[トリ]見応えがあった。第24節、対甲府戦。

8月29日(日)、第24節、対甲府戦。3-3での引き分け。
見事な試合でした。毎回こういう試合を続けてくれると、大銀ドームに観客が戻ってくるに違いありません。

 

 

今日は自宅でTV観戦です。正直言ってあまり期待していませんでした。スタメンを見るとまたメンバーが違っています。ケガ人が出てきたことは理解できますが、日替わりメニューで組織的な戦いが組めるのか不安でなりません。、後半戦からはまたグダグダの試合を見せられるのだろうと、このところマイナス思考が続いています。
案の定、開始早々失点、これで今日は0-5か0-6で終わるのかとがっくりです。
ところが、今日は違いました。失点の直後、河原からのパスを受け、高松が同点ゴール。この1点が大分の選手達の闘争心に火をつけることになります。
1-3と差を付けられますが、前半終了にキム・ボギョンのフリーキックが見事に決まり、2-3で前半終了。
今日は何かが違います。大分の選手達の目の色が違って見えます。
後半戦も大分の運動量は落ちません。キム・ボギョンのPKで3-3の同点となります。大分が強豪甲府に対して3点も取るのです。信じられません。TVの前でうちの奥様と娘2はEXILのコンサートで買ったというウチワと何かピカピカと光る変なものを左右に振りながら、大声を上げて応援してます。アホかいな。いくら田舎の一軒家と言え、大声・奇声は周囲に聞こえているはず。恥ずかしい。
ハーフタイムで交替した清水の好セーブ(この飛び出しは勇気がいったはず)があり、この勢いでは逆転のシーンが見られると信じて応援を続けましたが、3-3のまま引き分けに終わります。
いい試合でした。今の大分でも(スミマセン)こんな試合ができるのです。

 

 

・甲府の1点目は元大分の松橋選手へのプレゼントと考えよう。松橋選手、子供さんのためにも頑張って欲しい。
・甲府の外国人選手は怖いなあ、ハーフナ-マイク選手の背の高いこと。柏選手も目が離せませんね。
・キム・ボギョンの1点目はオウンとか。壁に当たったように見えましたが。。。 あれオウンかなあ。キム・ボギョンのゴールにして欲しいです。
・下川、調子が悪かったのか。今日は確かに神がかり的な「さえ」が無かったようですが。夏バテかな?
・交替の清水、大丈夫かと心配でなりませんでしたが、あの飛び出してのセーブは見事。ああいう気迫のあるプレーが他の選手に与える影響は大きいはずです。
・選手達が調子づいている時に、対甲府戦に強いと言われていた河原に替えて東の投入の意図はなんでしょう。
・森島、おしい。走って走って(無理か!)、落ち着いて決めよう。

さあ、次の水戸線、天皇杯、鹿児島鴨池での戦いが楽しみになってきました。


この記事へのコメント

オッパー : 2010/08/31 (火) 20:04:28

>吉四六さん

残暑が厳しいですね。9月になれば少しは涼しくなるのでしょうか。

河原や内田がよく駆け上がっていました。井上の運動量はたいしたものです。
梅田は最初は心配しましたが、徐々によくなってきましたね。
清水はフィードがうまさに驚きました。若い選手ですので調子にのってくると実力以上の力を出すかもしれません。明日の試合、天皇杯は清水かもしれませんね。菊地がDFにはいると何かホッとします。

明日の水戸戦が楽しみです。どうか甲府戦のような見応えのある試合になって欲しいです。

吉四六 : 2010/08/30 (月) 21:32:38

今シーズンで一番の内容の好ゲームだったように思いました。こういう試合を続けてくれたらJ2ではそうそう負けないと思います。こうなった原因は何なんでしょう、河原かなー・・・彼が右SHに入って、良く動き回るので高松が余り下がってボールを貰わなくても良かったですよね、これからの試合が楽しみになって来ました。たった1試合で変れるものなのか?との不安はつきまといますが。GKも清水を先発で使って見るのもよいかも知れませんね。フィードが下川より断然良かったですから。最終ラインに菊地がいないとやっぱりダメですね。怪我がちょっと心配です。

私も1-3になった時点で5~6点取られるのかな?と覚悟しました。深く深く懺悔致します。
水戸戦はフィジカル的に厳しいですね。でも甲府戦のサッカーは選手も楽しかったはず、疲れも吹っ飛んだ事を期待しましょう。甲府戦のサッカーが再現できれば本物かも知れませんね。水戸戦が待ち遠しい、こんな気持ちになったの今シーズン初めてです。

オッパー : 2010/08/30 (月) 20:45:56

昨日のキム・ボギョンのFKは間接FKの判定だったそうです。
あの場面でなぜ間接FKの判定となったのか、サッカーの経験など全くないオッパーにはよくわかりません。

判定のように間接FKとすると、壁に当たらずそのまま入っていたとしたら、ノーゴールとなるのでしょうね。
彼はそのことを考えて、わざと壁に当てたのでしょうか。
もし、わざとであるとしたら、キム・ボギョンはただ者ではないですね。

新聞では、本人は「直接FKと勘違いした」とは言ってるようが、果たして真相は?



オッパー : 2010/08/30 (月) 20:18:12

>別府人さん

実にみごとな戦いでした。
これがトリニータが本来持っている姿と考えましょう。(今日は前向きです!)

キム・ボギョンもこれで何かがふっきれたかもしれません。来シーズンはたとえセレッソに帰ることになっていても、今このチームで頑張ってもらわないと。

さあ、スタメン争いも激しくなりそうです。
水戸戦、札幌戦も期待していいのでしょうね。

別府人 : 2010/08/30 (月) 19:17:37

ナイスゲームでしたね。
私もTVの前で大騒ぎ。
キムのフリーキック決まった所では
クッション放り投げ危なく蛍光灯壊す所でした。

こんなゲームを見たかったです!

1日の水戸戦もう1度気迫あるプレーを見せて貰いたい
頑張れ!! トリニータ!!

管理人のみ通知 :

トラックバック