[トリ]アウェイ徳島は相性がいい。第27節、対徳島戦。

8月5日(日)、第27節、対徳島戦。4-0。

アウェイでの徳島戦は相性がいいのか。今シーズンも4得点で快勝してしまった。

 

 

徳島、行きたかった。しかし、翌日6日(月)には人間ドックが予定されているので断念。来シーズンは行けても行けないだろうな。(ふふふ)

ということで、TVの前で一杯飲みながらの観戦です。

あ、mitomaskさんがいる。今日は心強いぞ。○立のおばちゃんの姿も。おばちゃんとといっても若いなあ。○立のお姉さんと言ったほうがいいのかも。あれ、ハ○ーちゃんはどこ?

小林監督の率いる徳島は5戦負けなしという。現在大分よりも下位にいるが勢いがありそう。現地は小雨のよう。お、雨には強い?大分なので期待が持てそう。さあ、試合開始。

 

 

あ、もうGOALが生まれた。徳島の選手も大分の選手も何が起こったか唖然としている風に見える。キックオフ1分もたたないのに。高松の胸トラップ(うまいねえ)に村井が相手GKの位置を見極めてシュート。さすがベテランです。うちの家族では、この頃村井の調子がよくないなあと話していた矢先の得点。村井はん、ゴメンナサイ!

19分、徳島にとっては想定外のことが起こる。高松にタックル?をかけてきた青山選手のプレーが危険行為と見なされて一発レッド。うちにとってはラッキーな判定だが、青山選手、意識的にした行為でなさそうで、ちょっとかわいそうでもある。

27分、要注意選手であるFW津田選手が交代。いい流れである。

これで一人少ない徳島を完全に崩してしまはず。ところが、監督からの指示があったのか体力温存の試合展開となる。結局前半戦はGOALを生んだ村井のシュート1本のみ。

 

 

後半戦、50分、またもや村井のGOAL。これは惜しくもオフサイド判定。

一人少ない徳島に勢いが出てくる。ハーフタイム中にJ1昇格引受人の小林監督からの細かい指示があったようだ。ジョーゴ、ジョーゴと聞こえてくるので、福岡の城後選手が徳島に移籍してきたのかと思ったら、ジオゴ選手のことです。ああ!

大分、1-0では安心できない。さあ、早く追加点を。

60分、宮澤のパスを受け、西が落ち着いてGOAL。続いて69分、いつものように石神-三平ホットラインが今日も炸裂。石神のクロスがうまいというか、それを信じて飛び込んでくる三平がすごいというか。。。

これでシュート3本で得点が3点。無駄なエネルギーは使わないのしょう。サッカー省エネ大賞でももらえそう。(まあ勝利したからこんな事が言えるのですが。ちょとシュート数、少ないのでは?)

続いて73分、安川が村井にパス、村井が優しくジョンハンにパス、ジョンハンがシュート、GKがはじく、いい位置につけていた村井が落ち着いてシュート。これで4点目。村井の冷静なプレーが光ります。50分のオフサイドがなければ、村井ハットトリックですよ。

おお、82分、西に代わって、新規加入の林が登場。ドリブルがうまいねえ。コーナーも蹴るのか。シーズンも終盤に近づくにつれて頼りになりそうな機がします。

後半戦、あっという間に終わった感じです。確かに「運」も大分に味方しましたが、無失点で4得点とはすごい。4点/8シュートとは効率が良すぎます。(笑)

 

 

恒例のラインダンスには新バージョンが登場、野球拳とは。ここ世代の若い選手達がよく知っていましたね。そのことの方が驚きでした。ヘッドギアを付けた三平のインタビュー、突っ込んでくれないとね。村井のインタビュー、声がかわいいし、誠実な感じがします。いいねえ。

 

 

さあ、次節はホームで対北九州戦。バトルオブ九州、ホーム初勝利といきましょう。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック