[トリ]日本という同じピッチにいる仲間たち。

3月27日(日)、仕事の都合がついたので、急遽、アビスパ福岡とのTMに行ってきました。
スタジアムの入り口では、両チームの関係者が被災者支援のための募金活動が行われていて、オッパー家族も青野社長に挨拶をし、少しばかりではあるが募金をさせてもらいました。

 

 

今日はメインスタンドだけが開放されている。今までゴール裏にしか行ったことがないので、ど真ん中に陣取ることにする。周囲はほとんどがアビスパサポのよう。
「がんばれ!日本という同じピッチにいる仲間たち。共に立ち上がろう。大分より」という断幕があがる。トリサポ全員の気持ちが反映されています。

 

fukuoka02.jpg

 

 

試合前、福岡と大分の選手たちは「日本はひとつ、共にがんばろう!」の断幕を持ち、スタジアム全員で黙祷ののち試合開始です。

 

fukuoka03.jpg

 

 

fukuoka04.jpg

 

 

45分×4本の試合の結果は公式サイトで発表されたとおり。
森島の突き刺さるようなゴールや西の華麗なドリブルには周囲のアビスパサポからも感嘆の声と大拍手が起こります。オッパーも福岡の松浦選手や清水選手(アビスパにいたのですね)、城後選手にしっかり拍手をしましたよ。お互い公式戦のような応援はありませんが、観客席はいい雰囲気です。
TMですから詳しい内容は書きませんが、DFの作田と阪田の2人ががっちりと守り、他の選手たちがのびのび自由に走り回っています。
「今シーズンのトリの選手はよく動く。見ていて楽しい」そんな感じがします。

 

 

さて、帰りの時間の都合もあるので、第3本目の途中で退席。地下鉄福岡空港駅から博多駅に向かいます。
春休みが始まったせいもあるのか、空港駅はかなりの混雑です。ありゃ、福岡の地下鉄でSuicaが使えるようになっている。知らんかった。
博多駅にある新装なったデパート、人であふれかえっています。あまりにも人が多いので1時間足らずで退散、地下街で食事をし、帰路につきました。
福岡の街では震災や原発の影響は全く感じられません。家族や財産を失い、厳しい避難所生活を送っている人も多いというのにという考え方もあるでしょうが、全国民がへこんでばかりでは、被災地の復興はできません。
「闘魂日記」というBlogにありました。「バリバリ働き、お金を使い、バリバリ消費する」と。
全く同意です。働ける者は力一杯働き、せっせと税金を納めましょう。今回の災害で日本が背負った負債は、国民の一人ひとりが働いて返していくしか方法がないのですから。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック