東京へ行ってきました(1) : ベビザラス

娘1夫婦が子供を連れて東京に帰ってしまって約1ヶ月、Photovisionに毎日写真が送られて来ますが、やはり生?の姿が見たいので、週末を利用して出かけて来ました。

親というものはしょうがないもので、30才も過ぎた我が娘1の事が心配になります。ちゃんと家の片付けはできているか、夫に美味しいものを食べさせているか、子育てはちゃんとできてるか。。。。。
娘1夫婦は都心からちょっと離れたところに住んでいます。羽田空港からいくつかの電車を乗り継いで行かねばなりません。「Suica」というカードは便利ですね。都会住まいのかたはもう当たり前かもしれませんが、田舎ものには「超」便利に思えます。料金のチャージもできました。
昼前に無事娘のマンションに到着。主婦業も母親業も意外とよくやっているようで、ちょっと安心しました。
肝心のNa^2子を抱くと、今にも泣き出しそうな顔をします。人の区別ができるようになったのでしょうか。でも、慣れてくると、こちらからの姿に反応します。最近舌をちょこっと出せるようになったのが楽しいのか、何回もします。
でもねえ、女の子じゃろ、舌出すよりも、片眼でウインクする芸でも教えておけよな。
幼児にとって1ヶ月の成長は大きいようです。以前に比べると顔がちょっと締まり、身体も一回り小さく、硬くなっています。

 

午後から、近所の「ベビザラス」という子供用品を扱っているお店に連れて行かれました。
広い店内にはありとあらゆる子供用品であふれています。少子化社会と言われ初めて久しいのですが、こんなお店もやって行けるのですね。もしかしたら、子供が少なくなっているのは田舎だけかもしれません。こういう都会ではまだまだ子供の数は多いのかも、あるいは、子供が少なくなっていても、一人当たりにかける費用が多くなっているのかも。

IMG_3418-s.jpg

 

IMG_3420-s.jpg

 

最近の売れ筋一番のおもちゃだそうです。Na^2子は既に買ってもらっていました。

IMG_3421-s.jpg

 

娘1のマンション近くは、道路も広く、公園もたくさんあります。子育てには良い環境かもしれません。居間からは遠く富士山が見えます。
面白いことに気がつきました。この街、パチンコ屋さんが見たりません。何か条例があるのでしょう。

 

娘1の夫(私の義理の息子ですね)はこのところ仕事が忙しく、帰宅はいつも深夜になるとか。ところが、私達夫婦が来るというので相当無理をしたのでしょう。8時過ぎに帰れると連絡。うちの奥様は、「それじゃNa^2ちゃん、カープのユニ着てお父さんを待とう」と言い出すのです。うちの奥様も気を遣っています。そうです、このお父さん、我が家族でただ一人トリサポへの洗脳が完全終わっていません。広島出身のカープファンは手強いです。
うーん、Na^2子に最初に着せるユニフォームはトリニータのものにしたかったのですが、売ってないのですね。カープの赤のユニ、Na^2子によく似合うのです。悔しいですがカープに負けてしまいました。
ああ、トリニータの関係者のだれか、幼児に着せるトリニータのユニを作って下さい。1着は確実に売れますから。
今後この夫婦の間では我が子をトリサポにするか、カープサポにするかの激闘が続くでしょう。
この後、マンション前のちょっと洒落たレストランで、遅めの夕食です。カープのユニ着た幼児と大人4人、変ですねえ。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック