FC2ブログ

深谷移籍

我が深谷が大宮に移籍決定と正式発表があった。今シーズンで契約が切れ、周囲の状況が状況だけに、深谷も断腸の思いで移籍を決断したのであろう。
長年深谷を応援し続けた者として、正直言ってホッとしたし、辛いものがある。

 

深谷と言えば、昨2008年第6節対川崎戦(J1出場100回目の記念すべき試合)において、張り切り過ぎたのか前半15分で2枚目のイエローで退場、第8節では第6節の汚名返上とばかり、ドリブルで駆け上がって、敵も味方も唖然とするようなシュートでゴールを決めてしまった姿が思い出される。
また、今期2009年、怪我からやっと復帰し出場した第18節対浦和戦において。後半37分、フェルからのCKに頭で合わせてゴール、これで3ヶ月負け続けたチームに勝利をもたらした姿が記憶に新しい。

 

ある高名なサッカー評論家から「絵になる男」と評された深谷、激しさと優しさが同居する実にいい「男」であった。練習後には小さな子供から年寄りにまで丁寧に接し、話好きな姿も見せてくれた。ある時は、深谷のいとこと言う方から「いつも深谷を応援してくださりありがとうございます」とのメールを頂いたこともあった。娘しかいない私にとって、こういう息子がいたらどんなに幸せだろうかといつも思っていた。
大宮に行こうが、今後どこのチームに移籍しようが、深谷が選手を続けるかぎり、ずっと応援をしていこう。そして、いつの日か、日本代表のユニフォームを着て欲しい。
我が深谷よ、いままで本当にアリガトウ。

 

 

この記事へのコメント

YS : 2009/12/19 (土) 14:38:16

オッパーさんの深谷がついに行っちゃいましたね・・・・。覚悟はしていたとは思いますが、現実となると感慨もひとしおかと思います。娘1号さんご贔屓の大海も行っちゃったし・・・オッパーさん一家は特別寂しいオフになってしまいましたね。私も昔、特別な選手を応援した事がありますが別れが辛く、以後は特別な選手の応援はしないことにしています。

選手の移籍情報が次々に報道され、2009のチームがガラガラと崩壊していく様を目の当りに見て何ともいえない空しさ、寂しさを感じています。それ以上にたまらないのがクラブの行方です。果たして存続できるのか、びくびくしながら良いニュースを待っている今日この頃です。負債の大きさを考えると来年生き延びても、再来年があるのか・・・・出直せるものなら、この際出直したほうが・・・・いや一旦消滅すると出直しは無理だろう・・・・自問自答しながらもぐるぐる廻りで、自分なりに考えてもどうしたら良いのか解りません。溝畑にどういう積りだったのか聞いてみたい心境です。経営責任者であったファンボや原がクラブに何らかの関わりを持って残るというのも割り切れない気持ちです。不本意ながらクラブを去った選手の事を考えるとね。

管理人のみ通知 :

トラックバック