[日々]今年もやってきました。アナグマくん。

アナグマ(ニホンアナグマ)くん、今年も忘れずにやってきましたよ。うちのトウモロコシ畑に。

7月4日(水)、トウモロコシの毛が黒くなってきました。ぼつぼつ収穫の時期がきたようです。このところ大雨が続いているので、甘みが少ないのかもしれません。

昼過ぎ、試しに3本ほど取ってみました。朝早く収穫すると糖度が高いと聞いていますが、早起きは苦手です。実はしっかりとついています。害虫もまだ入っていません。チーンをして試食してみたところ、シャキシャキしていて、甘みも十分です。

トウモロコシ、今年はこの雨のせいかまだカラスやアナグマによる被害はなく、順調に育っています。このトウモロコシも「ほったらかし」栽培です。

 

翌5日(木)、東京の孫Na^2子にトウモロコシを送ってやろうと裏の畑にでてみました。

来ています。アナグマ、おそらくニホンアナグマくん。どうして毎年初収穫の夜に出てくるのでしょう。不思議でなりません。

今年は直接その姿を見ていないのですが、まだこの近所にひっそりと暮らしているのでしょう。

 

P1040732-s

 

P1040734-s

 

 

トウモロコシを根本から倒し、熟れた実をかじっています。約2割ほどが被害?を受けています。

時期をずらして植え付けた2畝分のもの(まだ毛が白いまま)には全く手を?つけていません。どこで見分けるのでしょうね。臭いかな。

先日、祖母・傾山系でツキノワグマの踏査が行われているとのニュースを見ました。あの時、カメラを設置していましたが、あれ欲しいなあ。ニホンアナグマのお父さんかお母さんがばっちり映りそうです。

ニホンアナグマは大分県の絶滅危惧種です。今年もその保護に協力することにしましょう。(笑)

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2012.07.10