今期最高の試合か。第32節、対川崎戦。

11月22日(日)、第32節、対川崎戦。1-0、大分得意の上位喰い。今期最高の試合であろう。

 

熱がなかなか下がらない。仕方なく今日は自宅でTV(BS)での観戦となる。今期ホーム初めて欠場(笑)である。
このところのごたごたで選手たちのモチベーションが気になっていたが、試合開始直後から、ずっと大分ペースである。
TV放送のアナウンサー、解説者ともに、もろに川崎サイドであるが、大分の選手たちのみごとな動きから、フェル、金崎、家長のプレーを褒めねばならない。この2人の悔しそうなやりとりが面白くてならない。どうせなら、この2人の解説を主音声で、別に大分びいきの解説を副音声で流し、好きな方の解説を聞かれるようにしたら、TV観戦もさらに面白くなりそうだ。
試合は、4バックで守りを固め、ディフェンスラインを上げつつ、ボランチ家長を起点に、金崎、フェル、清武、エジが自由にのびのびと動いて、首位川崎を圧倒、家長を初めてボランチに起用したポポ監督の采配がぴったし決まった。家長の他、エジ、上本それに坪内の活躍も目立った。
結局、フェルのゴールによる1点を守りきり、1-0で首位川崎に勝利。試合内容からして、3-0で勝ってもおかしくなかった。

 

さて、J1での残り試合もあとわずか2試合となった。特に次節は宿敵千葉との直接対決(!)である。ここは大分の意地を見せて最下位脱出を期待しよう。
ところで、我が深谷の体調は大丈夫であろうか。新型インフルエンザと聞いたが。。。

 



 

 


 

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック