちょっと痛みがひどくなってきました。女房にみてもらうと赤く腫れていると言います。25日左肩全体が痛くてなりません。赤く腫れていたところが、やけどのようになっていて、少し膿のようなものも出ていると言います。(汚ねえ!)

ハネカクシ.jpg先ほど、皮膚科に診察に行ってきました。
ここの先生のことを我が家ではピーコ先生と呼んでます。例のおすぎとぴーこのぴーこに雰囲気がよく似ているのです。このピーコ先生、患部をちょっと見るなり、分厚い本を広げて、丁寧に優しく説明を始めるのです。これです。これにやられたのです。犯人は「アオバアリガタハネカクシ」という小さな昆虫です。この斑猫に似た体長6mm程度の虫の毒液が原因だそうです。この毒液はペデリン(pederin)と言って、皮膚に強い炎症を起こさせるのだそうです。目に入ると失明する場合もあるとその本には書いてあります。(恐ろしい!)

夜間、灯火にに集まってくる習性があるので、21日の夜あたりにこの虫との接触があったはずですが、全く心当たりがありません。皮膚の炎症をおさせる塗り薬とアレルギー反応を押さえる飲み薬を処方してもらいました。
もともと皮膚が弱い(リバテープを張っても赤く腫れる)ものですから、かなりひどい症状がでたのでしょう。まだ痛む。

 

 

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック