[PC]iPadを買いました。

久しぶりのコンピュータねたです。iPadを買いました。


iPad01.jpg



NECのTK-80E(NETで調べてみたら、発売は1977年(昭和52年)12月、価格は67000円)というワンボードコンピュータキットを発売と同時に購入して以来、とうとうiPadにまで行き着きました。(笑)
新しいものが出るとすぐに飛びつく性格はいくつになっても変わりません。もう病気・癖(へき)でしょう。

iPadが発表されると同時にねらっていました。日本での発売は5月28日、Apple Storeに予約をしようと思いましたが、ここではWi-Fiモデルしか注文できません。欲しいWi-Fi+3Gの64GモデルはSoftBankの扱いです。私の住んでいる田舎にあるSoftBank店ではもちろん取り扱っていません。少し落ち着いてから博多か東京に行ったときにでも買おうと、発売当日の購入は諦めていました。
ところが、6月18日(金)、ある用事で大分市のケーズデンキに行ったところ、3Gモデルの予約ができるといいます。このお店ではWi-Fi モデルのみの扱いとずっと思っていました。うかつでした。
早速予約をお願いしたところ、同じ店内にあるSoftBankに連れていかれ予約登録です。
「1ヶ月位はかかりますか」と聞くと、「いや、1週間ほどでしょう」との返事です。まあ1?2ヶ月の覚悟をしておけば腹もたたずにすみます。以前、東芝の初代Dynabookは入金して100日も待ちましたから。


6月24日(木)夕方、SoftBankから留守電が入っています。本人(私)が出なかったせいか、連絡の内容は話してくれていません。おそらくiPadが入荷したのか、入荷が大幅に遅れるかのどちらかだろうと思い、翌日25日(金)にお店に出向いてみました。
届いているのです! 本当に1週間で。契約内容の確認をさせられ、アクチベーションも完了です。40分ほどかかりました。
担当のKa嬢の話によると、どうもキャンセルが出て、それが回ってきたようです。ラッキーでした。iPadをキャンセルし、iPhone4を予約したお客さんがいたのかもしれません。


6月25日からずっと使っていますが、これ便利です。このところデスクトップを使う時間が少なくなってきました。iPad、どんな世代を販売のターゲットにしているか知りませんが、私のようなシニア世代にはもってこいの製品、オモチャ(笑)です。
自宅では無線LANに接続、屋外では3G(キャリアはSoftBank)で使っています。Webサイトを見たり、メールチェック、mixiやTwitterも自由につかえます。文字の大きさも自由になりますから、老眼が進んでいる私は助かります。

iPadを買った人がみんな入れているというi文庫HDというアプリも入れてみました。著作権フリーになった作品がたくさん読めます。おかげで、作品名だけは知っていた太宰治の「津軽」を読む羽目になっています。
先日、iPhoneのヘビーユーザーであるU君からアプリをたくさん紹介してもらいました。iPhone のアプリも動きます。iPad専用のアプリはこれからでしょう。昨日は、Nドライブというアプリを入れました。DropboxやSugarSyncと同じようなものですが、これおすすめです。



家人からはまた変なものを買っているとバカにされてしまいましたが、奥様も娘もすぐに気に入ってしまいました。居間で家族が自由に使うためにももう1台Wi-Fiの16Gモデルでいいので欲しいものです。
おっと、写真は、ビューンというアプリで西日本新聞7月6日(火)号を読んでいるところです。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック