ついにJ2へ。第30節、対京都戦。

10月24日(土)、第30節、対京都戦。1-1のドロー。これで他のチームの結果にかかわらず、降格が決定。

 

最終節まで絶対に勝たねばならない試合が続く。
今日は自宅でBSからの応援である。予想以上の多くのトリサポが京都につめかけている。知り合いの顔をTVで見る。

前半6分、高橋がゴール。早く点を取りすぎたかと気になる。前節から高橋と家長の動きがいい。
14分、李選手が2枚目のイエローで退場。今日は大分につきがあるかもしれない。
さあ、大差で勝ち点3をいただこう。
21分、林選手から同点にされる。我が深谷、一歩間に合わなかった。
京都は一人少なくなったのが選手達の気持ちに火をつけたのであろうか、大分よりも運動量が勝っている。
後半13分、今日もキレキレの家長が故障で交代、多彩な攻めの起点を欠くことになった。
大分は必死で攻めるが、かって大分にいたシジクレイにことごとくつぶされてしまい、ディエゴに翻弄されてしまう。
京都は引き分けでよしと判断たのであろう、がちがちに守りの体勢にはいる。かって大分が得意とした「カメナチオ」作戦を彷彿させる。
1ゴール、1ゴールが生まれない。
このまま試合終了。

 

いつかこの様な日がくるとは予想をしていたが、実際にJ2降格が決まり、選手達、特に号泣するキャプテン高松の姿を見たら、何ともやりきれない気分になってしまった。
しかし、考えてみたら、J1に昇格してから7年、地方の、そして経済的にも恵まれていないチームがよく今日まで頑張ってきたものである。
今後何年かかろうとも、再びJ1昇格の喜びをみんなで味うための、新たな、そして厳しい道のりが始まった。

 

さて、残り4試合に天皇杯、
このまま終わってなるものか!

この記事へのコメント

オッパー : 2009/10/26 (月) 16:49:24

>YSさん

コメント、ありがとうございます。
紅葉はどうでしたか。

対、京都戦、一人少ない相手に負けてしまいました。相変わらずゴール前で横パスをするシーンも見られました。
しかし、京都のシジクレイには参りました。神出鬼没と言う感じです。本当に、「いつの間か、そこにはシジクレイ」です。
他のチームの負けを念じなが大分の残留を願うより、自力?で降格でしたので、かえってすっきりしました。

いくらJ2行きが決まったといっても、チームが消滅しないかぎり来シーズンもあることです。J2はJ2なりに楽しもうと思っています。

残り4試合と天皇杯、気の抜けた無様な試合だけはしないで欲しいですね。



オッパー : 2009/10/26 (月) 16:39:58

>ルアーさん

コメント、ありがとうございました。
対京都戦、「ゴール裏町内会」のサポがTVにしっかりと映ってましたね。
皆さん、無地に?帰宅されたでしょうか?

これで降格も決定しました。残り試合はもうそんなにプレッシャーは感じないはずです。
あとは投げやりにならず、プロとして最後まで真剣にプレーして欲しいです。
まだ、天皇杯の可能性もありますし、最下位脱出も十分できそうです。これからの残り試合で選手一人ひとりの真価が問われるでしょう。

YS : 2009/10/26 (月) 11:22:49

京都戦の日は九重筋湯温泉に一泊していました。京都戦の結果は酔っ払った頭で携帯から情報入手しドローを知りました。覚悟はずいぶん前からしていましたのでさほどショックもありませんでした。むしろ、これで一つの区切りが付いたみたいなサッパリした気持ちになりました。
今シーズンはいろいろあって、どろどろした得体のしれないものを引きずっていましたから、それと決別できるみたいな気持ちでした。

帰宅後録画ビデオで観戦、高松の号泣シーンを見てたまらず貰い泣きしました。残りの試合も一つでも勝点を積み上げて行くよう頑張って欲しいと思います。

残留のプレッシャーから解き放たれた選手、サポーター、残りの試合は大いにサッカーを楽しんで欲しいと思います。

ゴール裏町内会住人(ルアー) : 2009/10/26 (月) 00:14:06


このままで終わってなるものか!

本当にそのとうりです。

大分の意地を見せてもらいたい。

残り4試合・・

天皇杯・・

全力で戦ってもらいたい。

京都戦では、サポ全員がこれ以上ない声で応援したと

聞きました。

じゃあ残り全部勝ちましょう、そのための声ならいくらでも

出します。

このままでは、終われません。

管理人のみ通知 :

トラックバック