[トリ]森島パワー炸裂! PO準決勝、対京都戦。

11月18日(日)、PO準決勝、対京都戦。4-0。

今日の森島は神がかっていた。ハットトリックだと喜んでいたところ、何とさらに1点追加の合計4得点とは。森島パワー炸裂!

特にFKからの1点目、チェ・ジョンハンからのクロスを倒れながら合わせた2点目は見事だった。

国立、国立に行ける。嬉しいねえ。

 

 

今日はPO決勝戦の東京行きに備えて(行けると信じていた)体力温存、TV観戦である。妹夫婦、G裏町内会の住民たちをTVで確認、いつも目立つなあ。(笑)

試合開始からしばらくは京都のペース。あれ、京都は守備に徹するのかと思っていたら、攻めてきているではないか。大分のDF陣がちょっとばたばたした。

しかし、前半17分、木島のプレーで得たFKを森島が決めた。森島は風の向きなど計算していたのだろうか。ボールが弧を描いてゴールに吸い込まれていった。これは見事だった。後から思えば、この1点が今日の試合の流れを決定づけたようだ。

続いて33分、またしても森島、難しい体勢からゴールを決めた。もうこうなったら完全に大分ペースである。他の選手も生き生きしてくる。ベテラン宮沢の落ち着いたプレーが光る。前半戦2-0。

 

 

後半戦、京都は中山選手に替えてサヌ選手を投入してくる。この交代で京都の動きが変わってきた。2-0は危険な得点差でもある。サヌ選手に要注意。

しかし、勝利の女神は今日完全に大分に微笑みかけている。15分、ペナルティエリアで木島に対してのプレーで染矢選手が一発レッドで退場。(これはちょっとかわいそうだった)

このPKを森島が決めた。ゴールバーに弾かれたが、サポの力で押し込んだと思う。これで森島ハットトリック。森島、髪型を変えてから調子がいいようだ。(笑)

最後はだめ押しの1点。これもまた森島。三平からのパスを受け、GKの股を抜いてGOAL。

 

 

すごい、すごい。4-0とは。こんな試合展開になるとは双方のチームとも予想もしていなかったはず。どうも下位チームのほうがモチベーションが強かったのか。千葉も4-0で勝っている。

 

 

おお、国立だ。国立に行ける。航空券も用意してあるし、さあ、後は青・黄のテープを巻こう。優勝してあのナビスコ戦と同じように、国立で投げるのだ。

相手は宿敵の千葉。

しかし、うちは国立では負けなし。しかもうちにはあの高松がいる。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック