[日々]台湾に行ってきました。(4)

3月10日(日)、4日目。

今日は花蓮から台北に戻ります。途中、有名な観光地の九份にも立ち寄ります。また、台湾の特急列車に乗れるそうです。明日早朝に台北を発ちますので、実質的には、今日が台湾旅行の最終日となります。

 

 

07:00 ホテル出発。玄関先に原住民の生活をモチーフにした大理石の石像がありました。ここ花蓮は大理石の街としても有名です。

 

 

P1040833-ss P1040836-ss

 

 

今日最初の観光地は太魯閣峡谷(タロコ渓谷)。立霧渓という川が周囲の大理石を浸食してできた渓谷です。複雑な地層の様子がわかります。(写真ではわかりにくいですね。)

 

 

P1040871-ss P1040874-ss

 

P1040877-ss P1040878-ss

 

P1040881-ss P1040889-ss

 

 

09:00 花蓮に戻る途中に大理石工場の見学をします。

この工場は日本の企業だそうで、案内してくれた方も日本人でした。台湾での操業の方が生産コストが安いそうです。

最近は、ブラジルやイタリヤから輸入した大理石の加工が主な仕事とか。あいにく今日は日曜日ということで、実際に働いている人の姿は見ることができませんでした。

 

 

P1040897-ss P1040898-ss

 

 

続いて、この工場の側にあるお土産品店に連れていかれました。同じ工場の経営なのでしょうね。(笑)

日本までの送料だけでうん百万円ほどかかりそうな彫刻品から小さな宝石まで、実にたくさんの石の加工品が展示・販売されていました。うちの奥様は、友人のお土産にするのだといって何か「青い石」をたくさん買い込んでいました。おそらく安物でしょう。(笑)

あ、店内の写真は撮ってません。

 

 

P1040900-ss P1040902-ss

 

 

10:15 花蓮駅から特急列車に乗ります。ローカル線です。台北近くの七堵というところまで行きます。

駅の様子は日本とまったく変わりありません。しかし、発車の時には案内の放送もなく、ベルの音もしません。ヨーロッパと同じです。だいたい日本の駅構内や車内での放送が多すぎるのですね。台湾の駅、静かでいいねえ。

 

 

P1040916-ss P1040919-ss

 

 

今日の昼食は駅弁です。まだ11時というのに中身が見たくて開けてしまいました。

 

 

P1040925-ss P1040928-ss

 

 

列車内の様子、窓から見える景色、日本の田舎の風景と同じです。綺麗な川で釣りをしてる人がいました。

 

 

P1040924-ss P1040935-ss

 

 

検札にきた女性の車掌さん、親切です。ローカル列車でいく台湾一周旅行もいいかもしれません。

 

 

P1040929-ssP1040930-ss

 

 

12:20 七堵着。ここからバスで九份に向かいます。

九份はかって金鉱山として繁栄した町でしたが、1971年の閉山とともに衰退していきました。

ところが、映画「非情城市」や「恋恋風塵」の舞台となったことで脚光をあび、さらには、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」のモデルとなり、観光客が押し寄せることになったそうです。

観光客が多くなると、当然、お土産屋さんも増えてきます。日本も台湾も同じですね。ガイドの黄さんがいうには、「12、3年前までは本当に風情のある町だったんですよ」と。

人が少ない時期や夜にはまた違った雰囲気が楽しめるかもしれません。

 

 

P1040981-ss P1040979-ss

 

P1040988-ss P1040990-ss

 

P1040996-ss P1050015-ss

 

P1050002-ss P1050014-ss

 

 

町の一部が狭い路地になっているところがあります。両脇はお土産さんで一杯です。ここのどこかに有名な「草餅」屋さんがあるとうちの奥様が言うので探してみました。日曜日ということもあるのでしょうか、人が多すぎて自由に歩けません。事故が起こらなければいいがと心配になりました。

「草餅」、何とか買えましたよ。

 

 

P1050008-ss P1050010-ss

 

P1050073-ss P1050026-ss

 

 

おっと、こんな張り紙を見かけましたよ。店員さんの募集ですね。何となく意味がわかります、、、。

 

 

P1050019-ss P1050020-ss

 

 

16:00 台北市内の総合民芸品店と免税店に案内されます。

こういうところはあまり好きではありませんが、格安のツアーでは仕方ありません。トイレを借してくれますので、一応お土産は買いますが、何万円もするウーロン茶などはいりません。すみません。

それよりも、店内に貼ってあったこの新聞記事の方に興味があります。そうか。宋家三姉妹の宋美齢(蒋介石の奥さん)さん亡くなったのか。その上のお姉さんの宋慶齢さんは確か孫文の奥さんだったはず。一番上のお姉さん宋あい齢さんはだれの奥さんだっかかなあ。忘れてしまった。

おっと話題がよそにそれてしまいました。

免税店、珍しくもないので、抜け出して地元のコンビニへ行ってみました。ところがこのコンビニ、売っている薬、化粧品、お菓子が皆日本製でした。台湾製のお菓子を探しているのに。(涙)

 

 

P1050041-ss P1050043-ss 

 

 

18:00 台湾最後の夕食は蒙古焼き肉。好きなお肉を持っていくと、大きな鍋で焼いてくれます。他の食べ物はバイキング形式で選べます。ツアーのみんなに好評だったのが、、、。キムチ!

台湾に来て、モンゴルの焼き肉店で、キムチとは。(笑)

 

P1050050-ss P1050051-ss

 

P1050053-ss P1050055-ss

 

 

19:30 夕食を終えてホテルへ。寝るにはまだ時間があります。

フロントに聞くと近くにスーパーがあるらしい。早速行ってみることに。福岡空港であった台湾人のおばちゃんが教えてくれたお菓子を探すことにします。

お、ありました。うちの奥様、お土産に面白いということでたくさん買い込みました。ところが現金(元)が足りません。日本円もダメ、カードもダメ、そりゃあそうでしょう。まったく地元のスーパーですから。仕方なく、買い物をレジに預けて、ホテルに戻り、両替をお願いすることに。再びスーパーに戻り支払いを。レジのおばちゃん、笑っていましたよ。

 

 

20:30 まだ、時間はあります。

タクシーひろって、士林夜市にいくことにします。タクシー代、安いです。

台湾、大きな町にはたいてい夜市があるようです。やはり、涼しくなってから、みんな街にでるのでしょうか。

この士林夜市、ソウルの東大門や南大門のような感じです。人が多過ぎです。うちの奥様は興奮して、いろんなお店に入って行きますが、私にとっては拷問です。(笑)

 

 

P1050062-ss P1050063-ss

 

P1050064-ss P1050065-ss

 

P1050066-ss P1050069-ss

 

 

22:30 再びタクシーでホテルへ。

長い一日が終わりました。明日は05:00ホテル発。福岡に帰ります。

 

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック