またもやスコアレスドロー。第28節、対山形戦

10月3日、第28節、対山形戦。0-0。またもやスコアレスドローに終わる。

 

試合、見てません。現地参戦の妹夫婦からの連絡によると、いい試合をしているのに結果がでなく、落ち込んでしまったと言う。でも、山形の関係者はトリサポを心から歓迎してくれたらしい。聞いただけでも嬉しいものである。
J's GOALのデータを見ても、前節の対柏戦に比べると、シュート数も11とかなり善戦をしていることが伺えるが、決定力のないのは相変わらずのようである。あるいは、山形のGKが絶好調であったのかもしれない。

 

いずれにしても、安定してきたDF陣に比べて、FWの力なのなさが問題なのである。
監督は、このところ高松のワントップにこだわっているようであるが、ここは思い切ってスタメンからFW陣を替えてみて欲しいと思うが、他のFWは高松以下の力しかなく、最後まで高松に頼わざるを得ないのが今の大分の現状なのだろうか。

 

対山形戦の前日練習の見学に行った。練習が終わって、山形に向けて出発しようとする選手を何人か見送ったが、かなり疲れているように思えた。ある選手は頬がこけてしまい、痛々しく見えた。体力的にも精神的にも追い込まれてしまっているようだ。
対新潟戦、対柏戦に対山形戦の3試合は勝てると思っていたが。。。
ああ、辛いなあ。

 

この記事へのコメント

オッパー : 2009/10/08 (木) 17:11:59

>ゴール裏町内会住人さま

コメント、ありがとうございました。

では、「ゴール裏町内会札幌ツアー」の計画をたてましょうね。
私はトリニータがJ1に上がってからの応援を始めました。J2で応援経験はありませんので、楽しみにしています。
勝っても負けてもトリニータ。J1にいようがJ2にいようがトリニータ。お互い楽しみましょう。

ゴール裏町内会住人 : 2009/10/07 (水) 22:42:18

>ここ2~3日は、来シーズンはどこに行こうか。札幌には行きたいなあ等と話題はつきません

お願いします。
私どもも、どうか札幌にごいっしょさせてくださいまし。
「俺、絶対、諦めん」のゲーフラの代わりに
「生涯、トリニータ」のゲーフラを挙げますので。

オッパー : 2009/10/07 (水) 20:13:30

>YSさん

コメントありがとうございました。

>長男いわく、もうトリの試合を見るのは止めようよ、家庭の雰囲気が悪くなると。

ほんとうにそうですね。うちも食事の時にトリニータの話をします。昨年の今頃は楽しくてたまらなかったのにと。
本当に最近は悲しい話題が多くなりました。
ここ2~3日は、来シーズンはどこに行こうか。札幌には行きたいなあ等と話題はつきません。
でも、来シーズン、大分トリニータが存在しているかどうか。最悪のときは、YSの家族にならってヨーロッパサッカーをみます。
大分FCに、選手たちに、大分の子供達の夢を、大分のおいさん・おばさん達の楽しみを奪わないようにお願いしたいです。







YS : 2009/10/05 (月) 18:29:10

山形戦はスカパー観戦しました。
結果はご存知の通りで、得点できませんでした。GKと一対一で決めきれない決定力の無さは練習のときから目についていました。最近の練習ではGKとダミーを相手に、ゴール前の崩しからシュートの練習をやっています。しかし、この練習でもうまくパスがつながりゴールが決まる確率は高くないのです。GK正面やGKにセーブされるシュートが多いのです。この練習を見ながら、これでは試合でシュートが決まる訳がない、と思っていました。

それから、チャンスの時にゴール前に人が少ない事が多いように思います。ここ3試合ゼロに押さえていますから守備陣は頑張っています。攻撃陣に何らかのてこ入れをして欲しいと思います。今の組み合わせの攻撃陣では得点できない事は証明されているのですから・・・。

長男いわく、もうトリの試合を見るのは止めようよ、家庭の雰囲気が悪くなると。悪い雰囲気を払拭するために録画しておいたスペインリーグ第6節、FCバルセロナ対アルメリアの試合をTV観戦しました。アルメリアは格上のバルサ相手で、しかもバルサのホームですからドン引きのカウンター狙い、バルサのゲームメーカーのチャビには徹底マンマークを付ける戦法でした。さすがのバルサも手を焼きましたが一瞬の隙をついてFWがゴールし1-0で勝ち6連勝しました。これでお口直しできました。レアル・マドリードが負けたため単独首位に立ちました。

今日、ウオーキングで九石へ行きました。ピッチ全面が白いシートで覆われていましたから、冬芝の種を蒔いたと思います。清水戦の時のピッチに注目です。

管理人のみ通知 :

トラックバック