[トリ]初勝利はまたもお預け。ナビスコカップ第01節、対新潟戦。

3月20日(水)、ナビスコカップ第01節、対新潟戦。1-1。

先制するも、今期初勝利はまたもお預け。先制して、しかも新潟があの調子なので、今日は勝てると思ったが。

 

 

2008年ヤマザキナビスコカップの優勝者(そうです。いつまでも過去の栄光は追うのです)大分トリニータが帰ってきました。

今年の大分はBグループ(新潟、鹿島、FC東京、名古屋、C大阪、鳥栖、大分)に所属、勝ち抜いて上位2チームに入らなければ、決勝トーナメントには出られません。

Aグループを見ても、ACLグループ見ても、恐ろしいとこばかり。しかし、どんな相手でもやってみなければわからないのがサッカーの試合。おまけに、どのチームも出場機会の少ない選手や若手の起用が行われるとなれば、何が起こるかわかりません。大分にも大きなチャンスが来るかもしれません。

 

 

そんな前向きな気持ちで、TV観戦。

おおお、新人松本昌がベテラン村井と。ちっちゃな木島と大きな小松塁。

アウェイ席には、青のユニに○辻が。これが噂の辻尾軍団か。たのもしいねえ。

 

 

2前半29分、木島がゴール。GKの股を抜き決めた。おお、またもや先制。今日こそ初勝利を。

37分、新潟の濱田選手からヘッドで決められ1-1に。

後半、ぐだぐだに。(涙)

パスがつながらないので、逆転に向けての攻撃の体制ができない。主力チームと同じじゃないか。結局、新潟のシュート13本に対して、大分は6本。

3日後はホームでC大阪との戦いが待っている。大丈夫じゃろうか。

 

 

最後に、小松塁、がんばって! お願い。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック