[トリ]チェルマットでひとりU-23を応援する。

7月24日~8月1日まで、スイス・ドイツのツアーに参加してきました。同行の皆様、無事に帰宅されたでしょうか。天候にも恵まれ楽しい旅行となりました。

「スイス3つの名峰と氷河特急・ドイツロマンチック街道の旅 9日間」の日記は少しずつBlogに書いていきます。

 

 

さて、トリサポとしては旅行中もU-23の試合が気になります。清武選手に東選手のスタメンが予想されていますのでなおさらです。

予選第1試合目となる26日午後は、スイスのチェルマットで夕食の時間まで自由行動です。チェルマットの街はヴァカンスシーズンのせいもあってか人が一杯です。

 

 

U-23-07

 

 

街のどこかでTVが見られないかと探していたところ、ありましたよ。スタンドバーとオープンカフェが一緒になっているお店です。対スペイン戦は始まったばかりです。うちの奥様はちょっと買い物をしたいというので、一人で中に入ってみました。

TVはPanasonic製、でも音声は消してあります。しかたありません。日本対スペイン、しかもうちの息子達が戦っているというのに、店内の人は全く無関心のようです。「サッカー見れや、うちの息子が出ちょるに!」と叫びそうになりました。

ビールを注文して一口飲んで落ち着いて横を見ると、スペイン人らしいおいちゃんがサッカーを見ています。「スペイン人か」と聞くと、握手を求めてきました。写真がぼけてしまいました。おいちゃんごめん。

このおいちゃん、前半戦の途中で、仲間が店を出るというので、一緒に出て行きました。「アディオス!」と言うと、ニコニコしながら、また握手をしてくれました。でも、このおいさん、ほんとうにスペイン人なのかなあ。(笑)

 

U-23-02

 

 

U-23-01

 

 

このお店、奥の方がスポーツバーのようになっています。でも、今日はだれも使っていないようです。

 

U-23-06 

 

 

清武選手、東選手が頑張っています。TVに大写しになるたびに一人で拍手をしてあげましたよ。トリニータで育ってきた若者がオリンピックに出ているのです。

おっと、大津がGOAL。スペイン相手に先取点ですよ。

 

 

u-23-05

 

U-23-03

 

 

「よーしゃ」と声を上げ、拍手をしました。TVを見ているのは私だけのよう。ちょっと寂しい。

ところが向こうのほうに座っていた地元の人らしいおいちゃんが、親指立てて「イェー!」と反応してくれました。嬉しいねえ。

 

U-23-04

 

 

このあと、永井選手とせりあったスペイン選手が退場となり、1-0のまま前半戦終了。

このあとコマーシャルが入り、その後は韓国対メキシコ戦が映るようになったしまったので、仕方なくお店を出ることに。

相手がスペインですから、後半戦が不安です。でも、清武選手か東選手が入れてくれると信じて、夕食に向かいました。

結果は深夜ホテルのTVで確認。おお、あのスペインに勝った。これで調子づいて第2試合。第3試合も勝って1位通過でしょう。

 

 

U-23-08

 

 

旅行中、7月29日の第2試合の対モロッコ戦は、ドイツのハイデルベルグのホテルで後半戦戦の最後の方を見られる時間はありましたが、残念なことにEuroSportで放送がありませんでした。夜中、BBC放送で1-0勝利を知りました。

下の写真は、8月1日、インチョン空港から福岡空港に向かう大韓航空機内でのもの。GOALしたのは永井選手か。

 

U-23-09

 

第3試合の対ホンジュラス戦は、博多のホテルで。

深夜前半戦を見ている途中でいつの間にか寝てしまっていました。すみません。

さあ、今夜から決勝リーグです。清武選手、東選手の活躍を見ろう。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック