[日々]一升餅

先週末、東京にいる孫の誕生日のお祝いをしてきました。
娘1からは毎日写メが届いていますが、久しぶりに会うNa^2子は想像していたよりもちょっと「小振り」でした。
「おかあさんといっしょ」というTV番組が大好きなようで、放送が始まると、何をしていてもすぐにTVの前のテーブルに這い上がり(お行儀が悪いです)、正座をし、食い入るように画面を見続けます。娘1も言ってましたが、ほんとうに不思議です。何か幼児を引きつけるものがあるのでしょうね。

 

oiwai02.jpg

 

 

1歳の誕生祝いには、お餅を背負わせるというのが日本各地での慣例のようです。それも一升のお餅です。田舎でお餅をつき、宅配便で娘1のところに前もって送っておきました。
一升のお餅は約1.5kgほどはあるでしょう。いやがるNa^2に、風呂敷に包んで背負わせました。みごとに後ろ向きにひっくり返りましたが、無事に終了。
これで一生食べ物には不自由しないはずです。(笑)

 

oiwai03.jpg

 

 

続いて、何というかは知りませんが、あの「物」を取らせる行事です。これは将来の職業が予想できるという親や親族にとっては重要なイベントなのです。(笑)
準備したのは、鋏、ソロバン、本、筆の4種類。ちょっと少なめですが、まあいいでしょう。家族の期待を背に受け、スタート。
真っ直ぐ、迷うことなく、ソロバンに突進です。他のものには見向きもしません。すかさず、妹の夫が「お!会計士か」と。期待し過ぎです。
でも、お金にも何とか不自由しない未来であるといいですが。

 

oiwai06.jpg

 

 

さて、私達の上京に備えて娘1の夫が、田舎にはないお店に連れていってあげようと気を遣ってくれました。
1日目は「コストコ」という巨大スーパー。びっくりしました。確かに田舎にはありませんね。アメリカからやってきたという倉庫型のお店です。TV、デジカメ、衣料品、食料品とあらゆるものが積み上げられています。しかも、1パックの量が多すぎます。
高校生の時、アメリカで生活した経験のある娘1はこういう買い物に慣れていると言いますが、田舎者の私にとっては驚く事ばかりです。買い物用のワゴンも普通のスーパーの3倍ほどはあります。若い家族を中心に多くのお客さんはその巨大なカゴに食料品を山のように買い込んでいます。娘1に聞くと、あとで、3?4家族で分けるそうです。
2日目は「IKEA」というここれも巨大なお店です。家具を中心に日曜雑貨が豊富です。ここも若い家族のお客が多いです。新婚さんや今から結婚しようとしているカップルには魅力のあるお店でしょう。うちの奥様はもう興奮しっぱなし。料理に使う小物を大量に買い込んでいました。

 

 

いやー、孫の誕生祝いのおかげで面白いところに連れていってもらえました。また何かの理由をつけて東京に行こう。娘1夫婦と妹夫婦よ、ありがと、そして、またよろしくね!

 

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック