[トリ]5連勝ならず。第22節、対富山戦。

7月2日(日)、第22節、対富山戦。1-1。

今シーズンもとうとう後半に突入です。J2のトップ争いが熾烈です。1戦でも落とせないという厳しい状況になってきました。

今日は、現在4連敗中の富山が相手です。5連勝ということになれば、1位になるかもしれない試合だったのに1-1のドローに終わってしまった。悔しいなあ。

 

 

ニータン、今日は七夕のコスチュームか。手にしている笹を見るとなんだか中国風であるのがおかしい。

 

DSC_0963-s

 

 

会場には、選手やサポが書いた短冊がありました。願いは一つ「J1昇格」

 

DSC_0967-s

 

 

昇格のためも忘れてはいけません。

今日は、知人2人から頼まれた支援金を係の方にお渡ししました。2人とも、サッカーに来たこともないのに、協力しようと。すみません。

 

 

DSC_0961-s

 

 

富山のサポのみなさん。大分は遠いですよね。

富山と言えば、砺波平野の散村と屋敷林(中学地理の知識か!)にホタルイカしか知りません。チューリップもそうかな。(涙)

約20名ほどのサポのみなさん、ドームの天井が閉まるのを見てもらえましたか。ものすごい蒸し暑さも体験してもらえたはずです。

 

 

DSC_0984-s 

 

 

P1040727-s

 

 

さて、本日「町内会」で話題なったのは、MaくんのこのTシャツ。どこで買ったのだろう。欲しい!

それに第18節対松本戦に続いて東京からMaちゃんの参戦。Maちゃん、聞くところによると、英語、フランス語に堪能とか。それにスキーも素人の域を超えているらしい。才女である。大分には全く縁もゆかりもないのに何故が強烈なトリサポでもあります。

 

 

DSC_0979-s

 

 

さて、試合。

前節対北九州戦でケガをしたドンミョンの代わりに安川、石神が1つ上がったのか。

今日は前半戦から積極的です。順位のこともあるので選手達も気合いが入っているようです。富山はポーン、ポーンと前線にボールを蹴ってきます。大分はちゃんと反応はしているのですが、いかんせん、ヘッドで受けたボールを味方の元へ落とせません。これで攻撃の体制に入れません。何かお互い、ヘッドでボールを跳ね返すばかり。でも、何度かのチャンスはありました。

やっと28分、森島が三平ににロングパスを出す(うまいね!)、それを直接蹴る、GKが弾く、こぼれ球を落ち着いてシュート。これで1-0。

選手達が揺りかごダンスを始める。後で教えてもらいましたが、哲平さんにお子さんが生まれたそうだ。

ところが、40分、コーナーキックから要注意の福田選手に入れられる。敵ながら見事である。この福田選手には前回も入れられているなあ。1-1。

 

 

後半戦。

前半戦、かなり押していたので後半戦で追加点を期待。後半戦、時間が経つのが速く感じる。早く1点を、早く1点を。J2首位にたてるかもしれません。

高松、ジョンハンを投入。取れそうで取れません。こんな試合は心臓に悪い。ジョンハンは今日のシューズは今日も目立つ。相手から足の動きを読まれないのだろうか。代表選手の本田選手は靴下までこだわっていたが。

後半も前半と同じく、何度もチャンスをつくりながら、決定力に欠けるのです。ああ。

 

 

1-1のまま試合終了。これは相手富山を褒めるべきか。大分としては勝点1を取ったのではなく、勝点2点を失った試合であった。

森島、村井、高松、それに為田、決めて欲しい。特に為田、遠慮しないで勇気を出して「蹴れー!」

 

 

さあ、次節はアウェイ草津戦。落とせませんぞ。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック