[日々]ネパールに行ってきました。(4)

3日目(その2)-11月2日(金)

 

 

早朝のヒマラヤ遊覧飛行を無事に終え、ホテルで朝食(写真を撮り忘れました)の後、バスで世界遺産バクタブルの観光に向かいます。(10:30)

昨日からお世話になっている現地ガイドのソミーさん。日本語が達者であるばかりでなく、博識であり、ネパール人としての誇りを持っています。

 

 

P1020485-ss

 

 

ネパールの首都カトマンズでは道路の拡張工事が盛んに行われています。昨夜泊まったホテルの前も工事が進んでいます。重機はあまり使われていなく、多くは人力のようです。

この時期は乾期と工事が重なり、街は非常にほこりっぽいです。カトマンズの人達はマスク(ほとんど黒色)をしています。遠くにはヒマラヤ山脈が見えます。

街を走る車は皆古く埃まみれ。でも、バイク(ホンダ、スズキ)はピカピカに磨きあげています。不思議です。観光客が乗る大型バスは、内も外も綺麗です。

 

 

P1020486-ss   P1020489-ss

 

 

外国から輸入した中古の大型バスを修理する工場や煉瓦工場が目に付きました。

 

 

 P1020490-ss P1020492-ss

 

 

11:00、バクタプル着。

世界遺産の中でも、住民の普段通りの生活が続いています。ちょうど稲の収穫が終わった時期で、庭や道路に籾を干していました。昔、日本でも普通に見られた風景です。

 

 

 P1020495-ss P1020496-ss

 

 

ダルバール広場を観光します。旧王宮やいくつかの寺院を見学しましたが、あまり記憶に残っていないのです。ただ、各建物に施された彫刻はみごとなものでした。

現地ガイドのソミーさんは、丁寧に案内してくれるのですが、右から左です。すみません。ツアーでご一緒した80歳過ぎたご夫婦の奥さんは熱心にソミーさんの説明をききながらメモを取っています。うーん、すごい。見習わねばいけません。

 

 

 P1020506-ss  P1020510-ss

 

 

 P1020513-ss P1020514-ss

 

 

 P1020516-ss   P1020519-ss

 

P1020527-ssP1020530-ss

    

 

P1020538-ss P1020539-ss

 

 

広場のところどころにイヌが平気で寝ています。ネパールではイヌにもゆったりとした時間が流れているのでしょうか。

 

 

P1020526-ss P1020548-ss

 

 

この広場の一角にあるレストランでネパール料理の昼食を取ります。2階の席から広場の様子を撮ってみました。

ネパール料理、特に辛くもな美味しかったです。水牛のミルクからつくったというヨーグルト、これは絶品でした。

 

 

 P1020534-ss P1020535-ss

 

 

 P1020536-ss P1020537-ss 

 

 

 P1020545-ss P1020546-ss

 

 

この広場付近には観光客相手のお土産屋さんと、この地域の住民を相手にしたお店があります。お魚屋さんがあったのには驚きました。

携帯屋さんもありましたよ。

 

 

P1020532-ss P1020540-ss

 

 

 P1020550-ssP1020553-ss

 

 

広場周辺で商いをする人達。世界遺産もいいけれど、こういう現地の普段の生活を見るのもいいですねえ。

日本ではもう見ることもなくなったしまった天秤ばかりがここではまだ使われています。

 

 

P1020551-ss P1020552-ss

 

P1020554-ss P1020560-ss

 

 

P1020570-ss P1020582-ss

 

 

ダルバール広場の南側に女神の化身として崇拝されている少女が住んでいるクマリの館を見ました。この建物の窓枠の木彫りがすごかったです。

せまい路地を抜けて広場を出ます。途中、建物の窓枠にあった鳩の木彫りもみごとでした。

 

 

P1020572-ss P1020573-ss

 

 

P1020564-ss P1020576-ss

 

 

近くに学校もあるようです。小学生と中学生位かなあ。こういう子供を見ると何かホッとしますが、ガイドさんの話によると、若い人がみんな学校に行けるとは限らないそうです。

実際、この広場でゴミ拾いをしている小さな子供も見ました。この写真に写っている子供達は、相当に恵まれているのでしょう。

 

 

 P1020547-ss P1020585-ss

 

 

14:30、さあ、これから、夕日のヒマラヤ山脈を見るために、バスでナガルコットに向かいます。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック