[旅行]ネパールに行ってきました。(12)

6日目(その2)ー11月5日(月)

午後からの予定が変更です。世界遺産のパタン観光を明日6日にして、カトマンズ市内を観光します。

 

 

カトマンズ市内の乗り合いバス?でしょうか。かなり古い車が使われています。助手の若い人が何か大声で叫んでいるのです。行き先や料金の案内でしょうか。イヤー、これは普通の旅行者は利用できないでしょう。

一方、外国からの観光客を乗せるバスは、立派なものでした。やはり若いお兄ちゃんが助手として乗っており、口笛を吹きながら、車体を叩き、見事に誘導していきます。ドライバーも経験豊かな人を選んであるとか。この見事な運転振りと、誘導に時折ツアーのみなさんから拍手が起きるのです。

 

 

P1030060-ss P1030059-ss

 

P1030061-ss P1030062-ss

 

 

ダンバール広場の入り口付近です。カトマンズの中心とあって、人が多いです。たくさんの寺院がありますので名前を覚えるのが大変です。ガイドさんは丁寧に案内してくれるんのですが、覚えていません。ずみません。メモをとっておくべきでした。

私の方は、権力者が建てた豪華な宮殿や寺院よりも、通りを行く人の姿やお店の方に興味があります。何かいろいろと売っていますが、買っている人を見かけたことがありません。これで商売になるのかなあと心配になってしまいます。

 

 

P1030068-ss P1030069-ss

 

P1030070-ss P1030071-ss

 

 

この寺院はシバ寺院だったかな。9段の階段の上に3重の塔です。この広場周辺には、このような3重の塔をもつ寺院が多いです。

階段に座り込んで、ぼやーっと一日を送れそうです。牛や犬ものんびりしています。

 

 

P1030072-ss  P1030073-ss

 

P1030077-ss  P1030083-ss

 

 

旧王宮のに向かいます。

入り口のハヌマン門には、衛兵(ネパール軍)の兵士が警護しています。身振りで、「写真を撮っていいですか?」と聞いたところ、ポーズをとってくれました。(笑)

 

 

P1030085-ss P1030089-ss

 

 

ナサル・チョークと呼ばれる王宮の中心広場。周囲にはみごとな木造の建物がたくさんあります。

 

 

P1030090-ss P1030099-ss

 

P1030102-ss P1030103-ss

 

 

続いて、クマリの館に向かいます。クマリとは生きた女神様のこと。小さい頃から両親のもとから引き離され、このクマリの館で特別な教育を受けるそうです。時々、館の窓から顔を出してくれるとか。今日は、ダメでした。

こ の生き神クマリを一目見ようと、ネパール中から観光客がたくさん来ています。若い女性達が一斉にiPhone取り出したのにはびっくりしました。あまりにも違和感があったので、シャッターチャンスを逃してしまいました。(笑)

 

 

P1030107-ss P1030108-ss

 

P1030109-ss 

 

 

ダンバール広場を抜けてホテルに向かいます。

決して美しい街並みではありません。ゴミとホコリでいっぱいです。臭いも強いです。でも、何か魅力のある街なのです。

 

 

P1030112-ss P1030119-ss

 

 

道路の両脇では、いろんな物が売られています。バナナ、買ってみようかなと思いましたが、ちょっと勇気(?)がありませんでした。

 

 

P1030115-ss P1030116-ss

 

P1030117-ss  P1030113-ss

 

 

この後、ネパール土産を購入。うちの奥様や娘、妹たちにはパシュミナ(偽物が多いと聞いていたので、ガイドさんに相談して、信頼のおけるお店に連れていってもらいました。確かに高かったです)、Na^2子にはポシェットと帽子、何故かマニ車に岩塩も買ってしまうことに。

 

 

19:00 ホテルで夕食。バイキング形式で、特に変わった食事ではなかったです。

 

 

P1030122-ss P1030123-ss

 

 

明日は、7日目。ネパール最後の一日となります。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック