日本丸出航

日本丸の出航を見るために佐伯港女島埠頭まで行ってきました。

 

 

予想以上に船体が大きく、綺麗な姿をしています。「太平洋の白鳥」とか「海の貴婦人」と呼ばれているそうです。
仕事の関係で時間がなく、残念ながら、1日のセイルドリル(帆を張る訓練)を見ることや、昨日の船内の見学はできなかったのですが、今日の「登檣礼(とうしょうれい)」は見学できそうです。

DSC_3538-s.jpg

 

船首のところについている少女の像、「藍青(らんじょう)」というそうです。

DSC_3544-s.jpg

 

 

この旗が揚がると24時間以内に出航という説明がありました。

DSC_3567-s.jpg

 

出航式。実習生の中には女子もいます。

DSC_3563-s.jpg

 

 

「登檣礼」の準備です。実習生が次々と檣(ほばしら)に登っていきます。

DSC_3581-s.jpg

DSC_3584-s.jpg

DSC_3592-s.jpg

DSC_3590-s.jpg

 

写真の左端の上下2名は女子の実習生のようです。

DSC_3593-s.jpg

 

いよいよ「登檣礼」です。船首に立っているリーダー(実習生)に合わせて、「ごきげんよう」と言いながら帽子を振ります。これを3回繰り返します。帆船最高の儀式と聞いています。

DSC_3597-s.jpg

 

出航です。登檣礼を終えた実習生たちが、デッキに集合です。

DSC_3601-s.jpg

 

いい後ろ姿をしています。
真っ白い帆を張った「日本丸」、いつか見てみたいものです。

DSC_3609-s.jpg

 

 

この記事へのコメント

オッパー : 2009/11/06 (金) 11:44:35

日本丸の「登檣式」は感動ものでした。
おそらくもう二度とは見ることはできないでしょう。
帆を張った日本丸のポスターは見ました。1日は出かける場所を間違っていたようです。(笑)

4日夕方から5日朝にかけては忘れられない時間となってしまいました。家族が1名増え、家族の興奮はしばらくおさまりそうにありません。
たくさんの人からお祝いのメールもいただき、感謝しています。娘1も私たち家族も感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました。

YS : 2009/11/06 (金) 10:14:48

コメントが遅くなってしまいました。
やっぱり白い帆を張った日本丸を見たいですね。帆を張った日は都合がつかなくて見に行けませんでした。行った人の話では、あの日は雨が降り風も強くて写真撮影には向かない天気だったそうですが、帆が風をいっぱい受けて膨らみとても絵になったそうです。
海面から50mのマストに登って、ロープに足をかけての「ごきげんよう」、自分には出来ないなと思いました。自宅の庭に建つ15mのタワーにも最近は登れなくなってしまいましたから。

翌日にたいへんめでたい出来事がありましたから、日本丸を見学した事、日時は、別な意味で忘れられない出来事になりましたね。
おめでとうございます。

管理人のみ通知 :

トラックバック