[日々]スイスとドイツに行ってきました。(3/13)

私たちが乗った登山列車は、グリンデルワルト ー アルビグレン ー クライネ・シャイデック ー アイガークレッチャー ー アイガーヴァント ー アイスメーア ー ユングフラウヨッホを走っています。

帰りは、アイガークレッチャー(2320m)からクライネ・シャイデック(2061m)の1駅分のハイキングをしました。旅行に出かける前、知り合いにはスイスにトレッキングに行ってくるなどと大げさに言ってましたが、まさにハイキングでした。すみません。(笑)

 

 

今回の旅行の第一の目的はこのトレッキングじゃなくて(笑)ハイキングにあります。天気を心配していましたが、最高の天気です。

アイガークレッチャー駅には現地のガイド(日本人女性)さんが待機してくれています。ハイキングコースはいくつかあるようで、天候やツアー参加者の体調をみてどのコースを行くか決めているようです。

 

 

  P1000269-ss  P1000275-ss

 

 P1000284-ss P1000286-ss 

 

 

風もなく澄み切った青空です。最高の気分です。お花畑は黄色の高山植物が目立ちます。

途中、日本人が建てたという山小屋の跡にも立ち寄りました。まるで絵はがきのような景色です。

 

 

P1000293-s 

 

 

 P1000295-ss P1000296-ss  

 

 

今日のコースからは、アイガーの北壁がよく見えます。大きな湖(名前を忘れました)の周囲には、北壁登攀中に亡くなった登山家の名前が刻まれた大きな石がおかれています。新田次郎の「アイガー北壁」のモデルになったかたの名前もありました。

 

 

P1000305-ss P1000306-ss

P1000309-ss P1040766-ss

 

 

楽しみにしていた高山植物の写真も撮りました。植物は好きですから、日本で言うとどの植物の仲間になるかはわかります。現地のガイドさんから和名を教えてもらいました。

この旅行には、奥様用にPanasonicのデジカメDMC-TZ7(予備バッテリー1本)と私用に同じくPanasonic DMC-TZ30(予備バッテリー1本)を持っていきました。デジイチにしようかとずいぶん迷いましたが、できるだけ荷物は軽くしたいのと、ツアーですので、限られた時間内に手軽に撮れるものにしました。TZ-7とTZ-30は同じ電池が使えるので、充電器も1台ですみます。問題はTZ-30の電池が半日ほどしまもちません。ホテルですぐに充電です。スイス、ドイツのコンセントはCタイプのものでした。

 

 

P1040761-ss

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高山植物を少し。青色の花が特に美しいです。いつかは個人で来て、ゆっくりと写真を撮りたいと思いましたが、、、、。
もう、年齢からみても無理でしょうね。

 

 

P1000271-ss P1000285-ss P1000290-ss P1000289-ss

P1000291-ss P1000294-ss

P1000300-ss P1000303-ss

 

 

約1時間ほど歩くと、クライネ・シャイデイックの駅が見えてきます。昼食はここのレストランでいただきました。

 

 

P1000313-ss P1000314-ss

 

 

昼食後、また列車に乗って朝の駅に戻ります。途中の景色も素晴らしかったです。

さあ、バスに乗ってツェルマットを目指します。約4時間の旅です。日本もそうですが、スイスの観光バスの運転手さんの技も見事なものです。

スイスの道には信号機が少ないです。信号機の代わりに、いたるところにロータリーがあります。左側優先だそうです。慣れないと運転が難しそうですね。

 

 

P1000324-ss P1000326-ss

 

 

ツェルマットまではU字谷の底から這い上がって、峠(名前を忘れた)を越えて行きます。途中たくさんの大型バイクやキャンピングカーを見ました。

ヨーロッパ各国から夏のバカンスを楽しみにスイスに来ているのですね。何か根本的に豊かな感じがしてなりません。欧州は経済的に厳しい状況にあると聞いていたのですが、、、。
特にEUに加盟しなかった(国民投票ではわずかな差で不参加の意見が多かったそうです)のが今となってはかえって良かったのかもしれませんね。スイスの通貨(スイスフラン)は安定しているそうです。

 

 

P1000330-ss P1000332-ss

 

 

やっとツェルマットの近くまで来ました。

でも、ツェルマットの街には電気自動車と馬車(おお!)しか入れません。私たちの乗ったバスともツェルマットの一つ手前の街テーシュでお別れです。ここから列車に乗って行きます。時間は夕方の7時、まだまだ真っ昼間という感じです。

スイスの駅、列車は赤を基調にした色使いが多く、なかなか洒落ています。駅構内でも余計な案内など全くなく、静かでいいです。

 

 

P1000337-ss P1000339-ss

 

P1000341-ss P1000342-ss 

 

チェルマットの駅付近。綺麗です。駅からホテルまで荷物を運ぶ電気自動車がたくさん駐車していました。

 

P1000348-ss P1000349-ss

 

 

私たちは、駅から徒歩でホテルに向かいます。河がごうごうと大きな音を立てて流れています。氷河からの流れのせいでしょう。白く濁っています。バックにあのマッターホルンが見えています。

やっと今日泊まるホテル(クリスティアニア)の前に到着です。夕方8時ですがまだ明るいです。ホテルの外観は本当に綺麗です。ここに2泊します。

 

P1000353-ss P1000361-ss

 

 

明日26日(木)は朝4:45ホテル出発、朝焼けのマッターホルンを見に行きます。天気に恵まれるといいが。

 

 

 

 

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック