負けはしたが。。。。 (対横浜戦)

今、帰ってきた。
負けはしが、すごい試合だった。横浜の選手たちの運動量にはすごいものがある。動きが兎に角速い、次々に何か仕掛けてくる。おまけにプレーが正確だ。

ガンバ戦の結果もあるのか、横浜は手を抜かず試合に臨んだのでいた。トリニータは強豪横浜とプレーをする中で、選手一人ひとりの持っているいい力が出てきたと思う。トリニータ、今年は昨年以上に化けるかも。

前半戦、後半戦の始めの方は確かに横浜が優勢だった。しかし、それ以後はトリニータのペース。あと10分でもあれば、どうなっていたかわからない。最後の方で松橋選手のシュートが決まらなかったのが残念でならない。
西川選手は今回も迫力があった。高松選手もあれだけ徹底的にマークされるとどうにもならない。深谷選手、けがは回復したのだろうか。今日初めてキャプテンマークをつけた姿を見た。よかった。

横浜に行った吉田選手、なにか一回り大きくなったような気がした。大分を去るとき、サポータから盛大な拍手で送り出すこともできなかったので、こころ残りでならなかった。梅崎選手にぶっつかっていった時、トリサポから大ブーイングが起こったが、それは、吉田選手に送っる感謝と愛のブーイングであったろう。

ひとつ気になること。今日の主審の方、ちょっと神経質?ではないのか。あれだけファールを取ったらプレーの流れがすぐに中断してしまい面白くない。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック