[日々]ネパールに行ってきました。(10)

5日目(その3)-11月4日(日)

 

 

10:30過ぎ、ホテル周辺の散歩の前にすることがありました。娘やうちの奥様にメールを出したり、トリニータの試合経過を調べねばいけません。

ホテルのWi-Fiは有料とのこと。あまり時間の余裕もないので1時間だけ使えるチケットを購入しました。代金は375Rs(ネパールルピー)。1Rsは大体1円ほどですので、かなり高い接続料です。レンタルのWi-Fiルーターを持って来た方が、安くあがりそうです。

iPadの接続画面を見せると、綺麗なお嬢さん(額につけた赤い印からすると、既婚者かもしれません)が入力してくれました。早速ネットサーフィンです。速度は結構早いです。

ツアーの人が、日本シリーズの結果が気になると話していましたので、いらぬ世話かもしれませんが、チェック。ツアー同行者にはサッカー好きがいません。みんな巨人とかソフトバンクのファンなのです。(涙)

さあ、ドキドキしながらJs GOALにアクセスです。おお! 今のところ(後半28分)3-0で勝っている。やはりネパールの神々の力はすごい。勝利をお願いしたかいがありました。ヒンズー教から1点、仏教から1点、イスラム教から1点ですね。

ああ、このまま終わればいいが、、、。ここで、タイムアウト。最終的な結果は今夜また調べよう。まあ、残り時間で3点から逆転されることはないでしょう。

 

 

P1020889-ss P1030992-ss

 

 

ホテル周辺を一人で少し歩いてみました。カンボジアに行った時と同じです。ホテルの内と外は別世界のよう。

連泊することになっているホテル(ポカラグランデ}の入り口です。

 

P1020890-s P1020891-ss

 

 

一歩外に出ると、、、。

カトマンズの街に比べると静かでゆったりとした感じはします。

このカゴ、欲しいと思ったのでが、持って帰ることは無理でしょう。

 

 

P1020892-ss  P1020895-ss

 

 

 P1020893-ssP1020894-ss

 

 

 P1020898-ssP1020900-ss

 

 

 P1020897-ss P1020899-ss

 

 

ホテルに戻って来て中庭を見て回りました。

亜熱帯でよく見られる花が咲いています。そうか、ポカラは緯度からいうと亜熱帯なのです。高度も低いし。それで、街ではバナナが普通に売られているのですね。納得。

木陰で読書する外国人。こういう雰囲気はいいなあ。アメリカやヨーロッパから観光に来た人は、日本人みたいにがさがさしないようですね。

 

 

P1020903-ss P1020904-ss 

 

 

P1020905-ssP1020906-ss 

 

 

13:00、ホテル出発です。これから昼食をとって、ポカラ観光をします。

この頃になるとツアー参加者とだんだん親しくなってきました。ネパールの民族衣装を着たソミーさんを中心に記念撮影です。

 

 

 P1020909-s

 

 

今日の昼食はヒマラヤソバとか。昨日行ったレイクサイドに行きます。お店は、ネパール旅行等で有名な「風の旅行社」の現地駐在所の裏側にあります。

このヒマラヤソバ、日本のザルソバと同じです。ネギもワザビも本物?です。3食ソバでいい私にとっては最高のごちそうです。

ただ、量が多いのです。写真ではそのようい見えないのですが、器が深く、しかも上げ底になっていません。日本のザルソバの3倍程はあるでしょう。

その上、お代わり用のソバも山盛り出してくれ、大きなお椀一杯の味噌汁もついてきました。(いやー、サービス満点というか、、、。お味噌汁の替わりに、そば湯の方がよかったのですが)

ポカラは美しい山々とソバとの関係で長野県駒ヶ根市と姉妹都市だそうです。以前、駒ヶ根市からソバ打ち名人がポカラを訪れ、日本風の切りソバを振る舞ったところ、全くの不評だったそうです。現地ネパールの人はソバはそばがきで食べるそうです。このお店も、恐らく、日本からの観光客相手の商いをしているのでしょう。

 

 

P1020914-ss  P1020911-ss

 

 

 P1020912-ss

 

 

昼食後はポカラの街の観光です。

最初は、小高い丘の上にあるビンドゥバシニ寺院に行きます。

今でも毎朝生け贄(ニワトリやヒツジ)が捧げられているようです。

 

 

P1020919-ss P1020920-ss

 

 

P1020921-ss P1020922-ss

 

 

P1020924-ss P1020928-ss

 

 P1020929-ss P1020930-ss

 

 

この丘の南側にはオールドバザールという商店街があります。

金や銀の装飾品で有名なところです。

 

 

P1020932-ss P1020934-ss

 

 

カトマンズの街でも気がついたのですが、お菓子屋さんが多いのです。何故でしょう。

 

 

P1020933-ss P1020937-ss

 

 

かなり時代を感じさせられる家屋です。

 

 

P1020935-ss P1020941-ss

 

 

布を扱うお店では老人がベットに寝てお店番をしていました。「ナマステ」と挨拶をしてくれました。

街に多いバイク屋さん。バイクは日本製のものばかりです。

 

 

P1020936-ss P1020938-ss

 

 

時間に余裕が出来たということで、予定にはなかったデヴィズ・フォールに案内してくれました。添乗員の方から、ここの出入り口にあるお土産屋さんには注意をするようにと言われました。確かにすごいです。私たちのツアーに中国語と日本語で売り込みをかけてきます。

この滝の名前は、トレッキングに来ていて、ここで行方不明になった方の名前に由来するそうです。昨日行ったフェワ湖から流れてきています。乾期の今でこれだけの水量ですから、雨期にはどれほどのすごい滝になることでしょう。

 

 

P1020948-ss P1020949-ss 

 

 

P1020950-ss

 

 

次に、タシリン・チベット村に向かいます。

1959年のチベット動乱の際、ネパールに逃げてきた難民が作った村です。ここポカラには他にもチベット村があるそうです。

ここの作業場では、ヒツジの毛から糸を紡ぎ、毛織物に仕上げていく過程を見せてくれます。

 

 

P1020955-ss P1020957-ss

 

 

P1020960-ss P1020964-ss

 

 

この作業場の近くには、ここで作ったカーペット等を展示して販売するお店もあります。

記念に小さなカーペットでも買って帰ろうと思ったのですが、どうせ、娘や奥様から「センスが悪い!」と言われることに決まっていますので、断念しました。

このチベット村にも、たくさんの中国人観光客が来ていました。それも大学生位の若者が多いのです。日本人は定年を過ぎた人ばかりのようなのに。

2~3人のグループがタクシーでやって来てます。みんな英語が堪能で驚きました。中国人富裕層の息子、娘なのかな。それとも中国からネパールは近いので、若者でも簡単に来れるのかな。

この中国の若者達は、中国軍がチベットに侵入し、たくさんのチベット族の難民を生み出し、今もチベットの漢民族化が強行されていることを知っているのでしょうか。

このチベット村のある家屋の壁面には、中国の対チベット政策に抗議して焼身自殺をした人達が描かれていました。

 

 

P1020966-ss P1020969-ss

 

 

チベットの難民が暮らすアパートからも美しい山々が望めます。このアパートは新しいタイプのようで、作業場で働いている人は、もっと古い平屋に住んでいます。

年配の方から、家の中を見学してもいいよと声をかけられましたが、遠慮しました。

チベット村を出たところで、スクールバスらしいものに出会いました。屋根の上にも、たくさんの生徒さんが乗っています。これがごく普通の通学風景なのでしょうか。

 

 

P1020970-ss P1020971-ss

 

 

夕方5時ちょっと前にホテルに帰ってきました。

早速、屋上に行って、また、山を見ることにしました。ツアーの方の多くは、さすがに飽き飽きしたのでしょう、屋上に上がってきたのは、私を含めて3人だけでした。

お互いに、「好きですねー」と笑いあいました。でも、本当に何回見ても飽きないのです。

 

 

P1020976-ss P1020983-ss 

 

 

18:30、夕食。今日もバイキング。これには少々飽きてきました。(笑)

 

 

P1020984-ss

 

 

さあ、明日はツアー6日目。ポカラからカトマンズに戻って、お昼近くから、世界遺産のパタン観光をします。

おっと、夕食後、再び、Wi-Fi利用を申し込み、トリニータの勝利を確認し、Twitter、Facebook、mixiへのサポの皆さんの投稿を読みながらニヤニヤしてましたよ。

ネパールから帰ったら、今シーズン最終戦(対松本山雅)には参戦するぞ!

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック